インフルエンザ罹患時の出席停止期間

インフルエンザと診断された時に、親御さんから「いつになったら学校に行ったらいいのですか?」という質問を受けることは少なくなりました。

おそらく、学校からの説明が徹底されてきたこともあるのでしょう。

ある学校は体温表を配布し、「解熱して2日経過」を視覚的にとらえる工夫をされているところもあります。

 

一方で、職場は各々対応が違っているようです。

ただし、現段階では、流行を食い止めるという意味では、どの職場も「学校保健安全法」に準じた方が良いというのは誰もが知っていることです。

 

「職場に連絡して、どうするのか訊いてくださいね。」

と言いますが、患者さんには「学校保健安全法」に基づいた自宅療養期間(出勤停止期間)を示すようにしています。

 

言葉ではよくわかりにくいということもあって、図表をつくってみました。

「解熱」というのは「平熱になる」という意味です。多くは37℃未満ですが、37℃前半が平熱の方もいますね。

参考にされてください。

 

%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%95%e3%83%ab%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b6%e3%81%ae%e5%87%ba%e5%b8%ad%e5%81%9c%e6%ad%a2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です