数字の遊び・再び

 

2019年12月も半分を過ぎてしまいました。残りあと2週間とちょっとで新しい年を迎えることになります。

世の中を見渡せば、否応なく師走の雰囲気があちこちに溢れていますし、外来では忘年会疲れを訴える方も多くなってきました。

「2019年と言えば…」とふと思い出したのが、私が6年前にブログに投稿した記事です。

当時、ネットで見つけた数字にまつわる話題を書いたものです。

 

こちら → 数字の遊び

 

2013年は1987年以来となる「4桁全部の数字が重ならない」年のスタートの年でした。

つまり、こういうことです。

 ・
 ・
 ・
1986年  1・9・8・6の数字が重ならずバラバラ

1987年  1・9・8・7で同上

1988年  8が2つ

1989年  9が2つ

1990年代 9が2つ以上

2000年代 0が2つ以上

2010年  0が2つ

2011年  1が2つ

2012年  2が2つ

2013年  2・0・1・3の数字が重ならずバラバラ

2014年  2・0・1・4の数字が同上

 ・
 ・
 ・

2019年  2・0・1・9の数字が重ならずバラバラ

2020年代 2が2つ以上

 ・
 ・
 ・
2031年  2・0・3・1の数字が重ならずバラバラ

 

つまり、2031年まで、このパターンはおとずれてこないということです。

「だから?」と言われればそれまでなのですが、数字好きの私には遊びの要素満載なのです。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です