アロハうがい

佐久田は朝にシャワーを浴びないと体も頭も始動せず、1日が始まらない人間です。

 

入浴に関して朝派?夜派?の議論があったり、また毎日のシャワーは実は体に良くないとか主張する方もいるらしくて、それはそれで面白い話題なのかも知れませんが、今日はそのシャワーの話ではありません。

朝の習慣の話です。

私の娘の朝の習慣は、皆さんに紹介しても良いのかなと思います。

 

「風邪の予防に、うがいをしてくださいね。」

と診察室では言うのですが、実際にうがいの仕方を再現してもらうと、なかなか上手にできない方が多いのに気がつきました。

どうせやるのなら、しっかりとした方法でうがいしたいですよね。

 

娘のうがい法を紹介します。

 

まず最初に口の中に水を含み、クチュクチュすすぎます。

そして、ぺっ!

いきなりガラガラはしません。口の中の汚れを外に出すのが目的です。

 

それから、改めてうがいをします。

上を向き、「ア~ロ~ハ~・ロ~ハ~・ロ~ハ~」と声を出しながらうがいです。

約10秒間かけます。

間違っても途中で息継ぎをしようと思ってはいけません。きっとむせてしまいますから。。

これが娘直伝「アロハうがい」です。

 

実際にやられるとわかると思いますが、「ア~」と声を出すと、のどが大きく開きます。奥の方に水があたってちょうど良いです。そして「ロ~」と声を出すと、口蓋垂あたり?に水があたるような感覚です。

そして何より、うがいを10~15秒間しっかりできるという利点があります。

 

いつの頃からか、娘が毎朝これをやりだしました。

最初は何事かと思いましたが、今はこのアロハうがい、「ア~ロ~ハ~・ロ~ハ~・ロ~ハ~」という声を聞かないと1日が始まらない気分になってきています。

 

うがいをしっかりして、風邪の予防につとめましょう。

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です