「貧血を起こす」ということ

 

目の前が暗くなったり、冷や汗が出たりすること。

頭がふらっとして、意識を失いそうになること。

そういう症状を一般に「貧血を起こす」と言いますね。

 

以前に、医療者が普通につかっている言葉に一般の方には通じにくいものがあるというお話をしました。

「ヒンカイ」(頻回)とか「ヤッコウ」(薬効)など。

「貧血」の場合は、逆に一般の方がよくつかっている言葉が、医療者に伝わりにくいケースということになります。

 

医療者はこのような症状を実は「貧血」とは言わないのです。

問診室や受付で「貧血になるんです。」と言ったとき

「採血されたのはいつですか?」と問われ、ん?話が通じていない?と思われたことはないでしょうか。

 

私たち医療者の中で「貧血」とは、あくまでも「血液がうすくなった状態」のことを言います。

採血の結果、赤血球の数や血液中のヘモグロビン濃度、へマトクリット値が少なくなって基準値に満たない状態のことを言うのです。

 

ですから、血液がうすくなる 「貧血の原因」にはざっくり分類すると

赤血球の材料不足(鉄分、ビタミンB、葉酸など)

赤血球が消費されたり失われたりする(出血や溶血など)

赤血球が作られない(赤血球は骨髄でつくられます。骨髄の働きが低下しているときなど)

というようなことになります。

 

では、一般の方が「貧血を起こす」というときにつかう「貧血」とは何でしょうか。

 

意識がふらっとしたり、気分が悪くなったり、冷や汗をかいたり、立っていられなくなる状態ですね。

「脳貧血」という表現をするかも知れません。

これは脳へ運ばれる血液の循環量が一時的に減少している場合が多いです。

もともと血圧が低い人が、急に立ち上がったりして脳へ血液が十分に届かなくなったり。

またお酒、アルコールを飲むと体の血管が広がって血圧が下がり、同じように脳への血流量が不十分になって症状が出ることもあります。

同様に強い脱水のときも、同じような症状が出ることもありますね。

血液(赤血球)の最大の役割は「酸素を運搬をすること」ですので、血液が十分に届かないと脳は酸欠状態になります。

 

もうひとつ。

低血糖の時も、同じような症状が出ますので注意が必要です。

 

 

さくだ内科クリニックの透析用コンソールについて

 

 

各施設から「受け入れ可能ですか?」という問い合わせも多くなりました。

 

さくだ内科クリニックの特徴のひとつに

上階にサービス付高齢者向け住宅フェアネスさんがあり連携しているということがあります。

gaikan

現在、入居しながらクリニックに降りてきて透析をする方もいらっしゃって

社会的なニーズがあるのだということを肌に感じています。

(少し付け加えれば、私たちクリニックとフェアネスさんは連携していますが

違う組織であるということをご理解ください。)

 

ほかにもオーバーナイト透析実施に向けて準備段階にも入り、透析器とベッドを新しく入れることになりました。

GC-110N

ちょうど良い機会ですので、さくだ内科クリニックの透析用コンソールについて説明します。

現在のところ、全台

JMS社製 GC-110N

を採用しています。

 

透析を受ける方々一人ひとりに特徴があり、透析処方自体をきめ細かく調整していくことが必要で

1種類のコンソールでそれが達成されるかというと疑問符がつくということは承知しています。

もちろん、それぞれのメーカーのコンソールに特徴がありますから、いくつかの種類をそろえて

一番あった透析を行うというのが理想でしょう。

(さらに理想をつきつめれば、施設透析の矛盾点を列挙することになってしまいます。)

 

しかし、実際には「安全」という最大公約数をとっていくことにしました。

 

機械ですから、いくつかの種類を入れると、種類別にコンソールを扱う操作が違ってきます。

チェックリストも違ってきますし、手順が違ってくるとスタッフの混乱のもとになると考えました。

混乱は、患者さんにご迷惑をおかけします。

できれば、統一された手技や手順で業務を進めていきたいと思ったのが同一種類のコンソールにした理由です。

(名護市の「たいようのクリニック」の宮平先生のお話も参考にさせていただきました。)

 

ただし、これは「治療行為」としてはある意味本末転倒(本来は治療目標があって手段を選ぶ)だと思いますので

今後は変わっていくかも知れません。

 

ほかには、このコンソールの特徴である

オンラインHDF機能

i-HDF機能(間歇補液血液透析)

自動プライミング機能

に注目したのが選択理由です。

 

私たちのクリニックでは全員がオンラインHDF、あるいはi-HDFのモードで透析をしてもらっています。

i-HDFに関しては、その有効性については、これからもっと勉強しなければならないと感じています。

 

そして、透析液に関して。

自動プライミングもそうですが、オンラインHDFを行ううえでの大前提のお話です。

私たちはウルトラピュアの透析液を管理、提供していると自信を持って言えるように

日々おごることなく謙虚に真摯に取り組み続けています。

 

透析中の過ごし方は?

 

夏の甲子園、高校野球が真っ盛りです。

特に今日は沖縄の高校の試合があるので、透析室でも盛り上がることでしょう。

(試合結果がわかる前にこれを投稿しています。)

 

テレビといえば(話は強引に変わりますが)

透析をしている長い時間をどのように過ごすのか、過ごしてもらうのかは永遠のテーマですね。

 

具体的には

テレビ番組を見て過ごされる方

DVDプレーヤーでビデオを見ている方

タブレットPCを操作している方

もっぱらラジオを聞いている方

読書をされている方

そして、ベテランさんになってくると眠って時間を過ごす方が多いように思います。

 

tvmonitor

 

さくだ内科クリニックでは各ベッドに1台、アーム式のテレビを設置しています。

 

この分野でも、みんながいろいろなアイディアを出し合って変わっていくのでしょう。

特にITを駆使した患者さんのためのコンテンツの提供は、準備が始まっているようですね。

 

さて!今日の試合はどうでしょうか。

仕事なので、テレビの前で応援するわけにはいきませんが、心の中で応援しています。

 

 

少し秋のおとずれ?

 

残暑お見舞いの時期というのは

立秋の8月8日から、白露9月8日の約1か月間とのことですから

旧暦ではこの時期、すでに秋の始まりということになると思うのですが

この猛暑の中、例年にも増して季節感がずれてしまっています。

 

 

沖縄は、亜熱帯地方にあるということもあって

もともと日本の季節感とは違っているのですが

それでも旧暦で行事が進んでいきますので、否応なしに意識してしまいます。

 

 

最近では、あれほどうるさかった蝉の声が少なくなった気がします。

日の出とともに、庭の木に群がっていた蝉たちの声で目が覚めたものですが

窓から見える空が明るくなっても、ぱたっと鳴き声がしなくなってしまいました。

 

人間だけが季節に取り残されていて、自然界は確実に秋にむかっているのでしょうか。

(そうは言っても、この猛暑)

 

 

1-DSC_0227

マザー・テレサのリーダーシップ

 

以前から目にしていたのですが

マザー・テレサからビジネスのノウハウなんて、とでも思っていたのか

手にするような気持ちになかなかなりませんでした。

 

ふとしたところで、また見る機会があって読んでみることにしました。

 

驚くべきリーダーシップの原則 マザー・テレサCEO

 

 

有名なマザー・テレサのミッション

「貧しい人びとのなかのもっとも貧しい人びとに仕える」(to serve the poorest of the poor)

ということを成し遂げるために、マザーには8つの行動原則があったと説明しています。

 

それが以下の8つです。

 

原則1: ビジョンは簡潔に、力強く伝えること

原則2: 天使のためになるなら、悪魔とも取引をする

原則3: チャンスがくるまで我慢強く待て

原則4: 不安な気持ちを受け入れる

原則5: 規律を守る喜びを見出す

原則6: 相手の理解できる言葉で話す

原則7: すべての人に目配りする

原則8: 瞑想や静かな祈りの力をつかう

 

ひとつ目の原則では、ビジョンを持つ心構えを説いているのだと思いました。

自分のビジョンを描き表現する前に、強烈に自分自身の本質的な価値や目標、個性や人格について省みること。

ビジョンはあくまで個人的なもので、それを組織に持ち込む時には内省の時を突き詰めることが必要なのでしょうね。

 

ふたつ目の原則は、逆説的で少々戸惑いましたが強固な「基盤」を確立せよということなのでしょう。

迷いが生じたらミッションに還れということなのかも知れません。

 

みっつ目の原則では、さらに3つの準備が必要だと説明しています。

1)気持ちの準備

2)経済的準備

3)実行する準備

 

四つ目は、不安な気持ちを煙に巻くのではなく、それを素直に受け入れ恐れと向き合うこと。

 

五つ目は、結果で判断をしないこと。挑戦し続けている行為そのものの中に喜びを見出すこと。

 

六つ目は、コミュニケーションする時間をいとわないということ。どのようにしたら伝わるのかを考えること。

 

七つ目は、すべての人との関わりを誠実に受け止めること。

 

八つ目は、「静けさの中で、私たちは新しい活力や本当の調和を見つけ、すべての物事を新しい目で見ることができるようになります。」

瞑想をし、内を見つめて心の声を聞くこと。

ついつい忙しさの中で、いったい自分は何をしているのかわからなくなるときがあります。

そういう時間を大切にしたいものだと思います。

 

当クリニックにおけるプライバシーポリシー

 

本来、院長ブログではなくホームページの方に開設当初から提示すべきだったのでしょうが

多くの情報の中に埋もれてしまっておりました。

申し訳ありません。

遅ればせながら、当クリニックのプライバシーポリシーについてお知らせいたします。

 

こちらの日々の投稿欄と同じ内容のお知らせを

ヘッダーメニューの「さくだ内科クリニックホームページ」の欄から入り

その中にある「プライバシーポリシー」にも掲載しておきましたのでご確認いただければと思います。

 

プライバシーポリシー

個人情報についてのお知らせ

個人情報の利用目的

太田朋さんとシンシアの丘

 

 

日本介助犬協会の介助犬総合訓練センター~シンシアの丘~を見学に行った時。

 

R0010814

施設の壁のあちこちに見慣れたタッチの絵がありました。

R0010817

 

「太田朋さん?」

事務局長で友人である高柳友子さんに聞くと

「絵本のイラストを描いてもらったり、カレンダーとかポストカードもお世話になってるのよ。」

 

へえと感心していると

「それよりも佐久田君、太田朋さん知ってるの?」と意外そうな顔をされました。

 

 

知っているどころか、以前から大好きで、机の前にいつも飾っています。

 

今、手元にありませんが「シアワセの雨が降りますように」という1枚は言葉と絵がマッチしていて

とにかく気持ちが和むのです。

 

DSC_0231

同期の激励会

 

沖縄県立中部病院で研修医時代をともに過ごした仲間たちは

今でも何かしら特別の絆でつながっています。

きっと死ぬまでつながっているんだろうなと思います。

私たちは県立中部病院初期臨床研修制度の25期生。1991-1992の仲間です。

 

当時と今では時代が違うのは当たり前ですし、不必要な懐古趣味で当時を礼賛するつもりもありませんが

先輩医師達の「武勇伝」に強く憧れ、また実際にそれを実践したがっていた時代でした。

 

「経験が足りない」という理由で「当直回数を増やしてくれ」と訴えていた同期もいましたし

「あいつは救急センターの詰所に潜んでいて、手技が必要な時にさっとやってきて、やるだけやったら去っていく」

とひんしゅくを買いながらも笑って許される同期もいました。

 

診療以外にも

外科の先生などは白バイにスピード違反でつかまって

「これから病院で緊急手術」

「そういうことなら私が先導します」

ということがあったといいます。

(と聞かされました。真偽のほどは定かではありません。)

 

朝5時に起きて、病棟の採血。

夜は病棟担当医であるファースト・レジのカルテ整理のお手伝い。

と言っても、だいたいが山ほどたまった検査結果をカルテの台紙に切り貼りするお仕事です。

優秀なインターンほど、その作業に意義を見出せず、ファースト・レジとやりやっていたものでした。

 

そういう彼もファースト・レジに進級すると、さっそくインターンに

「検査結果ためるな。」

と言ってましたが。

 

さて、昨日は同期の激励会がありました。

彼も長く研修医の頃から沖縄県立病院に勤務し、沖縄県の診療に貢献してきた男です。

彼の故郷から「救急医療をたのむ」と請われ、その立ち上げのために尽力することに決めたのでした。

(彼の故郷は県外なのです。)

 

私たちの年齢はすでに自分のことよりも、ストレートに世の中に何が貢献できるかと問われる年齢になっています。 

志を立てた彼の言葉は私たち同期をそれぞれにまた奮い立たせるものでした。

日本全国(海外も)どこにいても、同期はつながっています。

 

それぞれの持ち場の配置につきます。

 

1-DSC_0216

 

マイクロスリープと睡眠時無呼吸症候群

 

『マイクロスリープ』という言葉があります。

 

スリープ(sleep)は睡眠という意味ですから、微小な睡眠と訳されるのでしょうか。

 

けれども、マイクロスリープが意味するものは、睡眠などというイメージとはほど遠く

「一瞬にして意識が飛ぶ」ような状態だといいます。

 

自覚がなく、突然に睡眠状態になるので

ミスや車の追突事故などが起こる可能性があり非常に危険です。

 

原因としては、睡眠不足や抑うつなどがありますが

注意していただきたいのが「睡眠時無呼吸症候群」です。

 

この症候群の主な症状としては

日中の眠気

大きなイピキ

睡眠時の窒息感やあえぎ呼吸

夜間の頻尿

覚醒時の倦怠感

などです。

 

もちろん、本人はわからないことが多いので、

ご家族が気にされて相談されることも多いです。

 

睡眠時無呼吸の診断

 

今では簡易検査で、その睡眠時無呼吸の傾向がつかめるようになりました。

(簡易検査でしたら、ご予約が必要ですが当クリニックでも検査可能です。)

 

上記のような症状に心当たりがありましたら、おひとりで悩まずに

一度ご相談いただけたらと思います。

 

本棚の青写真

 

クリニックの待合室の片隅に小さな本棚を置いて

小さな図書室のようにしたいなという思いがあります。

待合室で、本を読んでもらって、時間を過ごしてもらえたらいいなという気持ちです。

 

 

患者さんが自分の体験をつづった本なども今はたくさん出ていますし

それらの本は何気なくめくったページにヒントをつかむということがたくさんあるでしょうから

「体験記コーナー」として並べてみたいです。

 

 

それから、まったくの趣味のコーナー。

 

今はまだ何の本もおいていないのですが

少なくともこのブログで紹介した本達を置いておければ、お話を共有することもできますね。

 

 

実は、さくらももこさんの「ちびまる子ちゃん」のコミックを置いています。

さくらももこさんは、同じ1965年生まれの同い年ということも影響して

彼女の描く世界にすごく共感するのです。

 

 

 

イギリスの絵本作家ル・カインが好きだというさくらさんのイラストが特に好きで

眺めていると思わず「にた~」としてしまいます。

 

 

そうか。これも私のコーピングですね。