忘れること

 

「他人に悪い感情を抱くことは、他人以上に自分を害する」という言葉があります。

 

本当にそうですね。

他人が自分にした酷い仕打ちに対して、『絶対、忘れない」「絶対、許さない」という負の念は「嫌い」を越えて、「恨み」「憎しみ」のエネルギーにまで高まってしまっています。

それを「憎悪の念」と言います。

そのエネルギーは、私達の心と体に悪い影響を及ぼします。

人生の主導権が相手の存在に握られているのも同然ですから、自分の人生なのに無力感にさいなまれることになります。

何より前向きにならず、被害者意識に取り憑かれて暗いイメージがつきまといます。

 

好きになれと言っているのではありません。

無理に友好的な態度をとる必要もありません。

あっさりと捨ててしまいましょう。忘れましょう。

 

何より自分自身を守るためです。自分自身を大切にするためです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です