SF「夜来る」

 

 

三大SF作家と言えば、アイザック・アシモフ、アーサー・C・クラーク、ロバート・A・ハインラインの3人です。

「夜来る」はそのうちのひとり、アシモフによる1941年に発表した短編SF小説です。

  

舞台は惑星ラガッシュ。そこでは6つの太陽が存在し、常に地上が照らされているために「夜」が存在しない世界という設定です。

夜の闇を知らずに文明を築き上げてきたラガッシュでしたが、科学者たちがある事実を発見します。それはこの星に2049年に1度の日食による夜がくること。ラガッシュ人の誰も経験したことのない闇夜が刻一刻と迫る中、狂気にも似た恐怖が人々を襲います。過去にも、日食の周期に一致して、ラガッシュの文明が灰燼に帰していたという史実が、終末教団の聖典に口伝として残っていたのでした。そして、いよいよラガッシュ全体が闇夜に包まれていきます。天を仰ぐ人々は、その光景に打ちのめされていました。天空に、幾千もの星々が強烈な光輝を放って輝き出でていたのです。

 

常に昼しかない世界に夜が訪れたら、その世界の住人はどうなるか?という仮想に基づく小説です。

短編ということもあるでしょうが、一気に読み終えました。名作と言われる所以でもあるでしょう。

「もしも」の設定だけで、これだけ読ませてくれるのですから、さすがアシモフだと感嘆せざるを得ません。

夜を知らないことは、星々の存在を知らないことに他ならなかったということ。極めて教訓的ですし、そこに読者それぞれの面白さを発見するのでしょう。

500冊以上もの書物を世に送り出したアシモフですが、この初期の出世作「夜来る」が最高傑作の短編と評価されることに、複雑な思いを持っていたらしいです。

 

「ゲシュタルトの祈り」

 

「ゲシュタルト療法」について、その単語を聞いたことはありますが、あまり中身を知りません。

「心身一如」や「今、ここ」など、禅(マインドフルネス)的なアプローチに近いものだという認識でいました。

創始者の精神科医であるパールズがつくった詩がウィキペディアにありましたので、紹介しますね。

まず英語の「Wikipedia: Gestalt Prayer」から。

 

I do my thing and you do your thing.
I am not in this world to live up to your expectations,
And you are not in this world to live up to mine.
You are you, and I am I,
and if by chance we find each other, it’s beautiful.
If not, it can’t be helped.

― Fritz Perls, “Gestalt Therapy Verbatim”, 1969

 

次に日本語訳(巷には様々な日本語訳がありますが、今回はウィキペディアから引用します。「ゲシュタルトの祈り」)

 

私は私のために生き、あなたはあなたのために生きる。

私はあなたの期待に応えて行動するためにこの世に在るのではない。

そしてあなたも、私の期待に応えて行動するためにこの世に在るのではない。

もしも縁があって、私たちが出会えたのならそれは素晴らしいこと。

たとえ出会えなくても、それもまた同じように素晴らしいことだ。

 

私なりにまとめると「自分のご機嫌は自分でとること!」になるのかなと思いました。

自分の人生を自分で引き受けなさいということですね。

 

 

自分にごほうび

 

1日に1回は自分自身にごほうびをあげるというのは、わりとおすすめです。

ストレスを感じた時に対処する、いわゆるコーピングリストと内容は重なるかも知れませんが、違うのは「頑張った自分」にごほうびをあげるのですから、自分をよりハッピーにさせるポジティブな意味合いが濃くなります。

仲の良い友人や大切な家族のお祝いの日に、対象者を喜ばせるために知恵を働かせますね。

そこまで力が入ってなくても良いので、自分を喜ばせるために知恵を働かせてみます。

私は最近デザートを楽しみにしています。

コンビニのスイーツのコーナーを一巡りした後、新商品を試します。

これが私の1日1回のごほうびです。

目的はハッピーになること。

自分がどういうことでハッピーになるかを日ごろから研究しておけば、いざという時に役立つのです。

 

 

それでも世界は回る

 

先日も「私が休んだら仕事が回らない」と、体調が悪いのに出勤しようとしている方がいました。

私が県立病院で勤務している時に身を持って思い知らされたことを紹介します。

「その人がいなくては回らない」ことなど世界に一つもないということ。

当時の県立病院には、全国的にも優秀な名物先生が、各科にいました。

人手不足などで離島の中核病院に短・中期的に業務応援で出向しなくてはならない事態がままあったのですが、その名物先生たちが出向しても業務は不思議に回っていたのです。

自分がいないとダメだと思っていたのはその人だけだったのかもと、当時ペーペー医師だった私は生意気な感想を持っていました。

それはいつでも、どの分野のどの場面でも同じことでした。

ですから、正直に言えば「素晴らしき哉、人生!」という映画は、共感できないのです。

自殺をはかる主人公を説得するために、天使は彼の存在がなかったらどうなるかを、実社会で体験させました。

良い結果になったから良かったものの(名作とはそういうものです)、その人の存在意義はそこにあるわけではありません。

現に主人公がいない社会も、内容はどうあれ空中分解せずに回っていました。

「夜と霧」のビクトール・フランクルは「人生の意味」についてこう語っています。

「人が人生に意味を見いだすことのできる主な方法は3つある。第一は、創造によって世界に対し何を彼が与えるかということである。第二は、出会いと経験によって世界から何を彼が受け取るかということである。そして第三は、彼が変えることのできない運命に翼面しなければならない場合に、その苦境に対して彼がとる態度である。これが、人生が意味を持つことを決してやめない理由である。」

フランクルは「人生から呼びかけられ、問いかけられている」と言いました。足元の出来事にどのような態度をとり行動するかです。

「私がいなければ回らない」なんていうおこがましさを忘れることです。

 

 

絵本「じゃあ君が好き」

 

 

ヨシタケシンスケさんの絵本は、考えさせられるものが多く、そこで終わってしまわないものがほとんどですね。

この本は、日常のシーンを切り取った「一コマ漫画」をこれでもかと並べたような構成です。

例えば、食券販売機を前に人の列があって、先頭の男性のせりふ「あああああ この食券自販機 何が何だかわかんない!!」

私もラーメン屋さんで、今までとは違ったタッチパネルの自販機になっていて、やたら時間がかかって、後ろの人たちに申し訳なくて焦りまくった経験があります。

ほかにも、読者がどう思うか試されているのかと思うようなイラストもあります。

日常は、こういう場面が脈絡もなくコマ送りのように過ぎていくものですね。

そこをスルーしてしまうのか、改めてスナップショットのように大切に切り取っておくのか。

ヨシタケシンスケさんがネタ帳を取り出して、「これこれ」とつぶやきながら、忘れないように描きとめておく姿が目に浮かびました。

日常の一コマが私たちの生活をつくっていきます。

ネタ帳をポケットにしのばせて、面白いことを見つけてやろうという気持ちで、ワクワク過ごしたくなりました。

 

童心に近づくために

 

 

最近、外山滋比古氏の言葉に凝っています。氏の言葉は、感心するのと励まされるのが半々で、勉強になるのです。そのひとつを紹介します。

 

「ことばによって、長生きをし、若々しくなる方法がある。

いちばん簡単なのは、新しいことばを毎日すこしずつ覚えることだろう。英語でもフランス語でも、あるいは韓国語でもマレー語でも結構。急がずにすこしずつ勉強する。子供に比べてはるかに覚えが悪いが、それだけ心が老化している証拠である。一生懸命に勉強していると、だんだん「童心」に近くなる。童心がなくてはことばは覚えられないからだ。童心が若さをもたらす。」

 

いろいろとはっとさせられました。

まず「覚えが悪いのは心が老化していう証拠」だということ。「脳が老化」という表現を使わずに、敢えて「心が老化」としているところに感心しました。

未知のことばを知るということは、本来、好奇心を発揮させる機会にほかなりません。新しいことばは、新しい世界を広げてくれるはずです。その新しい世界へ飛び込む資格を持つのは、「童心」を持った冒険者です。

「童心がなくてはことばは覚えられないからだ」は。まさにそのことを述べているのでしょう。

そして、「童心が若さをもたらす」という言葉には、おおいに勇気づけられました。

若いから童心を持つのではなく、その逆なのですね。ふむふむ。

私の周りで実年齢よりも若いと思う人を思い浮かべると、確かにそうです。

ね。こんな言葉に触れたら、新しいことばを勉強しようという気になるじゃないですか!

続くか続かないか、きっと続かないでしょうが、やってみたくなります。童心に近づくための挑戦です。

 

 

SF「幼年期の終り」

 

 

アーサー・C・クラークが1952年に発表した長編小説で、古典SFの中でも特に名作と名高い作品です。70年前にこういった構想がなされたということ自体、驚きを隠せません。

私が思う良いSF小説は常に哲学的です。

哲学者の永井均氏は、「哲学とは、森羅万象を『こうでない可能性』のもとに見るものの見方のこと」と言い、そしてそれはもちろんSFも同様です。

SFの定義は難しいですが、「こうでない可能性」のもとに作者が描く世界を、読者は哲学的思索のもとに自分の中に落とし込んでいくものです。

「私」がこの世界の住人であったとしたら?という想像は、私たちの価値観を揺さぶってくれるものです。

この「幼年期の終り」については、「人類の進化」「異星人との交流」「星間旅行」「ユートピア」などのテーマが扱われ、その後に続く作品だけでなく、あらゆる分野にも多大な影響を与え続けています。(例えば、シンウルトラマンのメフィラス星人は作中の「オーバーロード」そのものです)

「星々は人類のものではない」

作家の想像力が、当時の古い価値観と衝突しているような言葉です。かつて三島由紀夫が「私は心中、近代ヒューマニズムを完全に克服する最初の文学はSFではないか、とさえ思っている」と語ったように、人類と言う視点で物語を語る醍醐味がここにあります。

古典SFに興味があれば、ぜひおすすめしたい作品です。

 

マラソンの日

 

今日は「マラソンの日」なんだそうです。

マラソン競技の起源が、古代ギリシアの「マラトンの戦い」の故事にならったというのは有名ですね。

ギリシア軍とペルシア軍の戦いで、ギリシア軍が勝利し、その勝利を伝えるために戦場のマラトンから首都アテナイまでの40キロあまりの距離を、兵士フェイデピデスが伝令として走り、到着後に勝利を告げて絶命したというものです。

ただしマラソンの距離が42.195Kmになったのは、1908年の第4回オリンピック・ロンドン大会の時に英王室の方々が見えやすいようにとコースを変更したのが始まりで、それが今に至っているというのですから、なんとも面白いお話ですね。

また、フェイデピデスが走り終わった後に絶命したというのも、真実ではなさそうです。

確かに、当時だと100Kmぐらいは日常的に走っていそうな気もしますし、よほどの傷を負っているのでなければ使いの兵士の実力ならば楽に走破してしまうのではないかとも思います。

 

ところで、私の初マラソンは第33回NAHAマラソン(2017年12月3日)でした。

その頃、ランニングの練習は、仕事が終わったあと日が暮れてから新都心公園の周回コースで走るばかりをやっていたので、足元が暗くて下を見るクセがついてしまっていました。

本番でもそのフォームのせいで、応援の友人たちをすべてスルーしてしまい、せっかく応援に来てもらっていたのに気づくことができずに申し訳なかった思い出があります。

それ以上に、完走できるかどうか余裕がなくて、視野狭窄になるぐらい必死だったのでしょう。

「マラソンの日」にちなんで、初心を思い出す良い機会になりました。

 

 

朝の時間

 

日記は翌朝につけた方がいいと「思考の整理学」で有名な外山滋比古さんの別の著書にありました。

一晩寝ているうちに、頭の中の整理ができるのだそうです。

知の巨人はさすがとしか言いようがなくて、レム睡眠の間に、もろもろの知識、情報、刺激が分類されて、保存すべきものと大切でないものを忘れる、ということが行われるのだそうです。

しかも、レム睡眠は一晩で何度も訪れることになり、整理はかなり入念に行われることになります。

そして、こう断言します。「朝目覚めたとき頭がすっきりしている感じになっているのは自然である。」

朝食前の時間を、金の時間だとしていた氏ならではの言葉で、すっきりするだけでなく、朝の寝床でまどろみながらあれこれ空想するのも「よいアイディアが浮かぶ」として枕元にワラ半紙とマジックペンを常備していたそうですから、朝の時間をよっぽど大切にしていたのでしょう。

しかも、朝食前の時間を少しでものばしたくて、朝食をおくらせてブランチを導入したというほどですから筋金入りです。

私が真似できることと言ったら、日記を翌朝につけてみると言うぐらいでしょうか。

でも、朝の忙しい時間帯にできるかなあ。…と否定から入るべきではありませんね。

 

 

「思いやり」

 

今回は論語から一節を紹介します。

「子貢問うて曰く、一言にしてもって終身これを行うべき者ありや。子曰く、それ恕か。己れの欲せざる所は人に施すことなかれ。」

訳してみました。

弟子の子貢が孔子に尋ねた。

『人生を生きていくうえでこれだけは行うべきだと一言で言い切った言葉を教えてください』

孔子の答えはこうだった。『それは「恕」だ。つまり思いやりだ。自分にされたくないことを人にしてはいけないということだ。』

 

「恕」という字は、心の上に如が乗っています。つまり「心の如し」ということになるでしょうか。

自分がされたくないことを人にしないという態度は、真心と思いやりに満ちたものです。

孔子は、「恕」こそが生涯で守るべき唯一のものだと明言していて、言い換えれば「思いやり」を持ちなさいということですね。

「されたくないこと」をさらに言い換えれば、自分のことを考えるように、人にもしなさいということにもなるでしょう。