「医師の信仰」

 

ウイリアム・オスラー博士の著書「平静の心」(日野原重明・仁木久恵訳)の中に

「医師と看護婦」という章があります。

 

 

その章の裏扉にトマス・ブラウン卿の文があり、その名前の注釈にこうあります。

「トマス・ブラウン(1605-1682):オスラーはブラウンを崇拝し、その著書『医師の信仰』を医学生の必読書としている。」

 

これを見てしまった私は、ぜひとも『医師の信仰』を読まなければならないと思いました。

 

ネットの古本屋を探し、何とか手にして読んでみました。

後で気づいたのですが、実は金沢大学の学術情報のサイトにpdf化された『医師の信仰』がアップされていて

読めるようになっているのですね。

 

金沢大学学術情報リポジトリ

 

いやあ、すごい世の中になったものです。

 

オスラー卿が崇拝したという偉大さの半分も理解できていないのかも知れませんが

当時28歳から30歳の頃、彼が研修医時代に執筆したものだということを考えてもすごい洞察力だと思いました。

 

例えば、この文。

 

 

人との接しかたについて言えば、私は太陽のごとく分け隔てせず、善人にも悪人にも親しみを込めて顔を向けている。

私が思うに、悪人など存在せず、極悪人も最良の人なのではないか。

悪人といえども、善き性質を保持し、その圏内にとどまっている限りは善人なのである。

(中略)

堕落し悪にまみれた性質の人々にもいまだ損なわれていない部分が残されており

これは周囲に反発することでこの上なく優れた点となりうる。

即ち、著しい反感を示すならば、その部分は悪徳という敵に汚染されずに済み、さらには、

広くはびこる堕落をも免れて全き状態を保ちうるのである。

最も優れた膏薬は、極めて腐食性の強い物質の中に包み込まれている。

さらに私の経験に基いて言えば、毒は自らの内部にその解毒剤を含んでおり

これによって自らを自らの毒から守っている。

これがなければ、毒物の危害は他に及ぶばかりか、自らにも損害をもたらすであろう。

 

 

ウイリアム・オスラー卿は

「寝る前の30分を読書に ― ベッドサイド・ライブラリー」の項で

 

教養を十分身につけるためには、各人が自らを磨かねばならない。

直ちにベッドサイドに蔵書を置き、寝る前の30分を聖者と呼ばれる偉大な人物との心の交わりに費やしていただきたい。

 

と述べています。

 

 

読書は人生を助けますし、落ち込んだ自分を拾い上げてくれます。

ん~。

久しぶりに図書館に行きたくなりました。

 

卵を立てる

 

真実のオリジナリティよりも、有名である方が、世間には認知されるのだという教訓になるかも知れませんね。

私はつい最近知ったお話ですが、巷ではよく知られているお話なのでしょうか。

 

1-koosh

 

「人がやった後では何でも簡単。」

そのことを言い表して「コロンブスの卵」と言いますね。

 

 

「コロンブスの卵」にまつわるお話です。

 

 

おさらいしますと、コロンブスの偉業を祝う宴でのお話。

 

やはり、彼を妬む者もいます。

「ただ西へ向かって進めばよいのだから、コロンブスのしたことは誰でも出来ることじゃないか。」

大したことないと言われました。

コロンブスはそれに応えました。

「ここにある卵を、このテーブルの上に立ててみなさい。」

それを聞いた人々は、いろいろと試みましたが、誰も出来ません。

コロンブスは、おもむろに卵の端をテーブルにぶつけて、立ててみせました。

当然、人々は「それはインチキだ。そんなやり方だったら誰でもできる」と非難します。

「その通りです。誰かがやるのを見た後なら誰でもできます。

しかし、あなた方は誰一人としてそれを思いつかなかったでしょう。

私より先に、西へ向かう事を思いついた人がこの中にいるのですか。」

 

このお話は、イタリアのベンゾーニという伝記作家が創作したものだといいます。

オチといい、いかにも日本人が好みそうなお話ですね。

ちなみに、このお話の認知度も日本と外国とでは温度差があるそうです。

 

 

実は、このお話の元になるようなお話がイタリアにあります。

 

建築家フィリッポ・ブルネレスキのお話です。

 

 

16世紀に、ドーム寺院を建築するという計画がありました。

誰に建築させるかという会合の時に、ブルネレスキは自分の図面も模型も見せずに

「私に建築させてください」と提案しました。

完成の青写真を確かめることもできませんから、他の建築家たちが反対するのも無理はありません。

そこで彼は「大理石の上に卵を立てることができた人に任せてはどうか」と提案しました。

全員挑戦しましたが、立てることができた者はいませんでした。

ブルネレスキは卵の底を潰して立てました。

そして、「最初にやるのが難しいのです。もし図面を見せたらあなた達は真似をするでしょう。」と言い放ちました。

 

 

正確さにこだわるのなら「コロンブスの卵」と言われているのは

きっと「ブルネレスキの卵」と言うべきなんでしょうね。

 

 

実は、このお話も作り話だということですから

「最初に始める者の発想のあり方」

について強調したい人々の支持を得たお話から派生したものなのでしょう。

 

 

ここから先は、半ば強引に自分の田んぼに水を引いてきます。

マジシャンという人種は、こういうお話があると宿題が見つかってワクワクします。

 

 

「現象」は提示されたのですから

それを解決する方法についてアイデアをめぐらせるのです。

 

ただし、大抵の人は「インチキしてもなあ。」と思いますよね。

「文句をつけられるようじゃ、達成したことにはならないだろ。」

「正々堂々としなければ、自慢なんかできない。」

 

実は、底が丸い卵は立たないという固定観念を、私たちが持っていることも問題なのです。

卵は丸い → 丸いのは転がる → 立つわけがないという前提です。

冗談ではなく、集中力と根気があれば卵は立ちます。

 

 

マジックとは違いますが、面白いブログを見つけました。

私が言わんとしていることを証明してくれています。

 

石丸謙二郎オフィシャルブログ「卵を立ててみなさい

 

 

通知表の中の自分

 

中学1年生の時の通知表をコピーして、今でも

いつでも目にすることができるようにしています。

 

tuuchihyou

 

当時の担任の先生の私に対する批評が

この歳になってもまだ的を得ていて

私を奮い立たせてくれるからです。

 

 

ということは、当時から全然成長していないということの証明になってしまうのですが。

 

 

担任の先生は女性で、数学の先生でした。

非常にさっぱりとした性格の方で、尊敬していました。

 

当時、私の「行動力」の不足を、もどかしいお気持ちで見守っていてくれていたのだと思います。

 

通知表にはこう書いてあります。

 

 

一学期

 

一学期の委員長として、いわれたことは、まじめにやるが

自分で考えて行動するということには、何をためらっているのか遠慮がち。

頭脳明晰にして行動力ありといわれるようになってほしい。

 

 

二学期

 

二学期は学校生徒会執行委員に立候補し、当選しました。

その調子すべてに自分の力を発揮し挑戦してほしい。

朝功君の無限の力を期待しています。

 

 

学年末

 

進級おめでとう

行動力が出て来て頼もしいと思っています。

今後も期待しています。

 

 

悲しいことに本当に何も成長してないなあ。

先生に怒られないように

しっかりしないと。

つくづくそう思います。

 

先生の文字を見ると、身が引き締まる思いがします。

 

 

卒業式

 

3月10日は、中学3年生の息子の卒業式でした。

 

 

卒業生一人ひとりがかけがえなく輝いていた日でした。

彼らの「明るさ」は、私たち大人にとって希望ですし

本当に眩しく映ります。

 

graduation

 

これから、どんな人生を送っていくのか

不安と期待が入り混じって

今までのことも思い出されて

親として、やはり複雑な感情が胸にこみ上げてきます。

 

 

慣れ親しんだ学校からの卒業は、やはり寂しいものです。

けれども、卒業生達は「とにかく前に進んでいこう」という気概に満ちあふれた表情をしていました。

 

「希望を持て」

「元気を出していこう」

「さあ行け、頑張れ!」

 

 

ここまで励まし支えていただいた学校の先生方、地域の方々に

本当に感謝しています。

tsubomi

 

ありがとうございました。

 

 

そして今日3月11日。

 

心静かに追悼いたします。

 

 

透析室にアニマル・セラピー

 

実は私のささやかな夢に「animal-assisted therapy」の導入というものがあります。

 

日本語で四角四面に訳すと「動物介在療法」なんですが

「アニマル・セラピー」という方が知られていると思いますし

「療法」というよりも「セラピー」の方が、親近感が湧くイメージがありますね。

 

きっと失笑されるのを承知で、書いてみます。

 

ネットで検索しても見つけることはできませんでした。 既存の施設で、されているところはあるのでしょうか。

 

実は血液透析室という場所で、ペット達に活躍してもらいたいという企みを持っているのです。

 

透析関連ではありませんが、こういう文献があります。

 

The healing power of the human-animal connection.

American journal of critical care : an official publication, American Association of Critical-Care Nurses. 2008 Jul;17(4);373-6.

 

 

 

日本語では「人と動物の絆による癒しの力」というタイトルになるのでしょうか。

 

この中に、アニマル・セラピーの利点をまとめた表があります。

 

pet therapyの表

 

これらの研究の方法は、さまざまです。

 

・10分から20分間、ペットと接触して、その効果をみたもの

・ペットを実際に飼ってもらうこと (もちろん自宅で、でしょうね。)

・魚が泳いでいるのをただ眺めること

・ペットとボランティア(もちろん人間)が、それぞれ12分間訪問した効果を比較したもの

 

つまり、決まった方法などなく、ペットと人とのつながりを促す方法なら何でも良いという感じです。

 

結果として

 

・幸福感の増大

・身体的苦痛の軽減

・精神的苦痛の緩和

・リラックスし、落ち着くこと

・心肺機能の改善

・体温、呼吸数、血圧などの身体的な安定化

 

 

つまりは、その人を元気づけ、くつろがせ

自尊心などのポジティブな感情を呼び起こし

感情豊かに、他の人との関わりをも良好にしていく。

 

何となく予想されることですし

検査データでは表せない変化が期待できるということですね。

 

 

その一方で、やはり生き物である以上リスクがつきまといます。

・アレルギーの問題

・人畜共通感染症の問題

・ペット自体がストレスを抱え込んで人に危害を与えないのか。

 

 

アメリカのメイヨークリニックには、ペット面会プログラムというものがあって

実際にペットとの面会を許可しているそうです。

当然ですが、その最低限のルールというのがあります。

 

・ペットが健康で、もちろん寄生虫などに感染していないこと。

 

・最近の狂犬病予防接種の証明書があること。

 

・面会前の24時間以内にちゃんとお風呂に入れていて、グルーミングされていること。

 

・面会は2時間以内にとどめること。

 

・ずっとリースをつないで、誰かが必ず持っていること。

 

・他の患者と接触しないこと。

 

病院によっては、追加の要件があるようです。

 

例えば、メリーランド大学医療センターは

ペットの毛やフケが落ちないように、ペット用のコートやTシャツの着用を義務づけているそうです。

 

 

「透析室にアニマル・セラピー」

荒唐無稽のお話でしょうか。

 
実は、佐久田がそう言い出すのも、ひとりの友人の影響を大きく受けているからです。

日本介助犬協会 事務局長の高柳友子さん。

彼女は沖縄県立中部病院の研修医時代をともに過ごした同期の仲間なのです。

sinsia

施設を見学させてもらって、素直に思ったことは

介助犬は確かにその人を介助するという役割を持っていますが

実は一番の役割は、使用者が世話をする生き物として、責任を負ってもらうということでした。

 

人が生きがいを持つということは、与えられるだけでなく

与える立場を思い出させてくれることが必要なんですね。

誰かの役に立っているのだということ。

誰かとともに生きているのだという実感。

 

高柳先生、違っていたらごめんなさい。

 

 

 

 

 

 

ステップ運動

「最近、天気が悪かったのでウォーキングができなかったぁ。先生。」

「そうかあ。だから体重も増えたんだねえ。」

多くの方が家の用事や天気に、自分の予定をかき乱されてしまいます。

 

おすすめしたい運動が「ステップ台」を使った「スローステップ」です。

カタカナでいうと新しい感じですが

古くから親しまれているはずです。

つまりは「踏み台昇降」運動です。

 

NHK 「ためしてガッテン」で紹介されたこともあったので

ご覧になった方も多いのではないでしょうか。

 

 

 

 

基本的に家の中でできますし

思い立ったら、すぐに出来ます。

 

 

日が暮れた夜間なども、自動車の心配をしなくてすみます。

 

音楽を流しながらとか、テレビを見ながらでもできる運動です。

 

 

ステップ台の高さは20センチが基本とされています。

 

通常の階段の段差が20センチといわれていますから、日常の動作を反復することになります。

つまり足腰の筋肉のトレーニングですので、転倒予防に効果があるとされています。

 

 

良いと思うものは何でもやってみましょう。

 

 

これさえやっていれば良いというのは、実際のところはないと思います。

 

人間って、とても飽きやすい動物ですし。

 

 

いろいろな方法をためしてみて、自分に合わないと思ったら別の方法を探してみる。

 

世の中にはたくさんの「おすすめ」がありますから。

 

 

「筆記療法」

 

「筆記療法」という言葉があります。

 

「~療法」という言葉がたくさんある中で、わりとすんなり私の腑に落ちた気がしたのは普段から何気なく「書くこと」で気を紛らわしていることがあるからです。

 

私のやり方は我流なのですが、提唱者の心理学者のことを知ったのは、この本でした。

 ハーバードの人生を変える授業 タル・ベン・シャハー著 成瀬まゆみ訳

 

「第7章 困難から学ぶ」p34に、こう紹介されています。

「テキサス大学のジェームズ・ペネベーカーは

つらかった経験を書きだすことによって

気持ちの整理がつきやすくなることを立証しました。」

 

どんなやり方かというと

1日に15分間から20分間

心が傷ついたこと

怒りを感じたこと

トラウマになったりした経験などを

紙の上に書きまくるといった簡単な方法です。

 

支離滅裂な文法でもよし

(「てにをは」なんか無視して当然です。)

誤字脱字なども気にしません。

何が起こったのか、どう感じたのか、今どう思っているのかを

紙の上に、その感情や思いを書きなぐるのです。

 

実験によれば、被験者の不安感は驚くほど減少し、幸福感が増し、健康状態も改善したそうです。

 

 

心の中いっぱいに占めていた「感情」を

「言葉」に置き換えることで、目に見えるものに変化させていきます。

 

 

「『不安』は頭の中にあり『不安』という現実はない」ことを改めて気づかせてくれます。

 

 

実際に紙の上に書き出してみることで、整理され、輪郭がはっきりして、実像が見えてくるかも知れません。

見えると少なくとも、向かい合うことはできます。

人は「見えない敵」の方が恐いのです。

 

 

我流ですが、佐久田のやり方を紹介しておきます。

 

掛線のない白紙のノートを準備します。

 

5分間のタイマーをセットします。

 

手に負担がこないような滑らかなボールペンか、太芯のシャープペンで

よーい・スタート!

タイマーのアラームが鳴るまで書きなぐります。

 

 

不安なこと

怒っていること

ワジワジ~してること (あ。一緒か。)

恐いこと

助けて欲しいこと

感情に直結した思いを、そのまま書きなぐります。

 

 

人に読ませることが目的ではありませんから、すごい言葉も出てきます。

 

恐ろしい言葉や情けない言葉、もちろん放送禁止&差別用語のオンパレードです。

 

 

それで、ノートを閉じます。

 

これが佐久田の我流たるゆえんなのですが

決してそれをその場で読み返しません。

アウトプットだけをして終わります。

 

翌日、あるいは2,3日して読み返してみたとき

 

不思議に自分のことや現実を冷静に見つめることができるんですね。

 

 

1-sky001

 

 

チーターの会

 

「佐久田さん。チーターは哺乳類の中で一番足が速いと言われてますよね。」

 

あるオヤジの会の友人であるAさんが言いました。

 

「そのチーターなんですが、足が速いのはオスかメスか、どっちだと思いますか?」

 

唐突な質問にはウラがありそうです。

 

「ん?そういう質問がくるってことは、メス…ですか?」

 

「そうなんですよ。動物のテレビ番組なんかでチーターが走る姿が出てるでしょう。」

 

「はい。草原をかっこよく走ってるアレですね。」

 

「そうです。アレは実は全部メスらしいです。」

 

「へえ。そうだったんですか。」

 

「メスは足が速くて、狩りも上手いらしいですよ。子どもを育てないといけないから。」

 

ふうん、そうだったんだと、妙に納得していました。

 

チーター2

 

ライオンも確か、狩りをするのはもっぱらメス・ライオンで

 

チームプレイで力を合わせて獲物を調達するという話を聞いたことがあります。

 

 

「佐久田さん。チーターのオスは、で、どうしてると思いますか?」

 

「ああ、やっぱりライオンのように…。」

 

「違うんですよ。チーターは群れをつくらないらしいです。」

 

「ああ。確かに。群れてるイメージはないですね。」

 

テレビ画面に映るチーターは、だいたいが個体だったような気がします。

 

「チーターのオスはですね。繁殖を終えるとメスに追っ払われるらしいです。」

 

「え?」

 

「メスは子どもを育てるのに必死ですから。オスに食べ物を横取りされないように遠くへ追っ払うらしいです。」

 

「おお。」

 

「オスは狩りも下手らしくて。」

 

「ああ。足も遅いからですかね。」

 

「オスは下手なりに何匹か集まって、何とか生活してるらしいです。」

 

「なるほど。」

 

チーター3

 

ということで、オヤジの会の名称が

「チーターの会」

になったのでした。

 

 

(ライセンスフリーの写真を持ってきたつもりですが、もし違っていたらごめんなさい。

サイトのURLを表示しておきます。

http://jp.freepik.com/free-photos-vectors/cheetah

です。)

高齢者の健康なBMIとは?  文献から

 

厚生労働省のサイトに「国民健康・栄養調査」を見ることができます。

これは、日本人の身体の状況、栄養摂取量や生活習慣の状況を明らかにするためで、毎年実施されています。

 

BMIの年齢別 

 

これは、BMIが25以上の割合を示したものです。

 

高齢者では、一般に内臓脂肪の増加傾向を示すといわれています。

けれども、このグラフでは高齢になるにしたがって、BMI25以上の割合が高くなっているわけではないですね。

男性の場合、平成23年では中年期の40-49歳の方が 34.8%で トップになっています。

 

加齢とともに割合が低くなっているのは

筋肉量が加齢とともに減少して、見かけ上BMIが上昇しない

いわゆる「かくれ肥満」の割合が増えているからと言われています。

 

「内臓脂肪が蓄積して筋肉量が減る」のが高齢者の肥満の特徴だということです。

 

ですから、高齢者の場合、BMIだけで評価すると内臓脂肪、筋肉量の評価を誤ることになります。

 

中年期までは、BMIが25以上の場合、心血管疾患などの死亡リスクを高めることが知られています。

BMIが22前後で死亡リスクが最も低くなります。

 

高齢者では、BMIとしてはむしろ高めの方が(筋肉量が多い方が)長生きするという報告が多いです。

 

Flicker L, McCaul KA, Hankey GJ, et al:Body mass index and survival in men and women aged 70 to 75.

J Am Geriatr Soc 58:234-241,2010 

 

BMIと死亡リスク

 

死亡リスクが最も低いのが、25よりも大きいところにあるのがおわかりですか?

「ちょい太のほうが元気がいい」と言われてしまうゆえんですね。

 

けれども、筋肉量が減って、内臓脂肪が増えてしまういわゆる「内臓肥満」は

高齢者でも、やはり結果は中年期と同じことになってしまうことがわかっています。

 

しつこいようですが、高齢者の肥満リスクを単純にBMIで評価してはいけないということだと思います。

 

高齢者の方ほど、無理をしないことが前提ですが、筋肉を増やす運動が必要になってくるのでしょう。

 

内臓脂肪を減らそうと、単純に食事摂取量を減らして筋肉量を減らすことがあってはいけませんね。

 

 

 

高齢者の白衣高血圧の割合  文献から

臨床研究というのは、ある疑問に対して答えを導き出すためにあるのは当然です。

しかし、その意図とは違ったことがわかるということがありますね。

そのうちのひとつに数えられるような研究だと思います。

 

Does white coat hypertension require treatment over age 80?

: Results of the hypertension in the very elderly trial ambulatory blood pressure side project.

Hypertension.  2013; 61(1):89-94 (ISSN: 1524-4563)

 

タイトルは「80歳以上の方の白衣高血圧を治療すべきかどうか?」ですが

残念ながらその疑問に対して結論付けるには早計過ぎるようです。

 20130304-1 (1)

白衣高血圧というのは

診察室の平均が140/90mmHg以上であること。

かつ家庭血圧が135/85mmHg未満であること。

または24時間自由行動下血圧測定(ABPM)での平均24時間血圧が130/80mmHg未満のもの。

と定義されています。

 

白衣高血圧の方というのは、比較的高齢の方に多いとされていました。

また、予後に関してはまだ分かっていないことが多く、治療方針に関しても混在しているというのが実情なのです。

ある方は、血圧を測定する環境要因が強いのだとして、治療すべきではないという意見です。

また、別の方は、白衣高血圧といえども何か無視できないものがあるに違いないという意見です。

 

この研究では、24時間自由行動下血圧(ABPM)を測定した被験者284例の中から、白衣高血圧と診断された被験者を特定しました。

そして、治療群とプラセボ群のABPMや診察室での血圧の差などについて調べました。

 

結果ですが、白衣高血圧の割合は、日中の平均ABPM値で判定した場合は50%、朝 (8:00から12:00)の平均ABPM値で判定した場合は38%でした。

 

そして、収縮期/拡張期血圧値のプラセボ群と治療群との差ですが

朝の平均ABPM値が6/5mmHg、平均ABPM値が8/5mmHg、診察室での平均血圧値は13/5mmHgでした。

 

実はこの研究では、イベント発症数があまりにも少ないために

高齢者の白衣高血圧に対する治療が心血管予後を改善できるかについて検証できませんでした。

 

しかし、高齢者の白衣高血圧は治療をする必要がないかというと、そう簡単に結論付けられないのです。

 

なぜなら、HYVET研究の全体の解析では、治療の効果がみられていたからです。

血圧のコントロールを行えば、死亡リスクを低く、脳卒中の予防が可能だということを明らかにしていました。

そのうちの50%に白衣高血圧が含まれていたわけですから、話は単純ではないのです。

 

結局のところ、その方々の生活習慣や他の内科疾患、そういう全体を診療しながら決定していくしかないということに行き着くのだと思います。

 20130304-1 (2)

 

それにしても、80歳以上の高齢者の方々では

50%もの方々が白衣高血圧だったという事実は受け止めないといけないですね。