「ザ・メンタリスト」

 

 

娘が、海外テレビドラマシリーズにはまっています。

 

恐らく、「遅ればせながら」という言葉がぴったりなのだと思いますが

私もチョイ見しながら、しっかりとストーリーを把握していたりします。

そのドラマは「ザ・メンタリスト」

 

主人公のパトリック・ジェーンは嘘を暴くために奇抜な行動をとったり

ずけずけとモノを言って挑発して、わざと相手を怒らせたり。

人の心を読み取る鋭い観察眼の持ち主で、犯罪心理のスペシャリスト。

刑事ではなく、捜査コンサルタントという立場。

 

 

そのプロファイリングの仕方や、人の性格の瞬時の決めつけは

少々「ホントかよ!」と眉つばものなのですが

思い返してみれば、少年時代にシャーロック・ホームズ物に熱をあげていた頃

ホームズの推理の見事さに「ホントかよ!」と感嘆の声をあげていたのと

同じなのかも知れないと気づきました。

 

 

ジェフリー・ディーバー著のキャサリン・ダンスがキネクティックスを駆使して相手のベースラインを読み取り

その後に、慎重に嘘を見抜くとは違っていて

やはり、そのあたりは浮世離れが否めない印象です。

 

 

でも、面白いんですよね。

娘が借りてきたDVDをチョイ見しながら、しっかりと確認しているのです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です