お知らせ(第2報):オーバーナイト透析の勉強会&意見交換会を行います

 

5月30日に沖腎協の青年層のお二人がクリニックを訪問してくれました。

というよりも、オーバーナイト透析、在宅血液透析を希望する有志のお二人と紹介した方がよろしいでしょうか。

 

 

「長時間・オーバーナイト・在宅血液透析の勉強会&意見交換会」の打ち合わせにいらしてくれたものです。

お二人の熱い思いが伝わってきますし、お話を伺っていると私も刺激を受けて元気をもらえる気がします。

 

 

その方々が「こんなものをつくってみたんですが…。」と言ってバッグから取り出したのが

できたての意見交換会案内用のパンフレットでした。

お願いしていたわけではありませんから、自主的に作っていただいたものです。

2013.6.13オーバーナイト 在宅血液透析勉強会 案内

 

驚きと同時に、思わぬ協力に飛び上るほど喜びました。

ただただ、感謝感謝の、気持ちです。

 

 

ここで、改めて告知いたします。

 

「第1回 長時間&オーバーナイト・在宅血液透析の勉強会&意見交換会」を行います。

「第1回」としたのは、今後定期的にこの会を持ちたいと願っているからです。

(7月にも第2回を行う予定です。)

 

日時:2013年6月13日(木)午後6時30分から

場所:さくだ内科クリニック

参加対象者:上記テーマに興味のある方(透析を受けられている方とその家族、医療従事者)

お問い合わせ:TEL:098-878-2500

メール:sakuda@sakuda-clinic.com

もちろん無料(笑)です。

 

特に申し込みは必要ありませんが、人数把握のために上記あてにご連絡いただければ助かります。

 

私自身、皆さんとお会いできるのを楽しみにしております。

 

「むようの ちょうぶつ」

 

 

まど・みちおさんの詩に「むようの ちょうぶつ」という微笑ましい詩があります。

 

「ぞうさん」と同様、つい解釈をしたくなる衝動にかられるのですが

それこそきっと「むようの ちょうぶつ」

 

ユーモアにあふれていて、悩んでいることも小さく感じてしまいます。

いいなあ。「むようの ちょうぶつ」

 

 

むようの ちょうぶつ

 

 

どうしようもなく おっくうで

なんでも かんでも もてあまして

ただ そこらへん ぶらぶらしていると

からだの まんなかへんでも

なにやらが ぶらぶらの けはい

 

おいおい

まねはしないでくれ むようの

ちょうぶつなら オレだけでたくさんだ

ちいさなおまえは ちゃんと…

といってみてもはじまらないんだよな

ははは

 

おおきなのと

ちいさなのと

きょうも なかよく ぶうらぶらか

 

DSC_0009

 

耳鼻咽喉科・頭頚部外科 さきはまクリニック

 

 
さくだ内科クリニックが入っているメディカルモール経塚の2階に

耳鼻咽喉科・頭頚部外科 さきはまクリニック

が、この7月に開院予定です。

現在、準備が着々と進んでいるようです。

 

 

さきはまクリニック院長の崎浜 教之(さきはま のりゆき)先生は

沖縄県立中部病院 元耳鼻咽喉科部長で、非常に信頼の厚い先生です。

 

私も良い連携ができ、地域の皆さんにさらに良い医療が提供できるものと期待しています。

さきはまクリニックの診療時間と連絡先のご案内です。

sakihamaclinic

sakihamatel

 

 

今日は、さきはまクリニックのサインの取り付け作業が済んでいました。

サインがつくと、いよいよという感じがしますね。

sakihamaclinic

 

昨年の10月に、さくだ内科クリニックのサインが完成した時の気持ちを思い出していました。

 

 

 


8月1日追記:さきはまクリニックのホームページが公開されたようです。ご覧ください。

http://www.sakihama-clinic.com/

さきはまクリニックホームページ

「にもかかわらず笑う」

 

 

記録には平成20年とありますから、もう5年も前の話になりますね。

その年の第106回沖縄県医師会医学会総会の特別講演は

アルフォンス・デーケンさんの

『死生学入門 ~こころ豊かに生きるために~』

というものでした。

 

医師会の講演ですから、聴衆はみんな医師たちです。

 

デーケンさんは冒頭

「ここにいるお医者さん達に質問します。私たちの死亡率は何パーセントでしょうか。」

 

 

ん?私たち?

健康そうな人もいるなあ。あの人は毎日ジョギングで体を鍛えているって言ってるからなあ。

あの人はこの間話したら高血圧で薬を飲み始めたって言ってたっけ…。

 

瞬間的に、いろいろな病気別の数字をはじき出そうと頭を回転させます。

デーケンさんは、そんな私たちの頭の中を見透かしたように、にっこり笑って

「100%ですよ!」

 

え?

私たちが人間として命あるものとして生まれた以上、みんな100%人生を閉じるのです。

そうやって死生学のお話を導入していきました。

 

人間の死亡率100%!

生きとし生けるものの死亡率100%!

みんな、誰ひとりの例外なくそこへ向かって生きているのです。

死をみつめることは、生きることをみつめることにほかならないというお話でした。

 

そして、ユーモアのお話をされました。

母国ドイツには「ユーモアとは『にもかかわらず』笑うこと」という有名な格言があるそうです。

大変苦しくつらい状態でも、それにもかかわらず

相手を少しでも喜ばせようとするやさしい心づかいが、ユーモアとなってあふれてくるのだそうです。

そして、そんな状況でも、自分をユーモアで笑ってしまえること。

神が人間だけに与えたすばらしいプレゼントが、ユーモアなのだとおっしゃっていました。

人の強さ、やさしさって、そういうことなのかも知れません。

 

私もこんな経験があります。

食欲のまったく出ない90歳を超えたお年寄りに、回診中に

「Aさん、今日も食べないねえ。食欲出ないねえ。」

と言ったことがありました。

だんだんと衰弱してしまうのが心配だったのです。

Aさんはニヤリと笑って

「先生、若いね。そうあわてなさんな。」

と親指を立てたのです。

Thumbs up!

見事にやられたと思いました。

 

ユーモアがある方は、人間としての器も広いように思います。

 

DSC_0012

 

CKD対策の講演会

 

5月28日はWKD-CKD Expert Meeting in Okinawaという講演会に参加してきました。

特別講演は、名古屋大学大学院医学系研究科 教授の松尾清一先生の

「わが国におけるCKD対策の新たな展開」という演題でお話を伺いました。

 

世の人々に、腎臓のはたらきについて知ってもらうこと。

そのうえで、次にどんな対策を講じていくのか。

主に、その取り組みと課題についてのお話でした。

 

CKD(慢性腎臓病)は、血液検査でクレアチニンを調べることと

尿タンパクの有る無し、その程度、期間で診断がつきます。

 

腎機能の重症度を推算する日本人向けの式が考案されていますので

年齢、性別、クレアチニン値を入力するだけでeGFR(推算糸球体濾過量)がわかります。

DSC_0013

私たち、腎臓内科医にとって個々の患者さんを診ていくのはもちろん大切ですが

地域、もっと広げて日本人の腎臓病をどうしていくのか。

 

そのネットワークをどうしていくのか。

何と何をつなげていくのか。

どうやってつなげていくのかというのが、テーマのような気がしました。

 

那覇市医師会と中部地区医師会の取り組みも紹介されていました。

まさしく、そのテーマを追い求めていくかのような素晴らしい取り組みだったと思います。

 

 

 

何によって人に憶えられたいか?

 

ドラッカーを意識して読むようになったのは、恥ずかしながら実は開業を志すようになってからでした。

 

それ以前には、なぜ人々がこの方の名前を好んで出してくるのか、わかりませんでした。

「偉大な知の巨人」という形容に、少し引き気味だったのかも知れません。

最初に手に取ったのが、『非営利組織の経営』

 

 

病院やクリニックは、きっと「非営利組織」の部類に違いないと思っての選択でした。

 

読んでみて、読後しばらくは興奮してあっちこっち歩き回っていました。

面白い本に出会うと、じっとしているのがもったいなさ過ぎて、部屋中を徘徊してしまう癖があります。

そして、困難に立ち向かうのが嬉しくてしようがない感じになっていました。

 

 

特に、以下の言葉は、心に響きました。

 

 

「私が13歳のとき、宗教の先生が「何をもって憶えられたいかね」と聞いた。

誰も答えられなかった。

すると、「答えられると思って聞いたわけではない。でも50歳になっても答えられなければ、人生を無駄に過ごしたことになるよ」といった。

 

 

「今日でも私は「何によって人に憶えられたいか」を自らに問い続ける。

これは自らの成長を促す問いである。

なぜならば、自らを異なる人物、そうなりうる人物として見るよう仕向けてくれるからである。」

 

そして、こうも言っています。

 

「本当に知られるに値することは、人を素晴らしい人に変えることである。」

 

 

もちろん、人を変えようと思って人を変えることはできないでしょう、

できることは、良きご縁になること。

そういう自分を準備していくことだと解釈しています。

 

 

沖縄ニコチン依存症研究会学術講演会に参加してきました

 

5月25日に「沖縄ニコチン依存症研究会 学術講演会」に行ってきました。

 

前半は、ちばなクリニック 健康管理センター医長の清水隆裕先生

「2013年世界禁煙デーのテーマ解説」

というテーマの講演。

 

後半は予防医療研究所 代表 磯村毅先生の

「fMRIから見たニコチン依存症における脳の変化と心の接点」

という特別講演でした。

ニコチン依存症研究会

どちらも問題提議あり、啓発ありの講演で、非常に勉強になりました。

 

磯村先生が講演の中でお話された

失楽園仮説

という概念は、非常に面白かったです。

 

依存することにより、その本人は通常の幸せを感じにくくなるというものです。

 

それを説明するのに、ギャンブルに依存した人を例えにされていました。

ギャンブルにおぼれる直前には、勝ち得たお金で

当初は家族の笑顔のためにおみやげを買ってくるような人だったとします。

家族の笑顔が、彼への報酬だったわけです。

 

けれども、彼はだんだんと、家族の笑顔ぐらいでは幸せを感じなくなり、おみやげを買わなくなるらしいのです。

日常の些細な出来事では、幸せを感じない。

 

つまり、彼は楽園を失ってしまったということを例えて、失楽園仮説と呼びます。

 

食後にタバコを吸いたがる人が多いのはなぜかということも

この失楽園仮説で説明できるのではないかということでした。

 

つまり、食後の幸せを感じにくくなってしまっているのではないかということです。

 

依存症患者は、自分を不思議に思い、失楽園仮説を知りたがっている、

薬(タバコ)を再使用してしまう理由を知ることができれば、

自尊心が解決できるかも知れない。

 

 

この言葉が印象的でした。

 

 

 

お知らせ:オーバーナイト透析の意見交換会

 

もうすぐ6月になろうとしています。

早いものですね。

季節はあっという間に過ぎていきます。

 

 

ところで、世界各国ボーイスカウト共通のモットーをご存じでしょうか。

「Be Prepared!」(そなえよ つねに)

本当に、こうありたいものです。

ボーイスカウトでなくても、この言葉は基本ですね。

 

 

さて、今日はお知らせです。

 

透析をしている方々と私たちクリニック・スタッフとの

長時間透析、オーバーナイト透析、在宅透析に関する勉強会および意見交換会を行いたいと思っています。

そう思っていた矢先に、以前から賛同してくれている方から連絡があり

まさしく、そういった会を開催しないかという提案がありました。

 

 

現在、日程を調整中ですが、第1候補が6月13日(木)になりそうです。

午後6時から。

場所は、さくだ内科クリニックで。

 

決まり次第、このブログで告知したいと思いますので、よろしくお願いします。

_0142 

 

「自分の小さな「箱」から脱出する方法」

 

 

ついこの間読んだ本だと思っていましたが、だいぶ前に手にしていたようです。

何かあると読み返していたりしたので、勘違いしていたのでしょう。

 

 

「自己欺瞞」ということを改めて考えさせられる本です。

物語形式で話をすすめる啓発本は、印象を長く保つのに役立ちますね。

 

監修者まえがきで、金森重樹氏がまとめた文章があります。

 

「我々がこの世で受ける苦しみは、それぞれが脈絡なく発生しているようでいて、

実は複雑にからみあった糸のように相互に影響しあっていることが多いのですね。

そして、その根本の原因を作り出している発生源が、他ならぬ自分自身のものの見方であることが

人生においては存外に多いのかもしれません。」

 

自分への裏切り、自己欺瞞を「箱」に象徴することで

目にとらえにくい人間関係のしくみを、わかりやすく理解できるように説明してくれています。

 

最近、Facebook上で知り合いが、この本のことを絶賛していました。

間違いなく自分を変えてくれる本の一冊だろうと。

 

私も、また読んでみようと本棚の奥に置いてあったのを取り出してみました。

 

 

「六つの精進」

 

稲盛和夫氏の有名な「六つの精進」は

ひとつひとつが人として生きていくのに大事にしたい言葉です。

 

一、誰にも負けない努力をする

  人よりも多く努力・研鑽し、それを継続する。
  不平不満を言わず、常に前進・向上を目指す。

二、謙虚にして驕らず

  謙虚な心が幸福を呼び、魂を浄化させる。

三、毎日の反省(利己の反省、利己の払拭)

  自己中心的でないか、卑怯でないか、自省自戒して改めるよう努める。

四、生きていることに感謝する
   (幸せを感じる心は、足るを知る心から生まれる)

  生きていられるだけでも幸せ。どんなことにも感謝する心を持つ。

五、善行、利他行を積む

  善いことを行い、他人に利益をもたらす。
  思いやりのある言動を心がける。

六、感性的な悩みをしない

  いつまでも不平を言ったり、心配しすぎたり、くよくよ悩んだりしてはいけない。

 

 

自分の胸にこぶしをポンッと叩いて。

さあ、やるぞと前を向きたいと思います。

 

My beautiful picture