選挙権

 

18歳になったばかりの高校3年生の娘に、衆議院議員選挙の投票所入場券のはがきが届きました。

 

「おおっ。届いたねえ。」

「私、政治のこと何も知らないんだけど。」

「そうか。これから勉強だね。」

「新聞読んだり、ニュースとか見ないとだね。」

「言っとくけど、うちは『どこに入れる?』とか、夫婦、親子でもなしだからね。」

「…わかった。」

「もちろん政治の話はするけど、あくまでも判断は自分で、だよ。」

「うん。」

「でも、それはともかく、おめでとう。」

 

子ども達が選挙権を持つような年齢になったのかと、感慨深く思いました。

これからの人たちですから、関心を持ってもらいたいです。

 

 

 

コメントを残す