吉野弘「樹」

 

吉野弘さんの詩を時々読む返すことにしています。

何気ない言葉に、内省するヒントがちりばめられている気がするからです。

自分を哲学する、とっかかりとして、脳をゆさぶってもらっています。

「樹」という詩を紹介しますね。

 

 

  樹

 

人もまた、一本の樹ではなかろうか。

樹の自己主張が枝を張り出すように 人のそれも、

見えない枝を四方に張り出す。

 

身近な者同士、許し合えぬことが多いのは

枝と枝とが深く交差するからだ。

それとは知らず、いらだって身をよじり 互いに傷つき折れたりもする。

 

仕方のないことだ 枝を張らない自我なんて、ない。

しかも人は、生きるために歩き回る樹 互いに刃をまじえぬ筈がない。

枝の繁茂しすぎた山野の樹は

風の力を借りて梢を激しく打ち合わせ

密生した枝を払い落とす――と

庭師の語るのを聞いたことがある。

 

人は、どうなのだろう?

剪定鋏を私自身の内部に入れ、

小暗い自我を 刈りこんだ記憶は、

まだ、ないけれど。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です