高齢者の白衣高血圧の割合  文献から

臨床研究というのは、ある疑問に対して答えを導き出すためにあるのは当然です。

しかし、その意図とは違ったことがわかるということがありますね。

そのうちのひとつに数えられるような研究だと思います。

 

Does white coat hypertension require treatment over age 80?

: Results of the hypertension in the very elderly trial ambulatory blood pressure side project.

Hypertension.  2013; 61(1):89-94 (ISSN: 1524-4563)

 

タイトルは「80歳以上の方の白衣高血圧を治療すべきかどうか?」ですが

残念ながらその疑問に対して結論付けるには早計過ぎるようです。

 20130304-1 (1)

白衣高血圧というのは

診察室の平均が140/90mmHg以上であること。

かつ家庭血圧が135/85mmHg未満であること。

または24時間自由行動下血圧測定(ABPM)での平均24時間血圧が130/80mmHg未満のもの。

と定義されています。

 

白衣高血圧の方というのは、比較的高齢の方に多いとされていました。

また、予後に関してはまだ分かっていないことが多く、治療方針に関しても混在しているというのが実情なのです。

ある方は、血圧を測定する環境要因が強いのだとして、治療すべきではないという意見です。

また、別の方は、白衣高血圧といえども何か無視できないものがあるに違いないという意見です。

 

この研究では、24時間自由行動下血圧(ABPM)を測定した被験者284例の中から、白衣高血圧と診断された被験者を特定しました。

そして、治療群とプラセボ群のABPMや診察室での血圧の差などについて調べました。

 

結果ですが、白衣高血圧の割合は、日中の平均ABPM値で判定した場合は50%、朝 (8:00から12:00)の平均ABPM値で判定した場合は38%でした。

 

そして、収縮期/拡張期血圧値のプラセボ群と治療群との差ですが

朝の平均ABPM値が6/5mmHg、平均ABPM値が8/5mmHg、診察室での平均血圧値は13/5mmHgでした。

 

実はこの研究では、イベント発症数があまりにも少ないために

高齢者の白衣高血圧に対する治療が心血管予後を改善できるかについて検証できませんでした。

 

しかし、高齢者の白衣高血圧は治療をする必要がないかというと、そう簡単に結論付けられないのです。

 

なぜなら、HYVET研究の全体の解析では、治療の効果がみられていたからです。

血圧のコントロールを行えば、死亡リスクを低く、脳卒中の予防が可能だということを明らかにしていました。

そのうちの50%に白衣高血圧が含まれていたわけですから、話は単純ではないのです。

 

結局のところ、その方々の生活習慣や他の内科疾患、そういう全体を診療しながら決定していくしかないということに行き着くのだと思います。

 20130304-1 (2)

 

それにしても、80歳以上の高齢者の方々では

50%もの方々が白衣高血圧だったという事実は受け止めないといけないですね。

 

 

 

 

「ほぼ日手帳」

 

私は「ほぼ日手帳」の愛好者です。

 

2006年から使い始めているので、今年で8年目になります。

 

昨年から、ひと回り大きいカズン・シリーズを使うようになりました。

 

 

hobonichitecho2

 

ページの下3分の1を分けて「夢・目標・願い」を書き込む欄を設けたからです。

スケジュール管理もそうですが、1日1日に向き合う記録のような感覚です。

 

朝の体重だとか、天気だとか。

シールにプリントした写真を貼付したり。

 

hobonichitecho
「ひらめきメモ」で、何気ない思い付きを書き留めたり。

 

私は、何度も試みてみましたが、手帳はデジタルで代用できない派であることがわかりました。

パラパラめくったり筆記用具で書き込む作業を経ないと

満足できないというか調子が出ないようです。

 

太い芯のシャープペンは、ほぼ日手帳によく合います。

 

「ガシガシ」書き込むという表現は大げさでないときがあります。

いつもではありませんが。

 

 

ただし、白紙がずっと続くということがありました。

 

何かの雑誌で糸井重里さんが「3・11以降手帳が空白になった。何も書けなくなってしまった。」ということをおっしゃっていたのを読みました。

 

自分のことだけのために記録を残すことができなくなったとも、糸井さんはおっしゃっていました。

 

 

そして、その後、「何でもない日が、貴重だったと再確認できた今だからこそ、記録してみようと思った。」と改めて書き始められたそうです。

 

 

手帳には、使う人なりのこだわりが宿ります。

 

1日1日をどのように生活したか、まるでその人のシナリオを残しているのだと思います。

 

 

 

「いかにして問題を解くか」

2011年にNHKクロースアップ現代で取り上げられたこともあったらしいのですが

実はそれは見ていませんでした。

 

世界的なIT会社が新入社員の必読本に指定しているとか

この本にまつわる逸話にはいとまがないのですが

それを抜きにして非常に参考になる本です。

 

著者のG.ポリアは数学者ですが、数学的な問題に限らずに

あらゆる種類の問題を解決するためのヒントを提示してくれていることで素晴らしい本なのです。

 

わかりやすく説明するために数学の問題を例題にしてくれていると考えた方が良いかも知れません。

 

 

問題解決の4ステップが、以下の4つです。

  第1のステップ 問題を理解すること
  第2のステップ 計画を立てること
  第3のステップ 計画を実行すること
  第4のステップ ふり返ってみること

 

 

実は、私の娘は最近流行りの「数学ガール」で

この本にある例題に2人で盛り上がったこともありました。

 

 

例えば、61ページにあるこの問題です。

「われわれが4リットルと9リットルの2つの桶しかもっていないとき

ちょうど6リットルの川の水をくむのにはどうすればよいか。」

図12

面白いのは、この例題が「逆向きにといていく」ことの説明に使われていることです。

 

ビジネスに応用される理由がここにあるのかも知れません。

 

「要求されているものから出発し、求めるものはすでに得られたと仮定せよ。」

「望みの結果はどんな前提から、導かれるかをたずねよう。」

 

今、私が日常に取り組んでいることと全く一緒です。

目的やビジョンを明らかにしたなら、そこにたどりつくためにあらゆる目標や手段を考え実行していく。

 

問題に対する、ヒントをお教えしましょう。

「われわれは大きな入れ物いっぱいに9リットルまで入れることができる。

6リットルを得るには、3リットルをすてればよい。

それは…小さい入れ物に1リットルあればよい!それがみそである。」

図13

 

川の水は無限にあると考えてもらって

捨てて残すという作業を繰り返すことで

「1リットル」が得られるまで、いろいろやってみると良いのかも知れません。

図14

 

未解答のままだと気持ちが悪いでしょうから、正解をお教えしますね。

 

まず、大きな入れ物いっぱいに水を(9リットル)入れます。

 

この水を、4リットルの入れ物にうつして、川へ捨てます。

すると5リットルの水が残りますね。

大きな入れ物に残った水5リットルに対して、これをもう1回繰り返すと

1リットルの水が大きい入れ物に残ることになります。

 

9リットル - 4リットル = 5リットル

5リットル - 4リットル = 1リットル

 

その1リットルの水を小さい入れ物にうつします。

そのうえで大きい入れ物に9リットルを準備して、1リットルが入った小さな入れ物にうつします。

 

9リットル - (4リットル - 1リットル) = 6リットル

 

そこで大きな入れ物に残った水は6リットルになります。

 

面白いですよね!

映画ダイハード地下鉄編にも似たようなクイズがあったのを思い出しました。

 

実は、この本で最も興味をもったのは「発見学」という概念で章をたてていることです。

 

次の言葉に感銘を受けました。

「野心的な問題はそれが単にみせかけではなく

直接目にみえるものの背後にひそむ何かの見通しに根ざすかぎり

成功の機会にめぐまれているのである。」

 

わかりにくい言葉なので、その前出の言葉に言い換えれば

「野心的な計画の方が成功の機会にめぐまれている。」

 

勇気が沸いてくる言葉です。

 

 

「マインドマップ」

マインドマップを使って

その日のこと

その年のこと

中長期的なことを、まとめることが好きで、時々やっています。

1日の計画  2013年3月1日

特に、何もないところに何かを生み出したいと思ったり

何かを作り出したいと考えたときに

その実体のない雲をつかむかのようなモヤモヤを

マインドマップにイメージとともに落とすことは

思考をすすめていくうえでの助けになります。

 

 mindmap3

 

そして、そのイメージを共有してもらおうと思ったときもマインドマップは役に立つと思います。

 

 

ブレインストーミングという言葉を実践しているつもりはありませんが

何となくですが、マインドマップを描きあげている時の「フロー」な状態は

それに近いものかも知れません。

自由な感じが良いです。

my mindmap

 

今、マインドマップで描きあげようとしているのは

さくだ内科クリニックのヴィジョンです。

 

自由な発想で直感を信じて

マップに落とし込もうとしています。

 

 

平成22年 都道府県別平均寿命が発表されました

 

2月28日に厚生労働省から、国勢調査をもとにした都道府県別の平均寿命が発表されましたね。

 

正式には「2010年都道府県別生命表」というらしいです。

「長寿県 沖縄」をキャッチフレーズにしていた沖縄が、男女別で男性が26位に転落してから久しくなります。

(いわゆる「26ショック」。平成12年のことです。すでに13年の月日が経過しています。)

 

今回の報告には、さらにショッキングなことが含まれていました。

沖縄の女性が3位に転落したのです。

-survival ranking-

「生命表」についての説明を加えます。

「生命表とは、ある人口集団の死亡状況が今後変化しないと仮定したときに

各年齢の者が死亡する確率や 平均してあと何年生きられるかという期待値などを

死亡率や平均余命などの指標(生命関数)によって表したもの」だそうです。

そのうえで

「平均寿命」というのは0歳の平均余命のことで

その地域の保健福祉水準を総合的に示す指標とされています。

1位は男女いずれも長野(男性80.88歳、女性87.18歳)

沖縄は男性30位、女性3位でした。

 

 

昭和50年から発表され、平成7年から5年に1回発表されています。

今までの沖縄の順位をグラフにしてみました。

寿命の経緯

ほかの項目では

三大疾病(がん、心疾患、脳血管疾患)での死因別の割合が最も高かったのは

男性が岩手(56.83%)、女性が北海道(53.85%)。

老衰の割合が最も高いのは男女とも静岡で、男性が4.57%、女性は13.13%でした。

 

 

「ビル・エヴァンス」

Jazz が好きで、無性に聞きたくなって時々聞きます。

気取ってお酒を飲みながら…というわけではなく

「あじゃず」で肉野菜そばを食べながら…というわけでもありません。

 

特にピアノ・トリオが好きなのは、ビル・エヴァンスの影響が強いからです。

 

ファースト・トリオであるスコット・ラファロとのインタープレイは

その後の悲劇を知っているだけに、後から知って聴く者としてすごく心が揺れ動いてしまいます。

 

ビル・エヴァンスの、内省的な演奏スタイルが特に好きです。

 

「規則のあるロマンチシズムは最も美しい美の中のひとつなんだ。」

彼の言葉を聞いて、高校時代の佐久田は感銘を受けていました。

(そう訳された日本語で覚えていました。)

 

 

長い間、その言葉の原文を知らずに過ごしていたのですが、ふとしたきっかけで見つけることができました。

yasさんのサイト 「our thoughts about bill evans」 が愛深くビル・エヴァンスのことを紹介してくれています。

 

その中に、ビル・エヴァンスの名言集がありました。

 

 

Discipline and freedom have to mix in a very sensitive way.

I believe all music is romantic,

but if it gets schmaltzy, romanticism is disturbing.

On the other hand,

romanticism handled with discipline is the most beautiful kind of beauty.

 

修練と自由は極めて繊細な方法でまじり合わなければならない。

音楽はすべてロマンティックだと僕は信じるが、

感傷的になり過ぎてはロマンティシズムも煩わしい。

その一方、

修練をもって処理されたロマンティシズムは最も美しい類の美だ。

 

 

そうだったのかあと、今更ながら思いました。

 

「規則のあるロマンチシズム」と訳していた元の言葉は

「romanticism handled with discipline」という言葉だったのですね。

 

 

最近読んだ「学習する組織」(ピーター・M・センゲ著)の中に、ちょうど「discipline」という言葉の説明がありました。

 

「ディシプリン」というのは

実践するために勉強し、習得しなければならない理論と手法の体系

だと説明しています。

 

 

独創的で、即興性に富んだジャズ・ピアニストである彼だからこそ

深く実感のこもった言葉になるのでしょう。

 

基本を大切にしながら、自分達の本当に大切なことを明確にしていくこと。

目的やヴィジョンを持って進もうとしたとき

習得しなければならない知識や技法が本当は何かを理解することになります。

 

 

どの世界にも通じる言葉ですね。

 

 

理屈はさておき、今日はビル・エヴァンスの曲をBGMにしながら、これを書いています。

名曲 ワルツ・フォー・デビイ です。

 

「意志力」について

 

「意味がありそうで、つながっていそうな偶然の一致」のことをシンクロニシティと呼ぶそうですが

私には最近、気がついたらよく目にしている言葉があります。

 

(「シンクロニシティ」という言葉を提唱した心理学者のユングが、どうもオカルトに傾いたっぽい人だったということを知ったのは、実は最近なのですが。)

 

よく目にする言葉というのは「意志力」という言葉です。

 

「シンクロニシティ」という言葉を持ち出さなくても

私の場合は、簡単に説明がつくかも知れません。

単純に「意志力」という言葉に憧れをもっているからなのだと思います。

 

本屋さんで何となく手にして、それこそ何となく購入した後に、

帰宅後に妻から「あなたが好きそうな本を買ってきたよ。」と言われて、見ると同じ本でした。

 

 

スタンフォードの自分を変える教室(ケリー・マクゴニガル著)です。

 

彼女のスタンフォード大学での

「意志力 ― 注意力や感情や欲望をコントロールする能力」

についての講義をまとめたものです。

 

冒頭で、意志力には3つの力

「やる力」

「やらない力」

「望む力」

があると説明しています。

 

「やる力」と「やらない力」がせめぎあい自己コントロールをしていく中で

自分が本当に望むものを思いだす力「望む力」を駆使して、目標を達成していく。

言葉では簡単ですが、それがなぜできないのかを考察し、明らかにしてくれています。

 

たとえば、次の言葉にはなるほどと思いました。

 

「意志力のチャレンジに取り組むにあたり、道徳的によいことをしているような気分になると

よいことをした分、わるいことをしてもかまわないような勘ちがいを起こしてしまう。

自己コントロール力を向上させるには、道徳的な善し悪しよりも

自分の目標や価値観をしっかりと見つめること。」

 

人は何かいいことをすると、いい気分になり、自分の判断を信用しがちになるそうです。

たしかに、健康に良いと言われている食品を、ついついカロリーオーバーで食べ過ぎてしまう人はたくさんいますよね。

 

また、一度失敗するともっとダメになりたくなる心理についても書いてありました。

 

「実際に失敗を経験したときは ― それは避けがたいことです ― 失敗したことを許すのが大事で

なげやりになって誘惑に負けたり、目標をあきらめたりしないことです。

こと自己コントロールに関しては、自分を責めるよりも

自分への思いやりをもつほうがずっとよい戦略です。」

 

失敗を繰り返すのは、罪悪感のせいで「どうにでもなれ」と思ってしまうから―。

自分に厳しくしても意志力は強くならないばかりか

自己批判はモチベーションの低下や自己コントロールの低下を招いてしまうそうです。

 

これは面白い話だと思います。

人は気づかないうちに、まるで反対のことをしています。

 

間食をやめたり、カロリー制限、禁煙、運動を続けること。

つまり、習慣を変えようとすることは

すべて自己批判こそ自己コントロールに必要不可欠の要素だと思っているフシがありますから。

 

自己に常に厳しい人こそ、意志の力が強いというイメージですよね。

 

また、この本にも自分をセルフモニタリングする重要性が書いてありました。

自分の感情や思いを見つめること。

すべてに通じることですが

それが第一歩のようですね。

 

 

 

 

男性はご注意! カルシウム・サプリメント 文献から

サプリメントが好きな方というのはいらっしゃいますね。

足りないものを補うのがサプリメントの役割ですが

いつの間にかサプリメントを摂ること自体が目的になってしまって

何で摂ることになったのか、そのきっかけさえもわからなくなってしまっている方もいらっしゃいます。

 

補うにしても、よく調べて、よく吟味してからの方が良さそうだというお話です。

 

2月4日の報告で、少し前になるのですが、カルシウム・サプリメントが男性では心疾患のリスクを引き起こしてしまうという報告がありました。

 

 

カルシウムを多く含む食品や、カルシウム・サプリメントは、特に閉経後の女性にとって骨粗しょう症を予防するものとされています。

いくつかの研究では、高血圧や脳卒中もカルシウム摂取量に比例して予防されるという報告もあります。

そのことから、カルシウム・サプリメントは、心血管疾患(CVD)を減少させるかもしれないと推測されてきました。

 

 

しかし、心血管疾患の死亡リスクに対するカルシウム摂取量の影響を調べる研究では

カルシウムを大量に摂取することが死亡リスクを減らすという結論にはいたりませんでした。

むしろ、最近の解析データでは、カルシウムを多く摂取することが心筋梗塞のリスクを高める可能性を示しています。

 

 

カルシウム・サプリメントが心筋梗塞のリスクをなぜ増加させるのかは、正確にはわかっていませんが

冠動脈の石灰化の進行を早めてしまうのではないかと予想されています。

というのは、腎不全の患者さんでは血管石灰化と死亡リスクを高めてしまうということがすでに知られているからです。

 

 

最近のガイドラインでは、成人の場合、毎日1000mgから1200mgのカルシウム摂取をすすめています。

乳製品やカルシウムを多く含むような食事に気をつけている人は、それだけのカルシウム摂取が可能でしょう。

しかし、骨粗しょう症を予防するためにビタミンDと一緒に摂取している人は、血清カルシウムレベルがかなり高くなる可能性があります。

そして、カルシウムレベルが高いと、血管の石灰化がすすんでしまう可能性もあるのです。

 

 

今回、紹介する報告は、このようなカルシウム摂取量と心筋梗塞の間の関連を明らかにしようとしたものです。

Dietary and supplemental calcium intake and cardiovascular disease mortality: the National Institutes of Health-AARP Diet and Health Study.
JAMA Intern Med. 2013 Feb 4:1-8. doi:10.1001/jamainternmed.2013.3283. [Epub ahead of print]

 

計388,229人の成人を調査したもので、1年間にわたって、マルチビタミンの使用、カルシウムを含んでいる胃薬までも記録してもらいました。

フォローアップの平均期間は12年間。

その間、不幸にして心疾患によって死亡した方は、男性の7904人、女性の3874人でした。

そのデータをもとにカルシウム・サプリメントが心疾患による死亡リスクを解析したところ

(1000mgのカルシウム・サプリメントを飲む人々と全く飲まない人々を比較)

 

女性では因果関係はありませんでしたが、男性には、カルシウム・サプリメントを摂取すると

19%死亡リスクが高まるという結果が得られました。

0225グラフ

脳血管死亡リスクはカルシウム・サプリメントとの関連ありませんでした。

 

0225グラフ2

 

カルシウムのサプリメントは、十分な量の食事が摂れない方に限るなど

食事で補えない方に限定するべきだということです。

 

 

特に男性では心疾患による死亡リスクの危険性があり、慎重にすべきということですね。

 

 

「マギの聖骨」

出張の時の楽しみは、往復の飛行機の中での読書です。

那覇空港2階のコンビニ横の本屋さん(宮脇書店)に入って、文庫本を物色して飛行機に乗り込みます。

帯のアピールを参考に、できるだけ没頭できるような本を選ぶようにしています。

 

あとがきを見て、故・児玉清さんが推薦文を寄せているのを発見したら、すぐに買います。

 

ジェフリー ディーヴァーの「リンカーン・ライム」シリーズもそうでしたし

百田 尚樹さんの「永遠の0」もそれで遭遇しました。

 

児玉さんの推薦ではありませんでしたが

最近では「マギの聖骨」に興奮しました。

まるで映画を見ているかのようなアクション描写と謎解きの連続で、物語の展開にずっと引きずり込まれていました。

主人公たちのピンチの迎え方、その乗り切り方が尋常ではなかったです。

著者のジェームズ・ロリンズはエンターテイメントに徹する方でした。

 

 

これはハリウッドがきっと映画化するのだろうと思います。

(もうしているのでしょうか。)

シグマ・フォースシリーズとして、続きそうな予感がします。

 

「マギ」というと、最近では少年サンデーに連載中の漫画かTVアニメのことを指すようですね。

でも、言葉の意味としては遠くないのでしょうが、あまり関係なさそうです。

 

漫画の方は「千夜一夜物語」をモチーフにした魔法使い(アラジン)ですが

「マギの聖骨」の方はイエスゆかりの東方三博士のことでした。

 

もちろん、「magic」の語源ですね。

 

 

「ブルーライト問題」

「ブルーライト問題」というものがあります。

パソコンのディスプレイやスマホの画面にLEDが普及するにつれて、その影響が強く言われるようになってきています。

bluelight 

ご存知のように可視光線の色にはそれぞれ波長があります。

長い波長と短い波長では屈折率が違うために、可視光線はプリズムを通すと波長にしたがって分かれていきます。

虹は、太陽光が分光された自然現象ですし、すべての光を含むので、赤から紫までまんべんなく同じ量で注いでいます。

一般的な白色LEDはというと、380~465mmの波長で、それはちょうど青色ということになるそうです。

分光分布にすると、ちょうどそのあたりだけ大きな山になっています。

白色に見えていて、実は青い光(ブルーライト)を多く含んでいるらしいのです。

 

ブルーライトは

「散乱しやすい光」であること

「高エネルギー」であること

の2つが特徴であるといわれています。

 

人体に与える影響は、これからの研究課題ではっきりとしたことはまだわかっていませんが

生活していくうえでサーカディアンリズム(1日のリズム)を狂わせるだろうということや

網膜や調節機能に悪影響を与えるのではないかと言われています。

 

夜に明るい光があふれているというのは、人類の長い歴史の中でも、日本では蛍光灯が普及して50年。

LEDができて20年の間の出来事なのです。

 

ブルーライトに限ってのことではありませんが

2012年には、アメリカ医師会が夜間照明の健康への影響について声明を発表しています。

 

2012.6.20 American Medical Association AMA Adopts New Public Health Policies at Annual Meeting

「夜間照明の健康への悪影響」
夜間、過剰な照明にさらされることは、睡眠障害を悪化させること、また車の運転にも支障を引き起こす可能性があります。

サーカディアンリズムへの影響を最小限にするための照明技術を開発しなければなりませんし、夜間の照明に関するリスクについての研究が進むことを期待します。

Alexander Ding氏は

「自然界は本来24時間の中で明暗を繰り返しています。

そのサイクルがサーカディアンリズムを正常に保ち、体内のバランスを保っています。

夜間に大量の照明にさらされると、これらのバランスが乱されて、

健康に深刻な悪影響を及ぼしたりする可能性があります。」

と述べています。 

医療従事者をはじめ、運転手など、夜勤のあるタイムシフトワーカーにも、その影響はもちろんあるでしょう。

 

夜寝る前にスマホの画面を見たり、パソコンで作業をしている方は

少し自分の生活を修正した方が良いかも知れません。

 

また、最近眠りが浅いなあと思う方がいたら、もしかしたら「ブルーライト」の影響を考えた方がいいかも知れませんね。