映画「ビル・エヴァンス タイム・リメンバード」

 

「映画?」「ビル・エヴァンス?」と思わず、二度見してしまいました。

伝説のジャズ・ピアニスト、ビル・エヴァンスの生涯を追ったドキュメンタリー映画なんだそうです。

私が彼の音楽に初めて触れたのは、高校生の頃、夜更かしして聴いたラジオからでした。

意味もわからず、興奮して聴いていたのを覚えています。

以来、(世界中の多くの人がそうであるように)私の中でジャズの代名詞として、ずっと生き続けています。

 

映画の解説には、こうあります。

「数々の名演、名盤を残し、薬物依存により51歳の若さで生涯を閉じたビル・エヴァンス。1958年にマイルス・デイビスのバンドに加入し「カインド・オブ・ブルー」を制作した当時の様子や、ドラマーのポール・モチアンとベーシストのスコット・ラファロをメンバーに迎えた歴史的名盤「ワルツ・フォー・デビイ」の制作経緯、そして肉親たちから見たエヴァンスの素顔や、エヴァンス自身の音楽への思いなど、これまで未公開だった数々の証言、エヴァンスの演奏シーンなど貴重なアーカイブで構成。また、ジャック・ディジョネット、ジョン・ヘンドリックス、トニー・ベネットら同時代に活躍したジャズマンや、本編の制作中に亡くなったポール・モチアン、ジム・ホール、ボブ・ブルックマイヤー、ビリー・テイラーらも登場。エヴァンスが駆け抜けた51年をさまざまな角度から読み解いていく。」

 

分野は違っても、最近はクイーンの映画もあったし、(そうそう!エリック・クラプトンも!)映画館のサウンドで堪能できるのは素晴らしい!とワクワクしました。

いつ公開なんだろうと見ると、残念ながら沖縄では公開の予定はないんですね。

う~ん、桜坂劇場さんが手を上げてくれないでしょうか。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です