倍速作戦?

 

当然ですが、時計の針は、秒針だと1秒ごとに1秒分だけ、分針だと1分ごとに動くようになっています。それが時計というものです。

針の速度が一定であることが前提ですし、そもそも勝手に進んでいたりしたら、不良品として下手すると廃棄処分です。正しい時刻を示さない時計は迷惑なだけですから。

そういう常識もあって、この論文のタイトルの初見はさすがに「?」でした。

 

時計の表示時間速度制御による単純作業の処理速度向上手法, 伴祐樹・櫻井翔・鳴海拓志・谷川智洋・廣瀬通孝. 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, 21(1), 109-120.

 

つまり、作業の処理速度を向上させるために、時計の針の速度を調整する方法がうまくいったと言うのです。

作業効率は時間感覚に影響されることがわかっています。〆切りギリギリの残り時間で圧倒的なスピードを発揮する、「火事場の馬鹿力」的な、アレです。

それを人為的にこしらえることができないか?というものですね。

具体的には、時計の針を1.5倍速に動かしました。

すると、速度を変えない(普通の)時計や0.67倍に遅くした時計に比べて、作業量を向上させることができたのだそうです。しかもエラー率も低下していたとのこと。

時間感覚というのはつくづく視覚に頼るところが大きいのですね。見事に錯覚を起こしてサイボーグ009の加速装置を装着した感じにでもなるのでしょうか。

でも、アナログ時計で1.5倍速に進むものなど簡単に手に入りそうにありません。スマホアプリで探してみたら、iOSアプリにありました!(すみません。Androidでは探していません)

「Lucky Clock」というアプリで、設定で「この時計の1時間は何分」で、30分から90分まで10分ごとに設定可能です。

1時間の1.5倍速は45分ですが、40分か50分で構わない気がします。

やはり、これは自ら試してみたいと思いました。体験してみないとわからないこともあります。

今度の事務作業の時期がきたら、この時短作戦を実行してみたいと思います。

 

 

飽き性とは

 

私は「飽き性」な人間です。(周囲の人間には分かりきったことですが…)

割といろんなことに興味を示して、ある程度まではやってみますが、やがて「飽きた」と感じる瞬間が訪れて、途端に興味が薄くなるのです。

ところが、変なところでやたらと続いていることなどもあって、誤解されている部分があります。ひとつのことを長く続けられる粘り強い性質だと勘違いされたりしていて、言われているこちらが恥ずかしくなります。

占い本でよく目にする「熱しやすく冷めやすい」というやつですね。

ニーチェは「飽きること」に対して、こんなことを言っています。

「手に入れたものに慣れてしまったから飽きるのだ。 けれどもそれは、本当は自分自身に飽きているということだ。 手に入れたものが自分の中で変化しないから飽きるのだ。 つまり、自分自身が成長し続けない人ほど飽きやすいことになる。 人間として成長を続けている人は、自分が常に変わるのだから、 同じものを持ち続けても少しも飽きない。」

つまり、「飽きるのは自分の成長が止まっている」からなのだそうです。

今までの「飽きたこと」を振り返ってみると、なるほどそうかも知れません。

逆に続いていることを考えてみると、確かにそうです。確実に自分の中の変化が見えたものは続いています。

「継続」という言葉は「以前から行われていた事が引き続いて行われること」という意味ですが、決して同じ状態を保ち続けることではないのですね。

続けることの秘訣は、変化し続けることなのだと改めて思いました。

飽き性の私が、変なところで続いているものがあるというのも、それを踏まえればわかったような気がします。

当たり前ですが、何ごとも成長が大事だということですね。

 

 

大人の習い事

 

ストリートアカデミーという会社が「2023年大人が挑戦したい習い事」のランキングを発表していました。

男性の1位が「動画編集」、2位「英語」、3位「ビジネススキル」、4位「写真撮影・編集」、5位「ピアノ・ギターなど楽器」、同率5位「マネー節約/資産/投資等」と続きます。

女性が、1位「料理」、同率で「英語」、3位「ヨガ・ピラティス」、4位「占い」、5位「動画編集」という結果だったそうです。

「動画編集」は今の時代を反映していますね。スマホアプリで簡単な動画編集ができてしまう世の中ですし、YouTubeにあげるつもりがなくても、子どもが小さかったら私も編集スキルは習得していたかったと思います。

面白いなあと思ったのが、男性では7位「パーソナルトレーニング・筋トレ」と同率7位の「対人コミュニケーション」、女性の9位「瞑想・マインドフルネス」でした。

私の感覚ではこれらは(瞑想などは特に)自分で習得するもので人から習うものではないと思っていたのですが、考え方が古かったようです。

きっとマスター・ヨーダのような指導者がいた方が習得も早いし確実でしょう。

特に筋トレなどはパーソナルトレーナーについてもらいたいという憧れはあります。(憧れだけですが)

 

 

心の山小屋

 

 

ヘッセの小説などから胸に響く言葉を選び、コレクションした本です。

ヘルマン・ヘッセと言ったら、私にはどうしても「車輪の下」や「デーミアン」などのイメージが強く、かなり構えてしまう感じです。

わかりにくいでしょうが、私の「ザ・純文学」は、ヘルマン・ヘッセなのです。理解していないをそのままに、それがどうでも良くなってしまって最後まで通してしまう…感じです。

さて、本題です。こんな一節を見つけました。

 

 

「自分の心の奥深くに、誰もそこへ足を踏み入れることのできない静かな山小屋のような場所を用意しておきなさい。 そして、何か困ったことが起きたとき、決断をしなければいけないとき、自分の道を確かめなければならないとき、そこへと戻って本当の自分自身の心とゆっくりと言葉を交わしなさい。 そこはきみだけの秘密の避難所であり、きみが再び生まれ変わるたいせつな場所だ。」

 

名作「シッダールダ」からの引用です。

ヘッセ先生の言う通り。共感しかありません。

ずっと前に読んだことがあるはずですが、今は本が手元にないので、どの箇所からの引用かは不明です。

こんな山小屋が心にあったら、どんなに良いかと思います。

きっと素晴らしい場所に違いないのですが、この小屋をつくるのがなかなか難しいです。

だらしのない私はそれができないから、困ったことが起きるといつもパニックになります。

 

追悼 憧れのギター・ヒーロー

 

1月10日に、ロックギタリストのジェフ・ベックの訃報が世界中を駆け巡りました。

享年78歳だったそうです。昨年、ジョニー・デップとコラボしたアルバムをリリースしたばかりでしたし、そのライブ映像では、年齢を感じさせない鍛え抜かれた体が健在でしたから、本当にびっくりしました。

3大ギタリストと言えば、ジェフ・ベック、エリック・クラプトン、ジミー・ペイジですが、私にとってほかの2人に比べて、ジェフ・ベックは「ザ・ギタリスト」というイメージがあります。

私の場合、ビートルズがどうしても時間軸になってしまって申し訳ないのですが、そのためにエリック・クラプトンに寄ってしまいがちで、正直、ジェフ・ベックを集中して聞いていた感じではありませんでした。

ところが、昨年リリースのアルバム「18」は、ジョニー・デップと組んだということもありましたし、やはり興味深く聞かせてもらっていました。

どの曲もそうなのですが、特に「Isolation」という曲は、ベックらしさが凝縮していると思いました。

「Isolation」はカバー曲で、オリジナルはジョン・レノンのアルバム「ジョンの魂」に収録されています。

オリジナルはジョン・レノンが演奏するピアノとボーカル、後半のオルガンが印象的です。

ジェフ・ベックは、それをギター的にアグレッシブにアレンジしています。

終盤の10秒近いギターのサステインが、強烈な緊張感を漂わせます。

 

 

「時代の矛盾」

 

1995年にボブ・ムーアヘッドという牧師が、ラジオ放送で説教を行いました。「The Paradox of Our Age」というタイトルで知られているものです。

一時期、70~80年代のコメディアン、ジョージ・カーリンがそれを引用したエッセイが広まり、都市伝説のようになっていました。

少し長いですが、訳文を載せますね。(いくつかのバージョンがありますが、ジョージ・カーリン版の方です)

 

 

この時代に生きる私たちの矛盾とは、ビルは空高くなったが人の気が短くなった。高速道路は広くなったが視野は狭くなった。

お金は使っているが得る物は少なく、たくさん物を買っているが楽しみは少なくなっている。

家は大きくなったが家庭は小さくなり、より便利になったが時間は前よりもない。

たくさんの学位を持ってもセンスはなく、知恵は増えたが決断することは少ない。専門家は大勢いるが問題は増えている。薬も増えたが健康状態は悪くなっている。

飲み過ぎ吸い過ぎ浪費し笑うことは少なく、猛スピードで運転し、すぐ怒り、夜更かしをしすぎて起きた時は疲れすぎている。読むことは稀で、テレビは長く見るが祈ることはとても稀である。

持ち物は増えているが自分の価値は下がっている。

しゃべりすぎるが、愛することは稀であるどころか憎むことが多すぎる。

生計のたてかたは学んだが人生を学んではいない。長生きするようになったが長らく今を生きていない。

月まで行き来できるのに、近所同士の争いごとは絶えない。

世界は支配したが、内世界はどうなのか。

前より大きい規模のことはなしえたが、より良いことはなしえていない。

空気を浄化し、魂を汚した。

原子核を分裂させられるが、偏見は取り去ることができない。

急ぐことは学んだが、待つことは覚えず。

計画は増えたが、成し遂げられていない。

たくさん書いているが学ばず。

情報を手に入れ多くのコンピューターを用意しているのに、コミュニケーションはどんどん減っている。

ファスト・フードで消化は遅く、身体は大きいが人格は小さく、利益に没頭し人間関係は軽薄になっている。

世界平和の時代と言われるのに家族の争いはたえず、レジャーは増えても楽しみは少なく、たくさんの食べ物に恵まれても栄養は少ない。

夫婦で稼いでも、離婚も増え、家はよくなったが家庭は壊れている。

忘れないでほしい。
愛するものと過ごす時間を、それは永遠には続かないのだ。

忘れないでほしい。
すぐそばにいる人を抱きしめることを。
あなたが与えることができるこの唯一の宝物には、1円もかからない。

忘れないでほしい。
あなたがパートナーや愛する者に「愛している」と言うことを、心を込めて。あなたの心からのキスと抱擁は傷を癒してくれるだろう。

忘れないでほしい。
もう会えないかもしれない人の手を握り、その時間を慈しむことを。愛し、話、あなたの心の中にあるかけがえのない想いを分かち合おう。

人生はどれだけ呼吸をし続けるかで決まるのではない。どれだけ心のふるえる瞬間があるかだ。

 

以下に原文を載せます。(これもかなり長いです。)

“The paradox of our time in history is that we have taller buildings but shorter tempers, wider Freeways, but narrower viewpoints. We spend more, but have less, we buy more, but enjoy less. We have bigger houses and smaller families, more conveniences, but less time. We have more degrees but less sense, more knowledge, but less judgment, more experts, yet more problems, more medicine, but less wellness.

We drink too much, smoke too much, spend too recklessly, laugh too little, drive too fast, get too angry, stay up too late, get up too tired, read too little, watch TV too much, and pray too seldom. We have multiplied our possessions, but reduced our values. We talk too much, love too seldom, and hate too often.

We’ve learned how to make a living, but not a life. We’ve added years to life not life to years. We’ve been all the way to the moon and back, but have trouble crossing the street to meet a new neighbor. We conquered outer space but not inner space. We’ve done larger things, but not better things.

We’ve cleaned up the air, but polluted the soul. We’ve conquered the atom, but not our prejudice. We write more, but learn less. We plan more, but accomplish less. We’ve learned to rush, but not to wait. We build more computers to hold more information, to produce more copies than ever, but we communicate less and less.

These are the times of fast foods and slow digestion, big men and small character, steep profits and shallow relationships.

These are the days of two incomes but more divorce, fancier houses, but broken homes. These are days of quick trips, disposable diapers, throwaway morality, one night stands, overweight bodies, and pills that do everything from cheer, to quiet, to kill. It is a time when there is much in the showroom window and nothing in the stockroom. A time when technology can bring this letter to you, and a time when you can choose either to share this insight, or to just hit delete…

Remember, to spend some time with your loved ones, because they are not going to be around forever. Remember, say a kind word to someone who looks up to you in awe, because that little person soon will grow up and leave your side.

Remember, to give a warm hug to the one next to you, because that is the only treasure you can give with your heart and it doesn’t cost a cent.

Remember, to say, “I love you” to your partner and your loved ones, but most of all mean it. A kiss and an embrace will mend hurt when it comes from deep inside of you.

Remember to hold hands and cherish the moment for someday that person might not be there again. Give time to love, give time to speak! And give time to share the precious thoughts in your mind.”

 

 

「ありがとう」の練習

 

 

人望というものは欲しても手の届くものではないことは十分承知しているのですが、参考までにと思って目を通してみました。

なるほど面白い箇所がありました。「ありがとう」と言うときの6つのルールというものです。

「ありがとう」の効用は巷に転がっていても、確かに、そんなルールは小学校の道徳の時間でも教わったことはありませんでした。みんなに感謝しましょうというのはありましたが、考えてみれば、その作法を教えてもらったことはなかった気がします。

この筆者が提唱する6つのルールとは、以下のようなものです。

 

1 心をこめて言う。

2 口ごもらずに、はっきりと言う。

3 相手の名前を言う。

4 相手の顔を見る。

5 相手に感謝する努力をする。

6 相手が思いもよらないときに感謝する。

 

特に「5 相手に感謝する努力をする」には、こんな説明があります。

 

「相手に感謝すべきことを意識的に探してみよう。それが思い浮かぶまで待ってはいけない。感謝の気持ちは人間の自然の性質ではないから、それが習慣になるまで練習する必要がある」

 

そして、その例として「朝のコーヒーがおいしいと感じたら、奥さんをほめよう」なんだそうです。

うむむ…。私がそんなことをしだしたら、痛くない腹を探られるばかりか、「フラグが立ちまくって怖いからやめて」と言われそうです。

確かに、人をほめたり感謝を伝えたりするのは、練習が必要かも知れない…。そう思いました。

 

「因果の法則」の是非

 

 

この本はヴィトゲンシュタインの言葉を切り取って紹介してくれています。

ヴィトゲンシュタインの哲学をひとつまみの言葉で理解しようとするのは大間違いであることはわかっているのですが、理解ではなく、我々凡人にとって哲学者の言葉はお札(おふだ)のようなものです。

共感できる言葉に勇気をもらい「自分は間違っていない」というお守りです。あるいは自分にはない視点から世界を広げてもらう神符です。

(一度頑張って「論理哲学論考」を読んでみましたが、私には難解すぎたようです。)

さて、この本にこんな一節がありました。

 

「これをやったらこういう結果になる、という因果の法則なんてものは存在しない。 わたしたちが原因と呼んでいるものは、すべて勝手に決めた仮説だからだ。一つの原因が必ず特定の結果を生むことはない。 あることを行ない、それがどういう事態を生むかは前もって知ることなどできはしない。何でも起こりえる。また、何も起きないこともある。 だから、行動することに怖じ気づくな。心配するな。果敢に行なえ。行なわないで悔やむよりはずっとましだ。」

 

「ヴィトゲンシュタインの講義Ⅰ」からの引用とありますから、「論考」に比べてくだけているのはそのためですね。

この言葉のメッセージはいたってシンプルです。

「因果の法則なんてありえない」

ずっと仏教に親しむ私には、なんとも衝撃的な言葉です。けれども、なぜか、少し立ち止まって吟味したくなる魅力的な言葉ではあります。

ヴィトゲンシュタインは、原因はすべて仮説であると断じています。

仮説である以上、行き着く先は誰もわからない。

まるでW杯サッカー日本代表のことを言っているようですね(笑)

スペイン・ドイツと同組となり、グループ突破は絶望的だと言われていた姿と重なります。

「因果の法則」を持ち出して何も行動しないのは、愚の骨頂です。

挑戦者に「因果の法則」はありえないのかも知れません。

 

「バオー来訪者」

 

 

もう35年も前になるのですね。

「ジョジョの奇妙な冒険」の連載のスタートが1987年。連載開始の当初は、当時の少年誌には珍しく舞台が外国であったり、古風な設定や展開が続いていたので、大丈夫かと心配していた記憶があります。残念ながら、先見の目がない私には気になる作家の一人ぐらいの存在でした。

ただ、私よりオタク度の高かった友人が荒木飛呂彦先生をすでにべた褒めしていて、前作の「バオー来訪者」を絶対読むべきだと強くススメてくれたのが、ハマるきっかけとなりました。

このマンガは今でもやはり時々思い出しては読み返したくなります。

「少年ジャンプ」では浮いた存在だったと思うのですが、人間を超えた究極生物を描くことに関しては、やはり荒木先生は天才です。

もちろん、まだ粗削りな画風ですが、それがまた良いのです。

「ジョジョの奇妙な冒険」第2部を彷彿とさせる描写が随所にちりばめられています。

そして、セリフのセンスはもちろんのこと、意表をつくオノマトペもすでにその片鱗をのぞかせています。いわゆる「声に出して読みたい日本語」のアドバンス・コースというやつです。

ところが、このマンガはかなり盛り上がってきたところで終了します。当時は連載打ち切りだったというお話もありましたが、実際は構想通りの終了だったようです。

そこから、ジョジョが始まったと思えば、納得することもできます。

 

「休眠打破」

 

夕方のニュースを見ていたら、末吉公園の緋寒桜が開花したという話題を取り上げていました。

気象台が行う「生物季節観測」の一環で、植物の活動が季節によって変化する現象を観測するものです。

緋寒桜の標本木が末吉公園にあって、「開花」とは5~6輪咲いた日なのだそうです。

今年の開花日が1月7日。平年の開花日が1月16日だそうで、それより9日早く、前年より4日早いのだそうです。

そのニュースでは「休眠打破」の説明がありました。

「桜は夏に翌春咲く花芽を形成する。いったん休眠に入った花芽が、冬季に一定期間低温にさらされ休眠から覚めること。その後の気温上昇と共に花芽は成長して開花に至る。冬暖かすぎると春先の気温が高くても開花が遅れることがある。」(饒村曜 和歌山気象台長 / 2007年)

つまり、年末に寒くなったのが桜の開花にとってちょうど良い刺激になったわけですね。

まったく関係ないですが、今さらながら「なるほど、そうだったのか」と一人で思い当たっていました。

コンビニでもよく目にする眠気覚ましドリンク剤の「眠眠打破」のことです。ネーミングの元ネタが「休眠打破」から来ているものだったのですね。(ん?常識でした?)

それはともかく、一度低体温の刺激を与えないと目ざめにくいという自然界の法則が、なんとも不思議です。

思わず人生になぞらえたくなりましたが、それはやめておくことにします。