沖縄・奄美の猛暑(気象庁の発表から)

 

8月17日付の気象庁から「平成29年(2017年)8月前半の北・東日本太平洋側の不順な天候及び沖縄・奄美の高温について」という報道資料が発表されました。

詳しくはこちら → 「気象庁報道発表資料」

 

要点は以下のようになっています。

1.北・東日本太平洋側の不順な天候

北日本太平洋側では日照不足と低温、東日本太平洋側では日照不足となっています。こ のような不順な天候は、7 月末に出現したオホーツク海高気圧に伴う北東からの冷たい 気流が持続していることが影響しています。

2.沖縄・奄美の高温

沖縄・奄美では高温となっています。これには、太平洋高気圧が平年と比べて日本の南 海上で強いことが影響しています。

3.今後の見通し

今後一週間は、北・東日本太平洋側では曇りや雨の日が多く、北日本太平洋側は気温の 低い状態が続き、沖縄・奄美では晴れる日が多く、気温の高い状態が続く見込みです。 その後 8 月下旬後半は、北日本太平洋側の低温は解消する見込みです。沖縄・奄美では気温の高い状態が続くでしょう。 

 

資料には模式図がありますが、大陸と海の影響に「なるほど〜」と思うことが多く、東アジアってひとつなんだなと改めて思いました。

 

 

 

コメントを残す