「貝殻」

 

「おじいさんのランプ」や「ごん狐」などの名作童話の作者、新美南吉は29歳の若さでこの世を去っています。死因は当時の「死の病い」である結核でした。

 

新美南吉の作品はどれも温かく、やさしく包み込んでくれます。

いつか紹介したいと思いますが「こぞうさんの おきょう」などは、みんなが無邪気です。

邪気がないということが、こんなに優しい世界をつくるのかと思い知らされます。

 

私が特に好きな詩に、「貝殻」という詩があります。

「かなしいときは 貝殻鳴らそ。」というフレーズはどこかで耳にしたことがあるでしょうし、メロディーがついて童謡になっていそうですね。

 

 貝殻

           新美南吉

かなしいときは 貝殻鳴らそ。

二つ合わせて 息吹きをこめて。

静かに鳴らそ 貝がらを。

 

誰もその音を きかずとも、

風にかなしく 消ゆるとも、

せめてじぶんを あたためん。

 

静かに鳴らそ、貝がらを。

 

 

 

コメントを残す