TED「必要なのは10分間の瞑想だけ」アンディ・プディコム

今回はTEDからの紹介です。

アンディ・プディコムが、いわゆる「マインドフルネス瞑想」についてのお話をしています。

情報が氾濫し、絶え間まく五感が刺激され続ける現代の人々に、なぜ瞑想が必要であり有効であるのかを解説しています。

 

まず、「心」について。

人生の一瞬一瞬の出来事は、心を通じて経験します。

心は、人間関係における親切心や思いやりに影響を与えますし、感情も心に左右されます。

私たちは心を頼りにしているのに、自分の心を気遣う時間を設けている人はほとんどいません。

やがて、その結果として、心はストレスにやられてしまいます。ややこしい感情の渦に飲み込まれ、どうやって抜け出すのかもわからないのです。

 

彼は瞑想を学ぶうちに、物事を見る目が変わったのだそうです。

瞑想をすることによって、今この瞬間を尊ぶこと、そして理解することを学びました。

「今この瞬間」というのは過小評価され過ぎています、と彼は言います。

ハーバード大学の研究報告では、人の心は平均47%の時間、途方に暮れているのだそうです。

「途方に暮れる」というのは、日本語ではわかりにくい表現ですが、彼は英語で「lost in thought」とか「mind-wandering」などと表現しています。

言い換えれば「次から次にいろいろなことに気を取られながら、押し寄せてくる思考の波に飲み込まれている」ような状態でしょうか。

とにかく人は、人生の約半分、47%の時間をそのような状態で過ごし、不幸な人生を終えてしまっているのだそうです。

 

彼が提案する1日あたり10分間の瞑想は、「今この瞬間」を理解するのに役立ちます。

一歩下がって思考をはっきりと理解し、揺らめく思考や感情に左右されることなく、リラックスしたまま集中した心で観察することができるのだと言います。

 

そして、ここからが彼の真骨頂のプレゼン・テクニックを見ることができます。

なんとジャグリングを始めるのです。ジャグリングをしながら話を続けます。

ボールに集中しすぎると話がおざなりになってしまいます。また話すことだけに気を集中しすぎるとボールを落としてしまいます。

人生や瞑想においても、このジャグリングと同じことだと実際に喩えてみせたのです。

 

彼は最後に、こうまとめています。

「必要なことは1日10分間一歩身を引いて、今この瞬間を理解するだけです。そうすれば 人生において、すばらしい集中力、平静さ、そして、明晰さを感じ取ることができます。」

 

今回のプレゼンでは、そのやり方については触れていませんでした。

それについては、彼の著作があります。

それはまた次の機会に。

コメントを残す