カプチーノ と カフェラテ

 

気持ちを沈めたい時や、リセットしたい時には

私の場合、コーヒーを淹れます。

 

過去に本格的なエスプレッソ・マシンを購入しました。

スチームノズルも硬派で、それだけでいっぱしのバリスタになった気分になったものです。

 

試行錯誤してミルクのスチーミングも自画自賛するほどに手つきがさまになっていたのですよ(笑)

 

ハンドルを調整しながらノズルから蒸気を空ぶかし。

それからノズルの先を、ステンレス製のピッチャーに入れた冷たいミルクの底のほうにうずめて

対流がコントロール可能になったところでミルクの表面付近で空気を送り込みながら泡立てる。

もう一度、深いところにうずめて細かい泡をそろえていく。

エスプレッソのショットを入れて、おいしいカプチーノのできあがりです。

フレーバーシロップを1,2滴たらしても良いですね。

 

やはり手入れに時間がかかってしまうので、いつの間にか使わなくなってしまいました。

今は最近流行りのカプセル型のエスプレッソ・マシンでコーヒーを楽しんでいます。

 

一杯一杯が1個ないし2個のカプセルでおいしく淹れることができます。

簡単ですが、よく考えられています。

 

ミルクとエスプレッソの分量の細かい違いもあって、カプチーノとカフェラテの違いも出せます。

確認しますが、カプチーノは

エスプレッソ3+スチームドミルク3+フォームドミルク4

カフェラテは

エスプレッソ2+スチームドミルク8

 

スチームドミルクとは泡が立たないよう温めたミルクのこと 。

フォームドミルクとは蒸気で泡立てたミルクのこと。

 

ミルクのカプセルとエスプレッソのカプセルで、一杯のカプチーノが出来ます。

ちゃんとフォームドミルクになっているんですね。感心します。

私のささやかな楽しみのひとつです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です