映画化

 

昨日、SF「夏への扉」の話を書いたあと、もしやと思って「夏への扉 映画化」と検索してみたら、やはりありました。

しかも、思ったよりも最近のこと、2021年公開でした。個人的に驚いたのが日本映画だったことです。

同じロバート・A・ハインラインの「輪廻の蛇」を映画化した「プリデスティネーション」はオーストラリアの作品でしたし、原作が有名なだけにとっくにアメリカで映画化されているものだと思っていました。

けれども、考えてみれば「夏への扉」は映画化しにくい作品の気がします。

「輪廻の蛇」の場合、短編小説なのでいくらでも膨らまし方があります。実際、「プリデスティネーション」は登場人物や組織を増やすなりして、よりわかりやすい設定にしていました。

その点、「夏への扉」は名作SFの長編小説です。当然、原作ファンを意識しなければなりませんし、テーマを絞り込む必要もありますから、苦しいです。

それに加えて、原作は1956年発表です。

当時は斬新だった「タイムトラベル」も、かなり手垢がついたお話ですし、ロマンティックなストーリーも今やどこかで聞いたことがあるお話になってしまった感があります。

「猫SF」とも称される原作にあやかるしかないか…などと余計なことを考えながら、実際に観てみました。

間違いなく、製作陣は「夏への扉」のファンでした。原作が好きでリスペクトするあまり、大胆な解釈で観客を裏切ることを良しとしなかったようです。

展開がシンプルで、わかりやすかったですし、何より意欲的でした。

この映画を観た後に原作を読みたくなる人が増えたのではないでしょうか。

「読んでから見るか。見てから読むか」

昔はやったキャッチコピーを思い出しました。

 

SF「夏への扉」

 

 

ロバート・A・ハインラインの名作です。

いわゆるタイムトラベルものですが、「輪廻の蛇」とは違って1回のジャンプで済んでいますし、話を追う読者としては理解が難しいということはありません。

最近は、タイムリープを扱うと「親殺しのパラドックス」を回避するために、もっぱら「多世界解釈(パラレルワールド)」が主流ですが、話が面白いのは断然にこっち側「夏への扉」、つまり「バックトゥザフューチャー」型のストーリーだと思います。

タイムパラドックスを意識しはじめたら、頭がこんがらがってしまいますね。パラドックスというのは、それがなぜパラドックスなのかを理解しなければなりませんから、正直面倒くさくて疲れます。

タイムトラベルものは、大きく4つのパターンがあると言われています。

1)矛盾が発生したら(例えば同じ人間が遭遇したりすると)世界全体が消滅する

2)時間旅行者が、どんな手段を使っても、何度繰り返しても、目的を遂行できない。

3)多少細部が変更されても、現在の状態に辻褄を合わせた流れになる

4)パラレルワールドが元の世界から分岐して出現する。

この「夏への扉」は、時代的にも、そういうややこしさを逃れた作品なのかも知れません。

ですから純粋にストーリーを楽しむことができますし、読者が矛盾点を目くじら立てて指摘する必要もありません。

「こんなことがあったらいいな」というファンタジーの本質そのものの作品なのだと思います。実際、この作品のキーワードは3つ。「冷凍睡眠」「ロボット」「タイムマシン」です。

「古典SF」なんていう表現は、決して古臭いイメージを塗り付けたいからではなく、ロックでいえばクラシック・ロック、ジャズで言えばスタンダードの意味合いになります。

「読まずに死ねるか!」というタイトルの本がありましたが、まだ未読の方はぜひ読んでいただきたいです。

 

電子書籍と紙の本

 

ちょっと前まで電子書籍か紙の本かで悩んでいた時期がありました。

最近は割り切って考えられるようになっています。

基本的に新しもの好きですし、1990年代のPDA(シャープのザウルスやPalm OSなど)全盛を経験しているので、すんなり電子書籍に飛びつくかと思ったら、そうでもありませんでした。

教科書にマーカーを引いたり余白に書き込みができないと欲求不満が募るように、パラパラとめくる動作ができないと、頸椎シーネで固定されたまま細道を探りながら歩いている感覚になるのです。(わかりにくい例えですみません。不自由だということを言いたかっただけです。)

けれども、電子書籍のメリットはあります。

まず、枕元で読もうとすれば読書灯の調達をしなくてすみます。画面のバックライトをうんと暗くしないと健康に悪そうですが、まあいちいち枕元に照明を持ち込まなくてすみます。

それから最大のメリットは、文字サイズを調整できることです。小さい文字でうんざりしている時も見やすいサイズにカスタマイズすることができます。恐らく私たち年代の一番のメリットと言えるでしょう。

あとは書店に行かなくても購入したらすぐに読めること。深夜に思いついて、突然に読みたくなっても、購入してダウンロードすればすぐに読むことができます。

ほかには、かさばらないこと。何巻も続いているようなコミックは読み終わったあとの置き場所に困るのが常です。本棚もいっぱいでどこにしまおうかと悩みますし、かといって好きなマンガなので手放すのも早計のような気がします。読み返したくなった時、きっと後悔することがわかっているからです。

で、最近の私の電子書籍と紙の本とのつきあい方は、自然とこうなりました。

まず、コミックは電子書籍で購入するようになりました。理由は上の通りで保管場所の心配をしなくてすむからです。

それから小説は、最初は電子書籍で探りを入れてみます。

それで面白くて気に入った本は、紙の本でも読みたいのでそろえます。

電子書籍にするか紙の本にするかと時間を割くよりも、私にとってこの方が実際的でした。

そういうわけで、「プロジェクト・ヘイル・メアリー」は電子書籍も紙の本でも購入しました。

そういえば、紙の本の最大のメリットは、周りの人と回し読みできるということですね。回し読みできないのは、電子書籍のデメリットでもあります。

 

 

人生の喜び(論語から)

 

 

「図解 眠れなくなるほど面白いシリーズ」は、最初にとっかかるものとして大変わかりやすくお手頃な解説本だと思います。

ほかにも「建築の話」「栄養素の話」「免疫力の話」「心理学の話」など、他分野にまたがっているので、少しでも興味があればパラパラっとめくりたくなります。

今回は「論語」を取り上げてみました。

その最初の一節です。

「子曰く、学びて時にこれを習う、説(よろこ)ばしからずや。朋あり、遠方より来たる、亦(ま)た楽しからずや。人知らずして慍(うら)みず、亦た君子ならずや。」

こんな訳になります。

「学び続けて繰り返し学習する。知識が身について活用できるようになる。実に嬉しいことではないか。友が遠くから自分を思い出して訪ねてくれる。実に楽しいことではないか。世の中の人が自分のことを評価してくれなくても、怒ったりうらんだりしない。それが君子というものではないか。」

釈迦、キリスト、孔子、ソクラテスの4人を四聖と呼ぶそうです。そして、孔子の「論語」は約2500年前の書物です。

それが今でも読み継がれて、人々に道を示すというのは、ほとんど奇跡といえますね。

 

学び直ししてみる

 

「懐古趣味」とは「昔の物事や古いものを懐かしんで、その情緒を味わおうとする好みや傾向」という意味になります。

この歳になるとウチアタイするせいか、それを指摘されると何だか恥ずかしくなります。

過去ばかり振り返っているみたいで、人としてどうなのよ?と言われている気がするのです。それこそ自意識過剰で、そんなことないのでしょうが。

けれども「学び直し」をしているんだと開き直ってしまえば、「懐古趣味」もいいもんだと思います。

例えば、私は青空文庫のサイトで、リアル本屋で背表紙を物色するようにタイトルリストを眺めるのが好きです。

今日は中島敦の「山月記」が目に留まりました。

山月記

受験勉強で何度も国語の読解問題で取り組んだ覚えがあります。

国語の教科書に載っていたらしいのですが、それは実はあまりよく覚えていなくて、当時の教科書を残しておけば良かったと後悔しています。

改めて読むと(10分もあれば読み終えてしまうのですが)味わいが違っていました。

若い頃は李徴(=虎)を「これから成っていく姿」として捉えていましたが、今は素直に「人のそのものの姿」と捉えます。変化の結果ではなく本質が描かれているのだという受け止めです。

懐古趣味も、いいもんじゃないかと思います。学び直しや再学習って言えば聞こえもいいですね。

 

 

応援のエール

 

無意識に「だけどねえ」とか「ホントに?」とか、相手に対して否定的な言葉で対応してしまうことがあります。

反対意見があるというわけでもないのに、反意的な言葉遣いで場のエネルギーを下げてしまうのです。

自分でもそれに気づいて「まずい」とうろたえます。若い頃に自分がそうされて、だいぶイヤだった経験があるからです。

それが口グセになってしまわないように気をつけていたつもりだったのですが。

やはり、どんな時でもブレーキ役にはなりたくないものです。

やらなくて後悔する方がダメージが大きいということも知っていますし、チャレンジできるチャンスというのはホンの短い期間しかないことも知っています。

昨日と同じ状況が明日も続くとは限りません。

「やろう」とか「やりたい」という意志には、応援のエールを送るべきだと思います。

くれぐれも否定的な言葉が口グセになってしまわないように気をつけなければなりません。

口グセは必ず思いグセになります。

 

 

寓話「うさぎとかめ」

 

「ウサギとカメ」というお話は、イソップ寓話やラ・フォンテーヌが書いたものに収められています。

日本に伝わる「兎と亀」は、西洋のお話が室町時代後期以降に伝わったものとされていますから、「日本の昔話」だと思っている方も多いかも知れませんね。

実際、「まんが日本昔ばなし」にも取り上げられていましたから、日本に土着したお話だと言っても良いかも知れません。

あらためて、あらすじを見てみましょう。

 

むかしむかしあるところに、うさぎとかめがいました。

ある時、森の動物たちはうさぎとかめのどちらが速いかの話題になり、実際に競走をすることになりました。スタートの合図でうさぎが飛び出すと、予想通りうさぎは先へ進み、かめとの距離を広げました。ゴールは山のてっぺんです。

かめがあまりに遅いので、うさぎは一休みのつもりでうとうと眠り始めました。

しばらくして目を覚ましてもかめの姿が見えないので、うさぎはゴールを目指して走り出しました。すると山のてっぺんで先にゴールしていたかめが大喜びしていたのです。

かめは、うさぎが居眠りしている間にも歩みを止めずに着実に進んでいたのでした。

 

ためしに青空文庫で「兎と亀」を探すと、ロオド・ダンセイニ著・菊池寛訳のバージョンを読むことができます。

兎と亀

ところが、結末がちょっと違うのです。亀がレースに勝利したのは同じですが、その後に森に火事がおきます。

 

「森の火事は、大風のある晩に突然起りました。兎だの、亀だの、その他五六匹の動物は、その時ちょうど森のはずれの小高い禿山の上にいたので、すぐ火事を見つけることが出来ました。彼等は、大いそぎで、この火事を森の中の動物に知らせに行くには誰が一番いいだろうかと、相談しました。その結果、ついにこの間の競走で勝った亀が、その役目を引きうけることになったのです。

 もちろん、亀が「しっかり走って」行くうちに、森の中の動物たちは、残らず火事にやかれてしまったのであります。」

 

勝負には勝ったが、そこで自分の実力の自己評価を誤ってはいけないという教訓になっています。

亀が「足が遅い」という事実を認識していれば、(それでウサギに知らせに行く役目をまかせていたならば)森の動物たちは火事にやられずに済んだでしょうから。

 

「自分は自分」

 

「アインシュタインの言葉 エッセンシャル版(弓場隆訳)」から、こんな言葉を拾いました。

 

「わたしはもう頭脳集団の競争に参加する必要がありません。

私にとって、そういう競争は、奴隷のような状態で、お金や権力をめぐる争いと同じぐらい邪悪です。」

 

別の訳(「アインシュタインは語る」林一・林大訳)では、こうでした。

 

「私はもう頭のいい人たちの競争に参加しなくてもいい。(この競争に)参加するのは、カネと力への欲望に劣らず悪い、おそろしいタイプの奴隷制のようにずっと思っていました。」

 

出典を探しましたが、見つけることができませんでした。原文はドイツ語なのかも知れませんね。

「我が人生をふりかえって」というニュアンスが滲み出ていますし、文面から想像するに、アインシュタインが晩年の頃の言葉なのだと思います。

「競争に参加する必要がない」というのは、「他人は他人」「自分は自分」という境地に達しているとも言えます。いわゆる「淡白」の境地です。

この場合の「淡白」とは、執着心がうすい、執拗でない、貪欲でないことを言っています。

人をうらやましがったりしませんし、ねたましく思ったりもしません。

ですから、その境地に達したアインシュタインに訊いてみたいです。

「その先の人生後半に、何を求めて過ごしますか?」

思いもつかないような天才の答えを、凡人はどうしても期待してしまうのです。

 

 

9月の祝日休診のお知らせ

 

今日から9月になりました。

台風11号が沖縄本島の東側を南下していきました。再び北上する週末までは比較的平穏に過ごせそうです。

台風のほかに熱帯低気圧もあって「藤原効果」で複雑になると言われていますが、ちょっとイレギュラー過ぎないか?とつっこみたくなるコースどりですね。

救いなのが最接近が日曜日になりそうだということです。足が遅くなると月曜日に影響が出てきそうなのが気がかりですが、この速度でいってほしいものです。

宮古島や石垣島に大きな影響が出そうなので、それも心配です。

大きな被害が出ないようにと祈るばかりです。

 

さて9月のクリニックの祝日休診のお知らせです。

下記の日につきましては、祝日のため外来は休診とさせていただきます。

9月19日(月) 敬老の日

9月23日(金) 秋分の日

ご迷惑をおかけしますが、ご了承くださいますようお願いします。

 

 

符号

 

今日は何の日?を検索すると、雑学ネタを仕入れることができます。

例えば、今日の8月31日。

当てずっぽうで「野菜の日」なんだろうと考えますし、そうでなくては困るとまで思います。それだけ私には語呂合わせと記念日は密接に繋がっている感覚です。

ところが、今日8月31日は「I Love Youの日」でもあるそうなんですね。

説明がオシャレでした。

「831」は8つのアルファベットと3つの単語、そして1つの意味(8 letters, 3 words, 1 meaning)を示していて、「831」=「I Love You」として知られているそうです。

マイケル・ジャクソンも「You Are Not Alone」という楽曲で、その歌詞「I love you」を「three words」と表現しているそうなんですね。

数字を使って暗号めかして、符号として遊び心を乗っけた感じになるのでしょう。

私などは、単純に「I」(1文字)「 love」(4文字) 「you」(3文字)で「143」じゃないのかと思ったのですが、そういう表現の仕方もあるのだそうです。(やっぱり)

ほかにも「8312」は、わかりやすくて「I Love You too」。

難問が「637」

なんと「Always and Forever」(いつも、そして永遠に)という意味らしくて、これはもはや英語圏内の人間でなければ想像もつきません。

Always(6文字) and(3文字) Forever(7文字)が、その理由なんだそうです。

「823」が同じ理由で「Thinking of you」(あなたのことを思っています)

滅多にないことですが、あまり3文字の数字を並べて送るものではないと思いました。勘違いされて困ることになりそうです。