「しあわせの書」

 

「しあわせの書―迷探偵ヨギガンジーの心霊術」泡坂 妻夫著

これはすごい本です(笑)

 

初版が1987年なのに、今でも時々本屋さんのプッシュがかかったりしますので

平積みされたこの本を見覚えのある方は少なくないのではないでしょうか。

 
 

 

題名が題名だけにスピリチュアルものなのかと勘繰る方もいるかも知れませんが、違います。

どちらかというと、内容はおどけたミステリーものといった感じです。

読みなれた方には、言い回しや言葉の使い方に少し違和感を覚えるかも知れません。

それは、ある理由があり、どうしても達成しなければならない目的があるためです。

 

解説が、松田道弘さんというところがミソですね。

松田さんは「あそびの冒険」や「クロースアップ・マジック事典」「松田道弘のマニアック・カードマジック 」など

数多くのマジックの書物を著していて、その膨大な知識は驚愕するばかりです。

そういう方が、解説をなさっているのです。

作家の泡坂妻夫さん自身もマジシャンの顔をお持ちの方です。

 

そう、マジック好きにはたまらない本なのです。

 

この本の最大の特徴は、小説の中に「しあわせの書」そのものが登場してくることです。

そして、「しあわせの書」が鍵となって、物語が展開していきます。

作中で「しあわせの書」は、奇妙なしかけがあるらしい文庫本として描かれています。

 

最後まで読んだ読者は、あることに気づかされます。

「そうだ。今、私が手にしているのは、ひょっとして『しあわせの書』そのものじゃないか?」

 

 

読心術など超能力をにおわせるマジックのことをメンタルマジックと総称します。

最近流行のメンタリズムという言葉は、そこから来たものでしょう。

 

そして、本や雑誌などを使って、相手が選んだ任意のページの言葉や文字、図などを言い当てるマジックを「book test」といいます。

 

もし、この本が、実はメンタル・マジックのツールでもあると言ったらどう思われますか?

マジック・ツールとして販売してあるのなら、値段はもっと跳ね上がってもおかしくないと思います。

あくまでも「文庫本」なので400円そこいら。

 

ああ、もうこれ以上は書けません。

とにかく、凄い本なのです。

 

 

泡坂妻夫さんは、地道で細かい、凄い仕事をされたと思います。

 

 

ストレスに対するアファメーションの効果  文献から

 

 

昨日の話題に引き続き、セルフアファメーションのお話です。

 

セルフアファメーションは、急性的なストレスに対しての有効性は以前から言われていました。

今回は慢性的なストレスを受ける状況で、創造性や問題解決能力が必要な仕事に対しても有効だったというお話です。

 

Self-Affirmation Improves Problem-Solving under Stress.

PLoS ONE 8(5): e62593. doi:10.1371/journal.pone.0062593

 

重いレベルのストレスが、仕事の処理能力や創造性の妨げになることは前から知られていることです。

にも関わらず、ストレスの影響を緩和するために、積極的に策を講じているとは言えません。

 

 

セルフアファメーションが、ストレスを和らげ処理能力や創造性について有効性を示すかどうか

80人の大学生を2つのグループに分けて、テストしてみたそうです。

journal.pone.0062593.g001

このグラフの縦軸にあるRATスコアについて説明します。

 

 

RAT(Remote Associate Test)というのは、相互に関連がうすいような3つの単語を見せて

その全てに関連がある4つ目の単語を考え出させる、という内容の試験です。

例をあげると「肩」「輪」「運転」という3つの単語を見せます。

答えは「車」です。

「肩車」「車輪」「車を運転する」

 

英語版ですが、ためしにやってみたい方はこちらのサイトでできますよ。

 

 

「自己の有用性を認識」させたグループは、ストレスが強い状況であったのにも関わらず

明らかに処理能力が上回っています。

(弱いストレスでは差が出なかったのが印象的ですね。)

 

つまり、セルフアファメーションは

ストレスの有害な影響(モチベーションの低下や身体の不調、不眠など)を和らげるだけでなく

よりポジティブな有効性が示されたというものでした。

 

 

とても興味深いお話です。

 

 

「ほめて育ててくれたら、私はもっと伸びる子だったのに。」

と冗談で言っていた知り合いがいました。

 

あながち冗談ではないかも知れません。

 

 

 

 

セルフアファメーション (自己肯定)の練習について

 

 

Self-Affirmation (自己肯定)の効果についての文献を多く目にします。

(その文献については明日紹介する予定です。)

 

やはり、知りたいのはそれをどのような方法でしているのかということですね。

「良いということはわかった。そしたら、次はどうしたらいい?」

やり方が知りたいところです。

もちろん「自己肯定」という目的があっての方法論ですから

これでなくてはダメだという決まった方法はないでしょうね。

様々な方法があるようなので、自分なりにまとめておきたいと思いました。

 

ほかに良い成書などがあって、見つけることがあったら紹介したいと思いますが

今の時点では私が解釈しているSelf-affirmationの方法はだいたい以下の通りです。

(個人的な考えも多いので、間違いがあるかも知れません。)

 

 

1)自分の長所をあげて書き出す

 

ナンバーワン(他者との比較)ではなく、自分らしい長所(オンリーワン)をできるだけ多く挙げてみましょう。

たとえば「動物を見るとやさしい気持ちになれるのは私の長所」でも良いのです。

ほかの人と比べてしまったら、とるに足らないことかも知れませんが

そういうことでも立派な長所だと思います。

 

2)自分の好きなところを見つけ出す

 

「私なんて好きなところなんて、全くない!」という方がいます。

「顔も声も、性格も嫌い!」という方がどんなに多いことでしょう。

 

「好き」というのは、実は周りの他人の価値観にしばられていることが多いものです。

ファッション、流行、ライフスタイルなどがそうでしょう。

それら既存の価値観を手放すことも必要だと思います。

自分の好きなところがないという方は、まず「好きなこと」は伏せておいて

「なくしてしまったら困ること」をあげてみてはどうでしょうか。

「この目が見えなくなったら困る」

「手指が動かなかったらパソコンが打てなくなる」

「息ができなくなったら苦しい。」

それらなくしてしまったら困ると思っているひとつひとつのことを、多少強引でも「好きになれないか」と問いかけてみてはどうでしょうか。

「物が見えなくなったら、そりゃあ困る」→「きれいなものを、ずっと見てたいもんなあ。絵画とか。」→「絵画を鑑賞するのは確かに好きだ。」→「絵画鑑賞してる自分って好きかも知れない。」

そういうことをできるだけたくさん見つけ出してみるのです。

 

3)自分の心身に対するケアの計画を書き出す

 

真面目に生活している人ほど、とかく自分のことを認めないものです。

自分を粗雑に扱うのではなく、心身をどう守るか計画を立ててみましょう。

リラックスするための音楽鑑賞でもよいし、ストレス発散のための軽い運動でもよいです。

自分のことを大切に扱うメニューをたててみましょう。

 

4)自己ストローク

 

今まで自分がやってきた「手柄」について、ほめちぎって書いてみるのです。

誰に読ませるというものではありません。

たぶん、誰かに読まれたら赤面するぐらいの代物を書いてみるのです。

「いかに自分がしたことが、素晴らしかったのか。」

具体的に細かく書いてみましょう。

 

5)他者ストローク

 

自分のことを喜び、感謝してくれる誰かを想像します。

その人の視点から、自分に向けて喜びや感謝の言葉を贈ってみるのです。

「こんなこと思ってほしいって期待して、違っていたら恥ずかしい」なんて思わないで、ずうずうしく書いてみてください。

 

6)愛され認められた思い出を書き記す

 

幼いころ、周りの大人たちにほめられたこと、自慢されたことがあったと思います。

成長した後にも、誰かに愛された思い出を書き記してみます。

親や祖父母、先生、友達、同僚。彼らの表情とともに思い出して書いてみます。

 

7)願いが実現したら、どんな気持ちになるかを書きだす

 

自分の願いや目標が必ず実現すると信じましょう。

そして、実現したその時の心のうちを想像してみましょう。

喜びに満たされた想いや、助力者への感謝の気持ち、それを言葉にした時の自分や相手の表情。

花束が準備されているかも知れません。お祝いの席を設けているかも知れません。

想像したことをできるだけ詳細に書いてみるのです。

 

8)貢献したことを書き出す

 

奥ゆかしく下支えのように善行を重ねてきたことは確かに美徳でしょう。

けれども、ここでは、今まで自分が他人に対して、してあげたこと

声をかけて励ましてあげたこと

助けてあげたことをできるだけ多く書いてみましょう。

 

flower05

 

どれも書き出して、自分の目にすることが大切だと思います。

何度も読み返してみても良いでしょう。

他の誰にも読ませる予定も必要もない、自分のためだけのメモ書きのようなものです。

 

 

 

 

サンニンの花

 

サンニン(月桃)が花を咲き始める季節になりました。

 

5月の連休を過ぎても、朝夕が肌寒い天候が続いていて

ひょっとしたら季節感を忘れてしまいがちになるのですが

しっかりと植物は季節を刻んでいたのですね。

 

 1-NEC_0374

 

うちのクリニックに通われている方に、元気象予報官の方がいまして

毎年5月10日頃が梅雨入りの時期なのだと教えてもらいました。

 

すると、もうすぐ沖縄は梅雨に入るのかも知れませんね。

 

確実に季節は移り変わっていきます。

 

 

酒の神バッカス

 

ギリシャ神話に登場する神の中にディオニュソスという神がいます。

 

 

別名をバッコスといい、ローマ神話ではバッカスとして知られている神です。

 

バッカスは酒の神で、酩酊、狂気、激情などを表しています。

お酒に酔いつぶれ、時に意識をなくして暴れたりします。

その暴れ方たるや、時に悲劇を生み出していきます。

1-Caravaggio

 

 

ほどよいお酒は、日ごろの仕事のストレスから解放し、リラックスさせてくれるでしょう。

 

度を過ぎると、お酒は破壊的な刃を自他ともに向けることになります。

 

この絵はカラヴァジョという画家が描いたバッコスですが

画家自身、乱暴者であったとされています。

 

この絵のバッコスは、お酒に酔い、狂気からさめた後のけだるさが描かれているようです。

 

お酒の飲み方は、いくつになっても難しいものです。

ディオニュソス的に破壊的にならず

冷静にスマートに、アポロ的に飲めたら人生はもっと充実していたに違いないと思うのです。

 

 

 

「ねこの森には帰れない」

 

どういうことだか、説明のしようがないほど、無性に

谷山浩子さんの「ねこの森には帰れない」を聞きたくなるときがあります。

 

 

ありえない状況で、ありえないほど薄情(時に残酷)

だけど、妙にポップ。

 

寂しい詩なんだからしんみりしないととか、少しはしおらしくしないととか

そういった一切を全て超越した歌です。

 

どこにあるかわからない、深い森に囲まれた「ねこの一族」が幸せに暮らす世界。

(勝手な想像です。)

格調があるのは、宮沢賢治が描く動物の世界にも通じているようです。

 

ねこの森には帰れない

「ここでいいひとみつけたから」

ねこの森には帰れない

「帰る道だって おぼえてない」

ねこの森には帰れない

「なくした夢はもどらない」

 

 

きっとなくしてしまう儚さや、思い出が少しずつうすくなっていく時間の無常さ

だからこそ大切にしたい形にできないものが浮き彫りにされていく。

 

 

作者の意図を多く含むような創作メルヘンの世界ですね。

 

cat riding bike

 

 

「ジェイ・サンキー」の魅力

 

ジェイ・サンキーさんというマジシャンがいます。

 

クロースアップ・マジックの天才です。

 

技法が素晴らしいのはもちろんなのですが、その演出が実に面白いのです。

奇抜な現象に、ユーモアと笑いがちりばめられています。

 

 

 

マジックを見たときに

説明がつかない不思議な現象を前にして、「怖い」という表現で

あまりの驚きにふるえあがる方がいますね。

 

魔法にかかったようだと。

 

触れてはいけない黒魔術に加担してしまったような怖さでしょうか。

 

ジェイ・サンキーさんのマジックは、不思議なのはもちろんですが

とてもさわやかで面白いのです。

 

「魔法」を出すのに、仰々しくもったいぶらない演出だから?

彼は念を送ったりしないし、力をこめたりしません。

 

マジックに面白さを追求した形が、ああいうスタイルになったのでしょうね。

よく笑う変なおじさん?という感じです。

[youtube]http://youtu.be/Q8MR18V25dI?t=3s[/youtube] 

 

以前に、前田知洋さんのDVD「スーパークロースアップマジック前田知洋奇跡の指先」を購入して

その演技の素晴らしさに感動していたら

その中でも特に目をひいた2つのマジックがありました。

 

 

・復活する不思議なカード ( Torn & Restore Transposition ) David Williamson

・バルーン・ショック(Air Tight)  Jay Sankey

 

この2つは興奮して何度も見直してしまうほど素晴らしいマジックでした。

 

 

何度か人前で演じてみましたが、もちろんよほど元の作品が良かったのだと思います。

 

 

この間、本屋に立ち寄ったら、ジェイ・サンキーのマジック本が出ているのを見つけました。

そのエアタイトも収載されているんですよ。

(あれ?宣伝?(笑))

 

 

 

 

「一五一会」

 

 

BEGINの皆さんが

「生活と音楽の距離がもっと近くなったら世の中もっと楽しくなるかも」

というコンセプトで作った楽器が「一五一会」(いちごいちえ)

 

一五一会は、人差し指一本で弾き語りができるように

コードが工夫されています。

 

ナイロン弦なので指で押さえやすいですし

「誰もが自由に音楽を楽しむ」というテーマを十分に満たしているのではないかと思います。

kanai

奏生(カナイ)は、3種類の一五一会の中でも一番小さく、愛嬌のある楽器です。

亀のイラストによく似ていて、かわいらしい。

 

一五一会用の楽譜もたくさん出ているので、おすすめです。

 

「ダウンヒル・ダービー」 ボーイスカウト カブ隊活動

 

だいぶ前のお話で恐縮なのですが(もう6年も前?)

5月5日の子どもの日にちなんで。

 

ボーイスカウト沖縄県連の活動のひとつで

その年にあった「ダウンヒル・ダービー」のお話です。

 

 

「ダウンヒル・ダービー」で検索すると

ALL JAPAN DOWNHILL DERBY CLASSIC 全日本ダウンヒルダービー …

という全国的な大会のサイトがすぐに見つかります。

 

もちろん、ボーイスカウトの活動ですから、この大会とは関係なかったのですが

そこに掲載されている「ダウンヒル・ダービーとは」の説明や写真は

とても参考になりました。

 

 

「ダウンヒル・ダービー」とは、簡単に言えば、動力の付いていない手作りの乗り物(カート)で、重力の力だけで坂を下る速さを競う競技です。

坂を下るだけの簡単な構造の乗り物ですから、”Do It Yourself”(手作り)が得意な人も、ちょっと苦手な人も、気楽に参加することができます。

 

 

それで私たちも大会を前に、オリジナルのカートを制作していきました。

予算が限られていますから、もちろん廃品を利用しながらつくりあげていくものです。

 

制作には規格基準があって、それに合致していなければ参加資格がもらえません。

 

1) 車両重量を10Kgを超えないこと

2) ブレーキがちゃんとあって、しっかりと停車することができること

  (停車させるために足を地面にこすりつけるなんてダメ!)

3) ハンドルで進路変更ができること

 

それ以外は、材質やデザインを何にしようが一切構わないという自由なルールでした。

 

制作過程の写真が残っていますので、紹介します。

 

downhill01

廃品業者から事情を話して、捨てられていた自転車やタイヤを分けてもらいました。

downhill02

素人ですから、設計図なしでアバウトに骨組みをつくりあげていきます。

downhill03

ハンドルをどうしようかと悩みながら、とりあえず車輪はつけてみました。

downhill04

ハンドルも、別の自転車の車輪の廃品を利用したものです。

downhill06

この形のハンドルになるまでに、かなり試行錯誤を繰り返しました。

ちょうど足の折れたパイプ椅子を見つけてきて、運転席としてのせてみました。

downhill05

スカウトたちが乗るものですから、ブレーキはやはり神経質になりました。

downhill07

厚さの薄いベニヤで車体をかたどっています。 

downhill08

ペイントする前の、雰囲気ある木調カート。

 

downhill09

完成形です。

「16」という数字は「那覇16団」だからです。

結構、早かったですよ。

確か優勝(ブルーリボン賞)したはずです。

 

カート作りって、結構はまるのです。

(大人の方が。)

 

 

ウォーキングを始めました  文献から?

 

 

久しぶりに夕方にウォーキングをしました。

 

いつもは、診察室で

「気軽なことから始めましょう。ウォーキングなんかどうですか?」

などとお薦めしているのですが、実際に当の本人がやっているかというと怪しいものです。

 

言行一致であれば説得力もあるのですが、そうでないのをうすうす気づかれているので

やはり、押しが弱くなるのは否めません。

 

 

運動不足は世界的にも問題になっていますし、こんな報告があります。

Effect of physical inactivity on major non-communicable diseases worldwide: an analysis of burden of disease and life expectancy

The Lancet, Volume 380, Issue 9838, Pages 219 – 229, 21 July 2012

 

国別の主要疾患における、運動不足を解消した場合に回避できる推定を示したものです。

冠動脈性心疾患は、6% (東南アジアは3.2%。東地中海地域は7.8%)

2型糖尿病が、7% (3.9 – 9.6)

乳がんが、10% (5.6 – 14.1)

結腸癌が、10% (5.7 – 13.8)

運動不足は早死の原因となるとされていますが、それが、9% ( 5.1 – 12.5 )。

これは、2008年の世界の5700万人の死亡者のうち530万件超が関連すると推定。

運動不足を解消するだけで

世界の平均余命を0.68(0.41-0.95)年延長させることができるとも推定されているのです。

 

 

そういう世界的なたとえを持ち出すまでもなく

「今日、運動しましたか?」の答えに Yes といえるかどうかですよね。

 

 

私も、皆さんに胸をはって「運動しましょう」と言えるように

ウォーキングを始めました!

walking

 

続けようと思います!

(宣言してしまった…)