キジバトの巣作り

 

実家の庭の木に、葉っぱで隠れるようにハトが巣を作っていました。

人の姿とレンズの気配にとっくに気づいていながら、飛び立たないところをみると巣には卵があるのかも知れません。

警戒心いっぱいなのを、その表情が物語っています。

その色合いからキジバトだと判断しました。

 

「大雨の時はどうしてたのかな?」

両親に尋ねると、「親(鳥)は避難してたね~」と苦笑いです。

「だから、卵はないかもね。あっても、ダメになったかも。」

聞くと、以前にも同じようなところに巣をつくっていて、その時は卵は孵(かえ)らなかったらしいです。

 

「ちゃんと孵(かえ)るといいね。」

卵が無事でありますように。

 

ほぼ毎日観察する楽しみが増えました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です