咳止めと便秘

 

最近は「咳が止まらない」という訴えの患者さんが多く受診するようになってきました。

季節の変わり目に、やはり体調を崩してしまう方が多いように感じます。

「一番きついのは何ですか。」

「この咳をとにかく何とかしてほしいです。」

痰はさほどでもなくても、一度咳をしだすと発作的にずっと続く咳はきついものです。

中には夜中に咳が出始めて、睡眠を妨げることもあります。

十分な休養がとれないのは、体調をさらに崩してしまいます。

 

長く続く咳は、その原因を突き止めなければなりません。

症状は大切な病気のサインですから、ただ単に症状にふたをするようなことはしません。

肺炎はもちろん、肺結核など見落としたくない病気もあります。

大きな病気がないことを前提に、症状をやわらげる方法を探ります。

 

痰が多くからむのでしたら、去痰薬の方が良いことがあります。

気道粘膜にこびりついた固い痰を、柔らかくして出しやすくしてくれます。

それだけで楽になることがあります。

 

そうでない時は、積極的に咳止めを処方します。

咳が続くだけで体力を消耗しますし、十分に休養をとってもらうのが目的です。

 

咳止めの副作用を理解してほしいと、診察の時に少し時間をとって説明しています。

代表的な咳止めは「リン酸コデイン」という成分が含まれているものが多いです。

これは延髄にある咳嗽中枢に作用して咳反射を抑えてくれる成分です。

ところが、その成分は腸管の動きも止めてしまうのです。

 

咳止めを飲んで、時にお腹がはったり便秘になったりするのは、そういう理由があります。

「お腹の調子まで悪くなってしまった。」と、誤解してあわてることがないように

用法用量を守って内服してくださいね。

 

 

「頭が下がる」か「頭が上がらない」か

 

何でもない話です。

「頭が下がる」と「頭が上がらない」の2つの言葉。

この2つって、まったく違う言葉だったのですね。

(「当たり前でしょ」と思われる方は、今日の投稿はスルーした方が良さそうです(笑)。)

 

頭部の位置は結局同じ低い位置にあるのですが、その過程が違うのでした。

「頭が下がる」というのは、元々頭が高く上がっている状態から低く下がっていく。

ちょうどお辞儀をするような動作でしょう。

「頭が上がらない」は、元々が頭が低い状態がやはり上がらず低い状態のまま。

時代劇でお殿様の前でひれ伏す町民が、過ぎ去るまで決して頭を上げてはいけないような感じですね。

頭が同じ低い状態にあるのだけれど、その位置にある過程が大切だったのですね。

 

だから、「頭が下がる」という意味は、「敬服する」「感服する」

→ 「彼の努力には頭が下がる」

 

「頭が上がらない」は、「相手に引け目や権力を感じて対等な関係に立てない。」

→ 「助けてもらったあの人には、今でも頭が上がらない」

 

 

振り返ってみると、日常会話の中で何気なく間違った使い方をしていたかも?

 

 

映画 「マザー・テレサ」

 

マザー・テレサのドキュメント映画を何本か手元に置いていて、時々見ます。

それらとは違って、オリビア・ハッセーがマザー・テレサの生涯を演じた映画です。

 

 

オリビアのマザーへの憧憬が痛いほど伝わってきます。

演技を超えて、マザーが何を感じ、何を思い、何を悲しんだのか

まさしく「降りてきた」感覚を体現しているようです。

 

いつの間にか、オリビアがマザーに見えてしまうから不思議です。

 

ゆるぎないと自分では思っていても、人間って弱いものですね。

基盤が危うくなったなと感じた時に、こういうビデオを見て態勢を整えるのです。

 

 

[youtube]http://youtu.be/9lhbG__pKR0[/youtube]

テクノ・マジック

 

映像の世界ではコンピューター・グラフィックスは、空想と現実の境をとっくの昔に壊してしまっています。

映画の世界はもちろんですし、仮想現実の世界で遊ぶコンピューター・ゲームなどもそうです。

 

シグナル表示にすぎなかったゲームも、リアリティをもって五感に迫ってきます。

 

そのCGをライブで操るマジシャンがいたら?

誰も見たことのないアーティスティックなイリュージョンとして、観ている時間があっという間に過ぎてしまうでしょう。

時間を忘れるというのはまさしくこのことかと思います。

 

マルコ・テンペスト。

テクノ・イリュージョニストとして知られるマジシャンです。

おすすめです。

 

 

小学校の卒業式

 

別れと旅立ちの季節ですね。

Facebookでも、研修終了式や異動が決まった方々の激励会の写真が並ぶようになってきました。

今までのねぎらいと、これからの励ましがあふれるような写真の数々です。

 

昨日は娘が通う小学校の卒業式でした。

いつの間にか身長は母親と並ぶようになっていても、まだまだ子どもだと思っていたのに。

気が付かないのは親だけなのかも知れませんね。

「お父さん お母さんへ」

という手紙を読んだら、その内容に感心し、感動してしまいました。

まだまだ親の方が未熟で成長しきれていないのだと思い知った気もしました。

 

旅立ちの季節です。

ここまで見守ってくれた先生方、友だち、地域の方々に心から感謝します。

 

 

DSC_0038

 

 

健康講座

 

那覇市の地域・職域連携推進事業の研修会の講師を依頼されました。

「生活習慣病」がテーマです。

 

話の中心になるメタボリックシンドロームとは、もともと後戻りができない状態に陥らないために警報を鳴らそうとする概念です。

「肥満」をきっかけに、いろいろな合併症が生じてきます。

肥満はなぜ悪いのか。

「私は水を飲んだだけでも太るから、痩せない。」というのは、診察室でよく聞くお話です。

でも、あきらめたらいけませんよね。

 

医療者の「放っておかないでください!」というメッセージが伝わるかどうかが勝負だと思っています。

今からでも「何かしよう!」という気持ちになってくれればと思います。

 

実は、今日の予定なのですが、この時間になってもまだスライドが完成しません。

間に合うか心配になってきました。

 

タクシーハイヤー協会 研修会

 

 

1年ぶりのラジオ出演

 1年ぶりにコミュニティ・ラジオ FM21の番組に出演します。

浦添市医師会提供の「ゆんたく健康トーク」

毎週月曜日の夜8時からの放送です。

私の放送は3月24日(月)です。

 

昨日はその収録がありました。

ほとんどライブ放送とのことですが、お願いして収録にしてもらいました。

ラジオパーソナリティの城前ふみさんとも久しぶりの再会です。

 

ふみさんには、さくだ内科クリニック主催の「オーバーナイト&在宅血液透析の勉強会」にも参加していただいたり

今までにもいろいろとお世話になってきました。

雰囲気が明るいだけでない、人の機微も察知する素晴らしい方です。

 DSC_0517

 

今回のテーマは「生活習慣病としての腎臓病」

昨年末にCKDシンポジウムでお話させてもらったストーリーを持ち込んできました。

 

近隣にお住いの方は、よろしければお聞きください。

そうでない方もサイマルラジオで放送していますので、インターネット環境があればお聞きできますよ。

(宣伝?(笑))

 

↓ 以前にも紹介しましたが、リンクを貼っておきますね。

 

パソコンからなら以下のリンクから。

サイマルラジオ

放送を聴く

 

スマホやiPhoneの聞き方を紹介したサイトはたくさんありますが、以下のサイトを紹介しておきます。

 

Android

サイマルラジオ for Android : スマホを使って日本全国津々浦々の情報をAir Check!無料Androidアプリ 

 

iPhone

iPhoneで録音機能もあるインターネットラジオ「FStream …

 

 

 

 

当クリニックでのオーバーナイト透析の基準

 

先日の沖縄県人工透析研究会の会場で、数多くの方からオーバーナイト透析を施行する基準を提示してほしいとのご指摘がありました。

主に他院の透析スタッフからの声でした。

「うちの施設にオーバーナイト透析を勧めたい人がいるんだけど、適応基準がわからないから二の足を踏んでいる。」

というご意見です。

確かにその通りだと思いました。

せっかくご紹介いただいたのに、その基準にはずれていたためにお断りした方もいらしたからです。

 

昨年の10月からスタートしたオーバーナイト透析ですが、先に始めた者としての責任があり、とにかく安全を第一にしています。

昼間とは違うということを、もしかしたら自分たちが必要以上に気にしすぎていて、慎重になりすぎているのかも知れません。

経験を積んでいけば、認識も違ってくるのだと思いますが、今はこれでいこうと決めています。

 

当クリニックのオーバーナイト透析の選定基準を以下に示します。(今回の沖縄県人工透析研究会で発表したスライドです。)

オーバーナイト透析を経験して7

 

2014年3月現在のものであること、私たちクリニックのあくまでも私案であることを強調しておきます。

特に年齢制限を設けていることなど、おそらくご批判もあることと思います。

 

睡眠を妨げる血圧測定などをしないなど、血圧が安定している方が対象になるのだということ。

そのために上記のような条件になったのだということをご理解ください。

 

当院の透析時間の分布

 

私たちクリニックでは長時間透析を積極的に勧めています。

「長時間透析ができるから」と言ってクリニックを訪れる方がいらした時には、浸透してきたことが嬉しかったです。

透析は時間を長くすればするほど、元気になります。

「透析をしたら体がだるい」とおっしゃる方は、短い間にたくさんの治療を詰め込むから体に無理が生じるのです。

 

先日、普段は7時間透析をしている方が、所用があって4時間透析しか受けられなかった時の感想が

「4時間やると疲れた」

というものでした。

特に除水は短い時間でやろうとすると、体に無理をしているということを実感したのだそうです。

 

下のグラフは私たちクリニックの透析時間の分布です。

昨日の人工透析研究会で自院の特徴として紹介しようとして作成したのですが

話が雑多になってしまったので取り下げたものです。

 

2014年2月末現在の状況です。

HD time

第32回沖縄県人工透析研究会に参加してきました

 

今日は朝から沖縄県人工透析研究会に参加してきました。

昨年は11月開業ということもあり、演題を発表することができなかったのですが

今年は琉大の井関先生から「経験を共有するのが、学会の本質だから」という後押しもあって、オーバーナイト透析についての経験を話させていただきました。

 

私の目標のひとつに「オーバーナイト透析や在宅血液透析を沖縄の地に広める」というものがあります。

在宅血液透析に関しては、中部病院から

「在宅血液透析導入に向けての取り組み」

という演題もあり、意識が高まってきたのを感じます。

 

自宅で好きな環境で、いつでも好きなだけ透析ができる。

特に離島県の沖縄では、在宅血液透析の持つ意味はさらに違ってくるのだと思います。

現に先島諸島の透析クリニックのある先生は「在宅血液透析をやる」と宣言してくれているそうです。

素晴らしいことだと思います。

最初は小さくても、大きな潮流になっていくことを願っています。

 

DSC_0509