「かがみの孤城」

 

今回の出張では、事前に読書する本を準備していなかったので、飛行機に搭乗する前に那覇空港の書店に寄りました。

荷物になるので普段は単行本のコーナーはスルーするのですが、今回は平積みのコーナーにお目当ての本がありました。

 

 かがみの孤城 辻村深月著

 

今年の本屋大賞受賞作です。

大差をつけて大賞に選ばれた作品でした。

 

実はこの本を読むのをとても楽しみにしていて、次の出張ではこれだと決めていたのでした。

(図書カードを持っていてよかったです(笑))

 

一度読み始めると、すっと胸に届くような文体で、一気に物語に入り込みました。

よほど集中している私の姿が印象的だったのでしょう。

偶然に機内で一緒になった先生から「佐久田君、何を読んでいるの?」と問われるほどでした。

 

ネットで拾った内容紹介には、こうあります。

 

あなたを、助けたい。

学校での居場所をなくし、閉じこもっていたこころの目の前で、ある日突然部屋の鏡が光り始めた。輝く鏡をくぐり抜けた先にあったのは、城のような不思議な建物。そこにはちょうどこころと似た境遇の7人が集められていた――
なぜこの7人が、なぜこの場所に。すべてが明らかになるとき、驚きとともに大きな感動に包まれる。
生きづらさを感じているすべての人に贈る物語。

 

学会出張だったので、本を読む時間は行き帰りの飛行機の中だけだったのですが、一気に読み終えました。

それほど物語の内容に引き込まれていました。

大賞作品だからというのではありません。素直に傑作だと思います。

この作家のほかの作品も読みたくなりました。

 

これから、漫画化やアニメ化されていくのでしょうね。今から楽しみです。

 

コメントを残す