視線のキャリブレーション

 

小林一茶の有名な句です。

雀の子 そこのけそこのけ お馬が通る

子雀に優しく注意しているのか。あるいは「お馬」ごっこで遊んでいる子ども達の微笑ましい情景を詠っているのか、解釈はそれぞれですが、とても和やかな句ですね。

 

心優しい視線は、その人を幸福な気分にさせてくれます。

つまり、自分が幸せになりたいのならば、心優しい視線を心がけることですね。

 

やれ打つな 蝿が手をすり 足をする

蝿を殺してはいけない。両手を擦り合わせて命乞いをしているではないか…。

 

小林一茶の句を読むと、その視線の温かさにハッとします。

時々は、自分の視線をキャリブレーションしてみる必要がありますね。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です