当院の「インフルエンザ予防接種」と流行状況 第5週について

 

沖縄県の第5週(1月28日~2月3日)のインフルエンザ流行状況の発表がありました。

沖縄県全体の定点あたり報告数は47.14人で、「インフルエンザ警報」発令中です。

保健所単位では、前週にひきつづき県内全保健所管内で警報基準値を上回っている状況です。

外来でも、いっときのように、受診する方ほぼ全員が発熱…という感じではなくなってきました。

しかし、それでも「午前中はつらくて寝ていたから受診できなかった」「早く受診しすぎると、診断がつかないって聞いたから、家で我慢していた」という方もいたりして、医療機関が把握している報告者数と実際のインフルエンザ罹患者数には、どうしても埋められない「差」があります。

それを差し置いても、終息に向かっているんじゃないかという「肌感覚」の印象があります。

*

当院では、今冬のインフルエンザ・ワクチンの予防接種を2月末まで行うこととしました。

浦添市の高齢者の方を対象にしたインフルエンザ予防接種の接種費用の一部公費負担の制度が、2月28日までとなっているというのもありますが、やはり一人でも多くの方に予防接種の機会を提供したいと考えたからです。

予防接種をまだの方は、お早めにお願いします。

(ワクチンがなくなった時点で、2月28日を前に終了することがあります。ご了承ください。)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です