「メンタルタイムトラベル」

 

心の中で自分の過去を追体験したり未来を前もって経験したりするヒトの能力を「メンタルタイムトラベル」と呼びます。

特に過去へのメンタルタイムトラベルに関しては、エピソード記憶に相当すると言われています。

「エピソード記憶」とはヒトの持つ長期記憶のうちのひとつで、その対になるのが「意味記憶」です。

「意味記憶」とは「世界に関する知識の記憶」のこと。それとは対照的に「エピソード記憶」は「ある時間にある場所で生じた個人の経験に基づく出来事や事象を意識的に再現する記憶」と定義されています。

過去へのメンタルタイムトラベルの特徴は、1)想起という機能、2)自己の関与、3)主観的な時間・時間感覚、4)自己思惟的意識(autonoetic consciousness)です。

自己思惟的意識というのは、自分が実際に出来事を経験したという意識のこと。

過去の出来事をおぼろげに思い出しても、いつのことだったか正確に思い出せなかったり、いつのことだったかは覚えているけれども具体的には言えなかったりする経験を多くの方がされているのではないでしょうか。

でも、実際に出来事を経験したという意識はある、というような。

過去のメンタルタイムトラベルというのは、自分が経験したエピソードを辿るタイムトラベルです。追体験と言っても良いでしょう。

私が面白いと思ったのは、未来へのメンタルタイムトラベルも存在することでした。

過去のメンタルタイムトラベルの4つの特徴のうち、1)想起以外の3つの特徴(自己、主観的時間、自己思惟的意識)は、未来でも当てはまると言われています。

そして、「想起」を「想像」に置き換えると、未来へのメンタルタイムトラベルがより分かりやすいのではないでしょうか。

未来へのメンタルタイムトラベルとは、私たちが今までやってきた自分を主人公とした未来の妄想と言っても良いですね。

未来のメンタルタイムトラベルには、幸福度を上げるコツがあるのだそうです。

つまり、できるだけポジティブな自分を妄想すること。

どうせ時間旅行するのなら楽しい方がいいに決まっていますし、ワクワクするようなトラベルを想像するだけで幸せになれるのなら、それこそラッキーです。

 

 

サードプレイス

 

 

「サードプレイス」という言葉(概念)を提唱したのが、この本の著者である社会学者のレイ・オルデンバーグという方です。

自宅(ファーストプレイス)でも職場(セカンドプレイス)でもない、自分にとって「とびきり居心地よい場所」という意味の第3の場所のことです。

そこでは人は家庭や職場での役割から解放されて、一個人としてくつろげる場所です。

著者は、サードプレイスとは「インフォーマルな公共の集いの場」なのだと言います。

そんなサードプレイスになりうる、著者が最も注目している場所が居酒屋やカフェなのでした。

なぜなら、そこは新顔でも誰でもいつでも歓迎してくれる友好的な場所だからです。「誰でも好きなときに来て好きなときに帰ればいいし、誰の世話にもならない」

あらゆる人を受け入れて地元密着であるかぎりにおいて、コミュニティのためになるということです。

著者の視点は社会全体に及んでいますから、これからの都市計画や地域社会づくりにまで広がっていますが、私が個人として思ったのは「私は『サードプレイス』を持っているか?」ということでした。

サードプレイスを持っているかいないかで、これからの人生の幸福度に関わってくる気がします。(居酒屋やカフェ通いだけがサードプレイスではありません。)

ファースト&セカンド・プレイスとは違った、個人としてくつろげる場所を、今から見つけておきたいと思いました。

 

ウォーキングのすすめ

 

このコロナ禍で明らかになったことは、人はじっとしていると幸せではなくなってしまうということがわかってしまいました。

2年前のステイホームの時期には、極端に外出の機会が減ってしまいました。その時に問題になったのは、高齢者の筋力が低下し、日常生活の自立度が低下したことでした。

しかし、高齢者ばかりでなく、若い人も生活満足度が明らかに低下していきました。

1日に5000歩を目安に歩いた方が心身の健康に良いという研究があります。5000歩未満だと気分の落ち込みなどの症状が表れるということもわかっています。

成人の歩幅はだいたい70cmと言われていますから、70cm × 5000歩 = 3.5Kmの距離です。

3.5Kmを1日のうちで分割して歩けば達成できますね。

個人差はありますが、約10分歩けば1000歩(約700m)に届きます。30分も歩けば、3000歩です。

残りの2000歩は職場や家庭で日常生活を送るだけで稼いでいるのではないでしょうか。

15年前の調査では、1日の平均歩数は成人男性で約7500歩、女性が6600歩だという結果が出ていますから、到達不可能な数字ではないということですね。

 

人間も動物だということです。じっとしすぎていると心身のバランスを崩してしまいます。

 

 

「どこか悲しい音がする」

 

 

いつも青空文庫に感謝しています。

例えば、今日は夏目漱石「吾輩は猫である」をKindleに落としてパラパラと読み返していました。

青空文庫ですから、もちろん無料で読めます。

 

「吾輩は猫である」は言わずと知れた夏目漱石のデビュー作です。「ホトトギス」で短編として発表されたのが、好評だったため連載のような形になったのだそうです。それが全部で11話となりました。

最終話では、苦沙弥先生の家で迷亭と独仙が囲碁をうつところから始まります。寒月や東風などといった常連メンバーも加わって、いつものようによもやま話に花が咲きます。

そして、このお話のラストへと続くのです。

 

「短かい秋の日はようやく暮れて、巻煙草の死骸が算を乱す火鉢のなかを見れば火はとくの昔に消えている。さすが呑気の連中も少しく興が尽きたと見えて、「大分遅くなった。もう帰ろうか」とまず独仙君が立ち上がる。つづいて「僕も帰る」と口々に玄関に出る。寄席がはねたあとのように座敷は淋しくなった。

 主人は夕飯をすまして書斎に入る。妻君は肌寒の襦袢の襟をかき合せて、洗い晒しの不断着を縫う。小供は枕を並べて寝る。下女は湯に行った。

 呑気と見える人々も、心の底を叩いて見ると、どこか悲しい音がする。」

 

語り手である吾輩(=猫)が、人間の愛おしいばかりの切なさや侘しさを悟ってしまったかのような瞬間です。私はここにあるこの言葉が好きです。

「呑気と見える人々も、心の底を叩いて見ると、どこか悲しい音がする。」

その後、吾輩は人間の真似をして彼らが残したビールを飲み干し、酩酊状態となって足を滑らせて水瓶に落ちてしまいます。そして、やがて観念して静かに死を受け入れるのでした。

最後の文章です。

 

「吾輩は死ぬ。死んでこの太平を得る。太平は死ななければ得られぬ。南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏。ありがたいありがたい。」

 

暖かくして過ごしましょう

 

昨日の夕方、テレビニュースでのお天気コーナーの話題は、やはり今日・明日の寒さのお話でした。

沖縄に雪が降った数年前と比較するほどの寒さで(あの時よりはまだマシとのこと)数年に1回の寒波だということを強調していました。

その時の気象予報士さんの呼びかけに、とても心惹かれました。

「自分の一番暖かい服装をしてお過ごしください」

以前に、北国の人に「沖縄の人がダウンコートを持っているのはなぜ?」と珍しがられたことがあります。

確かにイタいところをつかれました。沖縄では、冬でも年に数回着る機会があれば良くて、だいたいが暑いと思いつつ我慢して着ているのが本当です。

先の気象予報士さんの言葉は、私たちに「憧れのダウンコートを今こそ着るべし!」と呼びかける大号令に聞こえました。

あるいは冬の出張で重宝したヒートテックの下着もまた良し!ですね。

帰りに貼るカイロも買ってこよう。

寒いのを暖かくするというのは、実は沖縄の人間には滅多にない非日常の行為にあたると言えますね。

ですから、思い切りうんと暖かくして過ごしましょう。

 

 

「丸くとも一角あれや」

 

坂本龍馬の名言を検索すると「日本を今一度 せんたくいたし申候」と同様に必ず出てくる言葉があります。

 

丸くとも 一角(ひとかど)あれや 人心(ひとごころ) あまりまろきは ころびやすきぞ

 

この言葉は、実は室町時代の一休宗純の作だという説もあり、本当のところ誰の言葉か不明ですが、少なくとも坂本龍馬が好んでいたというのは間違いがないようです。(龍馬の書簡を集めた「坂本龍馬関係文書」に載っているのだそうですが、私はウィキソースでも探せませんでした。)

意味はそのまま「人の心は丸いのがいいけれど、いい意味で角のあるのが望ましい」ですね。

「人の心持ちは温厚なだけではなくて、なにかしら譲れないものを持っているものでしょう。あまりに他人に合わせすぎようとすると、かえって困難を生みやすくなるものだよ。」

「一角」は、その人の個性とも言えます。短所のようにとられがちですが、ある面から見れば長所かも知れません。

坂本龍馬だって言っているんだし。少し自分の一角を表に出してもいいかも知れませんね。

 

 

類語辞典の活用

  

少し俳句をかじるようになって、語彙力の乏しさを痛切に感じます。

五感を使って物事を感じ取ろうとする真似事はできます。けれども、それをどう表現したら良いかとなると途方に暮れることが多いです。

日常でとにかく「すごい」「素晴らしい」「かっこいい」で済ませてしまったことの弊害ですね。

それで、自分にはアンチョコが必要だと痛感したので、前に買った電子辞書を携帯するようになりました。

調べものなら検索すればスマホで事足りますが、電子辞書が重宝するのはなんと言っても横断的に検索できることです。

そして、類語辞典があることが重要です。

大歳時記、国語辞典、漢和辞典、百科事典も一つに収まっているので、日本語機能がとにかく充実しています。

私は類語辞典をデスクトップの大歳時記のすぐ隣に配置させるようにしました。

例えば、「交互」という言葉。類語はこう並びます。

 

→かわるがわる

→かわりばんこ

→こもごも

→あいみたがい

 

最後の「相身互い」の意味は「同じ境遇にある人は互いに思いやりを持って助け合うものだということ」

多くの同義語を身につけると、世界が広がっていきますね。

 

 

「三学の教え」

 

 

『言志四録(げんししろく)』は、西郷隆盛が流罪先の沖永良部島で座右の書としていたことで有名です。

この本の著者である幕末の儒学者・佐藤一斎は、ほかにも佐久間象山、吉田松陰、勝海舟などに影響を与えました。

原文は漢文なので、やはりここは「超訳」と銘打たれた本に助けを求めることにしました。

いわゆる「三学の教え」と言われる、この一節が有名です。(言志晩録 60)

 

少にして学べば、即ち壮にして為すこと有り。

壮にして学べば、即ち老いて衰えず。

老いて学べば、即ち死して朽ちず。

 

意味はこうです。

「少年の時に学んでおけば、それが壮年になって役に立って事を為せる。壮年になって学んでおけば、老年になっても気力・知力は衰えない」

そして、最後の一行が最も肝になるところです。

「老年になっても学んでいれば、見識も高くなり、より多く社会に貢献できるから死んでもその名の朽ちることはない」

さすが儒学者の言葉ですね。中心に「学び」があります。「論語」の最初も「学び」についてでした。

人はいくつになっても学ぶ意味があり、学ぶことで自分の価値を高めていくのですね。

 

「どうしようもないわたし」

 

そんなに明るくない私でも、自由律俳句の大家と言えば2人の名前は出せます。国語の授業で習った「咳をしても一人」の尾崎放哉と、行乞行脚で各地を遍歴し放浪日記を残した種田山頭火です。

本当にしてはまずいけれども「放浪」に憧れます。具体的にやる計画も算段もないけれども「放浪してみてえ」と一人の時つぶやいたこともあります。

放浪というのは、一人でするものです。さみしさを実感する時間が続くわけです。

けれども、自分以外には何もないわけですから、濃密な自分時間を過ごすことになります。必然的に自分と対話し、深く掘り下げていくことになります。

 

まっすぐな道でさみしい

 

分け入っても分け入っても青い山

 

私の放浪のイメージは、これらの句からきているようです。どこまで歩いても、前や後ろに人影はなし。知らない土地をひたすら歩きながら、いつまで続くかわからない孤独感に包まれます。

 

どうしようもないわたしが歩いてゐる

 

そんな時「どうしようもないわたし」と自覚した時に、初めて訪れる境地というものがある気がします。孤独だけれども豊かさに満ちた境地です。

少し自嘲気味に笑みを浮かべてこの句を口に出しながら、格好つけて歩いてみたいです。(何なら単なるウォーキングの時にでも 笑)

高倉健さんの「自分、不器用ですから」に重なるイメージです。

 

 

スモールステップのすすめ

 

脳の報酬系は目標が達成されると刺激されます。報酬系が活性化されると充実感を感じますし、幸福感が増します。やる気も出ます。

その場合、目標の難易度には関係がないことがわかっています。

大小に関係なく、とにかく自分でやると決めた目標を達成することです。小さな成功体験を積み重ねることが、さらにやる気を起こさせますし、良い循環が生まれます。

前にもこのブログに書きましたが、スモールステップをすすめるのはそういう理由からですね。

例えば、ウォーキングを習慣化させようと思ったら、ウォーキングそのものを目標にはしないのも一つの方法です。

「トレーニングウエアに着替えて、玄関の外に出る」を目標にします。

外に出たら、「目標達成!」の印をつけます。スマホのカレンダーでも手帳にでも良いです。iPhoneならリマインダーというアプリが便利ですね。

ねらいは、あくまでも報酬系を刺激することです。ポイ活と一緒ですね。しかも、このポイントはどんなに些細なことも1ポイント、大仕事でも1ポイントですから、小さなポイントを多く集めた方が得に決まっています。

毎日、簡単なことを目標(タスク)として設定してみませんか?

1年で、365ポイントたまります(笑)。