「日常的サディズム」を理解すること

 

ネットがこれほど普及していない時代でも、「憐れむべきは被害者なのに、その被害者を非難し攻撃する」というのは、普通に見られていたように思います。

最近、「Journal of Personality and Social Psychology」に発表された研究が、この問題を改めて取り上げています。

研究によると、日常的に他人の苦痛から快楽を得る「日常的サディズム」が高い人というのがその傾向が強いのだそうです。

「日常的サディズム」という言葉を聞くと、少しぞっとするかと思います。

そして「自分には関係ないこと」と片付けてしまうかも知れません。

しかし、実はこの言葉、私たちの身の回りにある意外と身近な感情や行動を指しています。

まず「サディズム」というのは、他人が苦しんだり困ったりする様子を見て楽しむ、あるいは快感を得る心理状態のことを言います。

これは、映画や小説の中の悪役の特徴として描かれることが多いですが、「日常的サディズム」は、そういった極端な例ばかりを指すわけではありません。

例えば、友達がつまずいて転んだ時に、思わず笑ってしまったとき。

これは、友達が大怪我をしたわけでもなく、ちょっとしたハプニングに対する反応です。

このような小さなことで他人の失敗を楽しむ心理状態が、実は「日常的サディズム」の一例です。

ただし、これは人を傷つける意図があるわけではなく、日常生活の中で自然に起こり得る感情の一つです。

この「日常的サディズム」は、人によって程度の差があります。

研究チームは、日常的サディズムが被害者非難にどのように影響するかを探求しました。

2,653人の参加者を対象に行われたオンライン調査では、性的暴行やいじめの被害者に対する非難が、特にこの性向が高い人々の間で顕著であることが示されました。

この性質が強い人は、他人が困難に直面している時、その人に対して共感を感じにくかったり、その人自身が原因で困難に陥ったのだと思いがちなのです。

例えば、誰かがいじめられているのを見て、その人に何か悪いことがあったからそうなったのだろうと考えます。

このような考え方は、他人に対する理解や支援を阻害してしまいます。

この研究からわたしたちが学ぶべきは、被害者を非難することの根底にある心理的要因を理解し、それに対抗する方法を見つけることです。

共感や同情は人間の本質的な特徵であり、それを奪われることなく、互いに支え合い、助け合う社会を築くことが、わたしたちの使命の一つであるべきです。

最終的に、この研究は私たちに大切な教訓を与えています。

それは、被害者を非難することは、単に彼らの不幸に対する誤った解釈にすぎないということ。

そして、このような行動や態度が、より深い心理的な要因から生じていることを認識し、それに対処することが、私たち一人ひとりに求められています。

 

元論文:

Sassenrath C, Keller J, Stöckle D, Kesberg R, Nielsen YA, Pfattheicher S. I like it because it hurts you: On the association of everyday sadism, sadistic pleasure, and victim blaming. J Pers Soc Psychol. 2024;126(1):105-127. doi:10.1037/pspp0000464

 

 

医学的エビデンスを主観的に解釈すること

 

専門家たちの意見が食い違うというのは、よく経験しますね。

しかも、彼らは同じ証拠を見ていたとしても、異なる解釈をすることがあります。

これは医学の分野だけでなく、私たちの日常生活にも当てはまる話ではないでしょうか。

例えば、ある風景写真を見て、ある人は山がきれいだと言い、ある人はそこに行ったことがあると言う。

まるでかみ合っていないのですが、けれども出発点は一枚の風景写真ということに違いはありません。

これが、証拠に基づく意思決定の微妙な面です。

特に、新型コロナウイルスのように情報が日々更新される状況では、ガイドラインも頻繁に変わりました。

ここでの主観性は、まるで迷宮の中を進むように、一筋縄ではいきません。

医学的証拠の集積が数十年に及ぶ一般的な疾患においてさえ、意見の相違は存在します。

たとえば、大腸がんスクリーニングの開始時期や方法について、異なる団体が異なる推奨を出しています。

目的地は同じでも、選ぶルートは人それぞれなのです。

新しい証拠が出てくると、ガイドラインは進化します。

しかし、どの証拠を取り入れるか、その価値をどう評価するかについても、専門家たちは意見が分かれるのです。

さらに、ガイドラインを作成する方法にも違いがあります。

一部は文書化されたアプローチを取り、別の部分ではGRADEアプローチなどを用いることで、結論に至るまでのプロセスにバラつきが生じます。

専門家たちは、同じ証拠から異なる質問を導き出し、異なるデータを選び、証拠を異なる視点で評価します。

こうした医学的証拠の主観的解釈は、複雑で解決が難しい問題ですが、この課題に取り組むことで、より良い医療の提供につながります。

研究者は研究の主要な目的や発見に忠実であるべきですし、報道する人々も、不確実性やそのニュアンスを明確に表現する必要があります。

元論文:

Bauchner H, Ioannidis JPA. The Subjective Interpretation of the Medical Evidence. JAMA Health Forum. 2024;5(3):e240213. Published 2024 Mar 1. doi:10.1001/jamahealthforum.2024.0213

 

 

高齢者の転倒のリスク要因

 

高齢者の転倒は、ある時突然にやってきます。

転倒自体が直接的な傷害を引き起こすだけでなく、日常生活での自信の喪失や活動の制限など、さらなる深刻な波紋を生み出してしまいます。

高齢者に「この前転んだから外を歩くのが怖い」と言われたら、こちらも運動の提案を慎重にならざるを得ません。

そのため、高齢者における転倒予防は、ただ単に身体的健康を守ること以上の意味を持ちます。

過去1年間に転倒を報告した人、転倒への不安がある人、または歩行速度が0.8~1 m/s未満の人は、転倒予防介入を受けるべきとされています。

またアメリカ国内の調査では、転倒の79%が家の中で発生し、最も一般的には寝室で起きています。

以前に転倒したことのある高齢者は、転倒しなかった高齢者と比べて、今後6〜24ヶ月以内に再び転倒する可能性が高いことも示されています。

平均リスクから高リスクの集団における59のランダム化比較試験(RCT)のメタ分析により、機能的運動による脚の力とバランスの向上が、転倒予防に推奨されています。

私たちが転倒予防に取り組む際、「多因子リスク削減」のアプローチが特に有効であることが指摘されています。

「多因子リスク削減」とは、複数のリスク要因に同時に対処することを意味します。

これには、身体的な運動の強化、家の安全性の向上、そして薬剤の見直しや減量が含まれます。

なかでも薬剤の減量は転倒予防における重要な戦略の一つとされています。

高齢者が使用する薬剤の中には、残念ながら転倒のリスクを高めるものが多く存在しています。

これらは、平衡感覚を損なうことから、直接的に転倒につながる可能性があるためです。

特定の薬剤、特に血圧降下薬、睡眠薬、抗不安薬、抗うつ薬などは、転倒のリスクを高めます。

これらの薬剤は、起立性低血圧やふらつき、意識の混濁などを引き起こし、結果として転倒に至ることがあります。

ところが、高齢者の方々は、これらの薬剤の種類を減らすことをなかなか同意してくれません。

安易に睡眠薬を求めたり、逆に「今の睡眠薬は効かないからもっと強いものにして」と要求してくる方が多いのです。

医療者としては薬剤の必要性を再評価し、可能であれば減量や他の治療方法への変更を検討したいのですが、すすまないのが現状です。

薬剤の減量を成功させるためには、患者自身がこのプロセスに積極的に関与することが重要なのだと言います。

医師や薬剤師は、薬剤の減量がなぜ必要なのか、どのようなメリットがあるのかを患者に説明し、理解と協力を得る必要があります。

また、薬剤の変更に伴うリスクや不安を軽減するための支援も重要です。

最終的に、転倒予防は単一の対策ではなく、多面的なアプローチが必要です。

薬剤の減量はその一環であり、患者の生活全体に対する配慮とサポートが必要とされます。

 

元論文:

Colón-Emeric CS, McDermott CL, Lee DS, Berry SD. Risk Assessment and Prevention of Falls in Older Community-Dwelling Adults: A Review. JAMA. Published online March 27, 2024. doi:10.1001/jama.2024.1416

 

 

ビジュアル・シンカーの脳

 

 

時代は変わり、私たちの認識も変わってきました。

かつては理解されにくかった人々も、今日ではその能力が認められ、社会の多様な場面で輝けることも可能になってきました。

その最たる例が、この本の著者テンプル・グランディン教授です。

彼女は自らがオーティズムスペクトラムにあることを公にしながら、家畜産業における革新的な改善を行い、動物科学の分野で高く評価されています。

グランディン教授の人生と業績からは、特に三つの重要な教訓が浮かび上がります。

一つ目は、オーティズムスペクトラムにある人々が持つ多様な思考の力です。

彼女自身が「物体視覚化思考者(ビジュアル・シンカー)」として、具体的な画像を思考の中心とする特性を持つ一方で、世の中にはパターンを認識する思考や、言葉による思考を得意とする人々もいます。

これら異なる思考のスタイルが、多様な問題解決策を生み出す源泉となり得るのです。

二つ目は、オーティズムのラベルに囚われすぎてはならないということ。

グランディン教授は、オーティズムスペクトラムにある人々が直面する困難に目を向けつつも、それによって彼らの能力が見過ごされがちであることに警鐘を鳴らしています。

彼女は、実際に多くのオーティズムスペクトラムにある人々が、特に技術や創造性が求められる分野で大きな成果を上げていると指摘しています。

三つ目は、実践的な学びの価値です。

グランディン教授は、自身の経験を通じて、具体的な作業や実験から得られる知見の重要性を説いています。

彼女の成功は、教室の中だけでなく、実際に手を動かし、物事を作り出す経験の中に根ざしているのです。

この三つのポイントは、私たちが教育や就労の場で多様性をどのように取り入れ、育んでいくべきかについて、貴重な示唆を提供しています。

グランディン教授の提案するように、伝統的な評価や採用の方法を見直し、それぞれの個性と能力を正しく評価するシステムへの転換が求められています。

私たちは、各々が持つ独特の思考のパターンや能力を理解し、尊重することで、より豊かで柔軟な社会を築くことができるはずです。

グランディン教授の人生は、オーティズムスペクトラムにある人々が直面する挑戦だけでなく、その無限の可能性をも私たちに教えてくれます。

彼女のメッセージは、一人ひとりが持つ独自の才能を認識し、それを社会全体で支え合うことの大切さを改めて思い起こさせてくれます。

グランディン教授が若い自分に伝えたかったという「高校を卒業すれば、物事は良くなる」という言葉を、私たちも心に留めておくべきだと思います。

 

 

ASMRって何?

 

ASMR(Autonomous Sensory Meridian Response)という用語は、私たちの日常のリラクゼーションや睡眠支援手段として、広く知れわたっているように思います。

その背景には、YouTubeやTikTokなどでのインターネットによるASMRコンテンツの普及があります。

しかし、多くの人が関心を寄せているわりに、科学的な研究はそれほど進んでいないように思います。

そんななか、ルール大学ボーフムのTobias Lohaus氏らが行った「ASMR: A PRISMA-Guided Systematic Review」という包括的なレビューが出ました。

ASMRは、特定の視覚や聴覚の刺激によって、「頭がぞわぞわする感覚」や「背中にかけてのチリチリした感じ」、心地よさやリラクゼーションを引き起こす現象です。

個人によって感じ方や強さは異なるものの、多くの人々に共通の体験を提供しています。

Lohaus氏らの研究チームは、PubMed、SCOPUS、Web of Scienceなどのデータベースから、ASMRに直接関連するオリジナルの実証研究を含む科学論文を厳格に選定し、分析しました。

彼らのレビューでは、54の研究がこの基準を満たすことが確認され、ASMRの経験がどのようにして一貫したものとなるのか、そのメカニズムを明らかにしました。

ASMRを感じるトリガーは人それぞれで、囁き声や紙の音、髪を梳かす音、優しい手の動きなど、様々なものがありました。

また、個人によっては、静かな環境で細かい作業をする動画や、軽いタッチ、注意深い視線を感じさせるような動画からASMRを感じることもあります。

ASMRには、ストレスや不安の軽減、特定の性格特性との関連、認知的結果への影響など、心理的および生理的な相関関係が存在することが明らかにされています。

また、特定の脳活動パターンや心拍数、血圧の低下など、リラクゼーションとストレス解消に関連する生理学的な測定値にも影響を与えることが示されています。

しかし、ASMRが長期的なメンタルヘルスに与える影響については、まだ確かな研究結果が得られていないため、今後の研究でこの点を明らかにする必要があります。

ASMRが持つリラクゼーションやメンタルヘルスに対する潜在的な利点を探ることで、将来的には新しいリラクゼーション技術としての可能性が広がるかもしれません。

 

元論文:

Lohaus, T., Schreckenberg, S. C., Bellingrath, S., & Thoma, P. (2023). Autonomous sensory meridian response (ASMR): A PRISMA-guided systematic review. Psychology of Consciousness: Theory, Research, and Practice. Advance online publication. https://doi.org/10.1037/cns0000368

 

 

「触れること」の希薄な世界

 

仏教では五感こそが苦の原因であるとする教えがあります。

「五蘊苦」と呼ばれるものですね。

五蘊とは、色(視覚)、受(触覚)、想(嗅覚)、行(味覚)、識(聴覚)の五つの要素を指します。

これらの要素は、私たちが世界を認識するために必要なものですが、同時に、これらの要素は苦しみの原因にもなります。

なぜ五感が苦しみの原因になるのでしょう?

それは、五感を通して得られる情報は、常に変化するものだからです。

例えば、美味しいものを食べていると、最初は幸せを感じます。

しかし、食べ続けていると、飽きてしまったり、胃がもたれたりして、苦しみを感じるようになります。

五感を通して得られる情報は、常に変化し、苦しみを生み出してしまいます。

ですから、仏教では、この苦しみから逃れるためには、五感に執着しないことが重要であると説きます。

五感に執着しないためには、五感を通して得られる情報を客観的に観察すること。

例えば、美味しいものを食べていると感じたら、その味をただ味わうのではなく、「これは美味しい」という考えが頭に浮かんでいることに気づくようにします。

このように、五感を通して得られる情報を客観的に「観察する」。

これがマインドフルネスにつながるものですね。

しかし、現代は「触れることを忘れた世界」とも言えます。

デジタル化が進む中で、私たちの生活はますます便利に、そして快適になっていきました。

人間はこの世に生を受けた瞬間から、周囲の世界を五感で捉え、体験を通して学んでいくものです。

子どもの頃、泥だらけになりながら遊んだり、木に登ったりした経験は、単に楽しい時間を過ごすだけでなく、重要な学習過程でもありました。

それは、世界を直接「触れる」ことによって得られる、貴重な知識と経験の蓄積です。

しかし、現代社会では、この「触れる」機会が減少しています。

「二次元」のお話だけでなく、バーチャルの世界や1日中変化しない人工照明の下で過ごす時間。

これらは、私たちの(特に「触れる」という)感覚を鈍らせてはいないでしょうか。

「触れる」ことの価値を、逆に再認識する必要があるかも知れません。

 

 

ICUでの冠動脈疾患の重症度スコア

 

一般の方には馴染みが薄いはずですが、重症度スコアというものがあります。

代表的なものが、敗血症関連臓器不全評価スコア(SOFA)やオックスフォード急性疾患重症度スコア(OASIS)と呼ばれるものです。

SOFAスコアは、主に敗血症の患者に対して、臓器不全などの程度を評価するために用いられます。

SOFAスコアが高いほど、臓器不全の程度が重く、予後が悪いことを示します。

一方で、OASISは急性疾患の重症度を評価するために設計されたスコアです。

これは入院時の患者の状態を反映し、重症度と予後を推定するために用いられます。

では、なぜスコア化する必要があるのでしょうか。

これらは、治療の優先順位や介入の必要性を判断するための基準として利用されたりします。

例えば、SOFAスコアが急速に上昇する患者は、即座に集中治療が必要な可能性が高く、この情報は医療チームが迅速に対応するための重要な指標になります。

つまり、患者ケアを科学的かつ包括的にアプローチするために利用するのです。

もちろん、実際の現場では、スコア化された数字のみで判断するわけではありません。

正確な評価と効果的な治療方針のためには、これらのスコアを他の臨床的情報や患者の全体的な状況と組み合わせる必要があります。

…というわけで、ここからが本日の本題です。

今回は、SOFAやOASISとは違った、新しいスコアシステムを提案した研究の紹介です。

この研究では、集中治療室(ICU)での冠状動脈疾患(CHD)患者の予後を見極めるために、血中尿素窒素(BUN)と血清アルブミンの比率(BAR)を取り上げていました。

この指標は患者の栄養状態、脱水症状、肝機能、そして最も重要な腎機能を包括的に表したものです。

院内死亡、28日死亡、1年死亡の3つの主要な成果指標を測定したところ、BARはこれらすべてにおいて有効な予測因子であることが確認されました。

特に1年死亡率において、BARは敗血症関連臓器不全評価スコア(SOFA)やオックスフォード急性疾患重症度スコア(OASIS)よりも優れていました。

しかし、スコアシステムそれぞれに特徴があり、評価する目的が違います。

これらを総合して判断し、重症の患者に対してどう治療を施すのか、医療者にとってはそれこそが常に問題となります。

 

元論文:

Zhang L, Xing M, Yu Q, Li Z, Tong Y, Li W. Blood urea nitrogen to serum albumin ratio: a novel mortality indicator in intensive care unit patients with coronary heart disease. Sci Rep. 2024;14(1):7466. Published 2024 Mar 29. doi:10.1038/s41598-024-58090-y

 

 

「座らない」というだけで効果がでる

 

私たちの日常生活は、さまざまな習慣によって形成されています。

特に高齢になると、健康を維持するための新しい習慣を取り入れることは容易ではありません。

ワシントン州で行われたある研究が、高齢者の健康促進に向けた新たな道を示しています。

それは、単に座る時間を減らすことの効果を検証したものでした。

この研究は、60歳から89歳の高齢者283人を対象に、2019年1月から2022年11月にかけて行われました。

参加者は、日常的に多くの時間を座って過ごす人々で、身体活動の少なさが心血管健康への懸念を招いていました。

研究チームは、参加者を2つのグループに分け、一方には座る時間を減らすための具体的な介入を施し、もう一方には一般的な健康生活に関する注意を向ける対照条件を設定しました。

介入グループの参加者には、10回のコーチングとともに、座る時間を減らすための具体的な目標設定、立ちデスクの提供、フィットネストラッカーを用いた座位を中断させる工夫が導入されました。

これらの工夫は、参加者が自らの座位行動を見直し、より健康的な生活様式へと導くためのものです。

研究の結果は、座る時間を意識的に減らすことの有効性を明確に示しました。

介入グループでは、平均で1日当たり30分以上座る時間が減少し、これが血圧の低下にもつながりました。

特に、収縮期血圧が平均で3.48mmHg低下したのです。

これは、座る時間を減らす単純な行動変化が、高齢者の心血管健康改善に有益な影響を与える可能性を示しています。

そして、この研究が示すのは、決して大げさな行動変革が必要ではないということです。

日常生活の中で小さな変更を加えることで、血圧を改善し、より健康的な生活を送ることが可能になりました。

これは、高齢者に限らず、すべての人にとって有益な情報で、日々の生活の中で簡単に実践できる健康へのアプローチと言えるでしょう。

 

元論文:

Rosenberg DE, Zhu W, Greenwood-Hickman MA, et al. Sitting Time Reduction and Blood Pressure in Older Adults: A Randomized Clinical Trial. JAMA Netw Open. 2024;7(3):e243234. Published 2024 Mar 4. doi:10.1001/jamanetworkopen.2024.3234

 

 

孤独感は人格を徐々に変えていく

 

孤独とは、私たちの心に静かに忍び寄り、時には心の深層にまで影響を及ぼしてしまうものです。

その孤独感が、特定の人格を形づくっていくことを明らかにした研究があります。

かつて人格は、生まれつきのものであり、変わることのない固定された特性と考えられがちでした。

しかし、最近の研究では、私たちの人格は思いのほか柔軟で、生涯を通じて変化するものだということが明らかになっています。

つまり、孤独を感じることで、私たちの社交性、友好性、日々の生活への取り組み方が徐々に変化していくのだそうです。

神経症の傾向がある方というのは、孤独を感じやすい傾向にありますが、孤独感もまた神経症傾向を増加させていきます。

負の感情は孤独感を導くだけでなく、孤独感がさらに負の感情を引き起こす悪循環が存在するのです。

孤独感は、単に寂しいという感情以上のものであり、私たちの人格発達における重要な要因となるわけです。

言い換えれば、孤独感に対処することは、社会的スキルを向上させることだけでなく、人格特性を育むチャンスとなり得ます。

孤独感を経験することは、時には避けられないものかもしれませんが、それを成長と発展の機会として捉えることで、私たちはより強く、より豊かな人間へと進化することができる。

この研究の落としどころとしては、そんな感じになるのでしょうか。

 

元論文:

Mohsen Joshanloo,Within-person associations between personality traits and loneliness controlling for negative affect,Personality and Individual Differences,Volume 223,2024,112609,ISSN 0191-8869,https://doi.org/10.1016/j.paid.2024.112609.

 

 

「よく噛んで食べること」の効用

 

食後の高血糖に対応した「食べる順ダイエット」などの発想は、目から鱗だった記憶があります。

その気になれば誰でも取り組めますし、何をどう食べるかという視点は「食事を摂ること」の奥深さを今さらに感じたものでした。

そして、昔から「よく噛んで食べなさい」と言われてきたり、実際に、日常でも「早食いや丸呑みは良くないですよ」と注意もしてきました。

それは、よく噛んで食べることが消化を助けるだけでなく、食後の血糖に対する科学的根拠があってのことでしたが、今回紹介する論文はそれをさらに発展させたものです。

咀嚼という行為が、いかに私たちの体内の化学反応に影響を与えるかを明らかにしたものでした。

研究者たちは、19名の健康な若い男性に、キャベツを用いた二つのテストを実施しました。

一つはキャベツを細かく切って噛んで食べる「咀嚼」試験、もう一つはピューレにして咀嚼せずに食べる「非咀嚼」試験です。

食事の後、血糖値、インスリン、そしてインクレチンホルモンであるGLP-1とGIPのレベルを測定しました。

結果のグラフを示しますね。

最も目を引くデータは、咀嚼によるインスリンとGIPの分泌増加でした。

グラフから明らかなように、咀嚼試験ではこれらのホルモンのiAUC(増分面積)が非咀嚼試験よりも有意に高かったのです。

これは、食べ物をしっかり噛むことが、血糖を制御するホルモンの分泌を促すことを意味します。

しかしながら、これらの変化が血糖値自体に直接的な影響を及ぼすわけではないようです。

血糖値のiAUCは両試験間で大きな違いは認められませんでした。

これは食事後の血糖レベルの変動には咀嚼が直接関わっていない可能性を示唆しています。

GLP-1の結果も注目に値します。

咀嚼試験でのGLP-1のレベルは高い傾向にありましたが、統計的に有意な差は見られませんでした。

このホルモンは、インスリンの分泌を刺激し食欲を抑制することで知られていますから、咀嚼の効果があるかもしれませんが、さらなる調査が必要です。

この研究が示すのは、咀嚼が私たちの消化と代謝に微妙ながら重要な影響を及ぼす可能性があるということです。

食物を丁寧に噛む行為は、単に消化を助けるだけでなく、血糖を管理するホルモンの動きにも良い影響をもたらすことが示されました。

そして、食事前に野菜サラダをよく噛んで食べると、インスリン分泌が増加するという今までの考えを裏づけてもいます。

今回の実験の対象者は健康な若い成人でしたが、若くても「よく噛んで食べる」必要があるということですね。

 

元論文:

Kamemoto K, Tataka Y, Hiratsu A, et al. Effect of vegetable consumption with chewing on postprandial glucose metabolism in healthy young men: a randomised controlled study. Sci Rep. 2024;14(1):7557. Published 2024 Mar 30. doi:10.1038/s41598-024-58103-w