「クリスマスのフロスト」

 

フロスト警部シリーズは以前から大好きでしたが、不覚にも第一作目は読んでいなかったことに気づきました。

 R.D ウィングフィールド著 芹澤 恵訳

 

内容の紹介です。(「BOOK」データベースより)

ロンドンから70マイル。ここ田舎町のデントンでは、もうクリスマスだというのに大小様々な難問が持ちあがる。
日曜学校からの帰途、突然姿を消した八歳の少女、銀行の玄関を深夜金梃でこじ開けようとする謎の人物…。
続発する難事件を前に、不屈の仕事中毒にして下品きわまる名物警部のフロストが繰り広げる一大奮闘。
抜群の構成力と不敵な笑いのセンスが冴える、注目の第一弾。

このシリーズに関しては、事件の顛末を読書するというよりも、フロスト警部の言動を楽しんでいます。

どうしてでしょう。

上の説明にもあるように「下品きわまる」人物なのですが、悪気はあっても邪気がないからなのか、とても魅力的なのです。

下品だけれども、情に厚いからなのか。

こんな人になりたい!では決してないはずですが、憧れているんじゃないの?と訊かれたら、確かに認めなければなりません。

作品としては、続きをどうしても読みたくなる、ニクい終わり方をしています。

 

作者はもう故人なので、新しいフロストはもう出てこないのが残念です。

シリーズを全部読みきってしまうのがもったいない感じです。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です