発想の転換

「発想の転換」で問題の解決が得られたとき、とても気分が高揚します。

その「着眼点」や「アイデアの出所」に感心しますし、強く憧れたりします。

「すごい!頭がやわらかいなあ。」と賛辞を送りたくなります。

どんな人でも、興奮の度合いは違っても、同じ傾向はありますよね。

身近なところでは、一休さんのとんち話が昔から好まれているのはそうですし、映画「アポロ13」で数々の異常事態を乗り越えて、後に「輝かしい失敗」と呼ばれるようになったお話などは、思わず唸ってしまうほどです。

 

でも、人が生活していくって、本当はそういうことの連続なのでしょうね。

目的を定めたら、あきらめないで粘って粘って、だけどできるだけ遊びを入れながら考えてみる。

抽象的なたとえで恐縮ですが、「遊びを入れる」ということが佐久田なりに大切で、それがないと、なんだか執着だけが浮き彫りになって、おぞましい形相になって怖いです。

動かせないと思うものに出会ったら、自分が動いてみせる柔らかさとかは、時々かっこよくて颯爽と見えますから。(だけど、なかなかそれが難しい。)

実は、クリニックの建設の時でも、工程会議で透析室のパーティションをめぐって同じようなことがあったのですが、それはまた次の機会に。

 

そういう長い前置きをしたうえで、突拍子もないようですが、「発想の転換」をトレーニングするつもりで、私は「数学パズル」というものが大好きです。

「とっておきの数学パズル」(ピーター・ウィンクラー著)という本があるのですが、出張の時などは飛行機の中で、1題だけにずっととりかかっていたりします。

その中から、巷でも有名なパズルのひとつを引用して紹介してみます。

少し考えてみませんか?

屋根裏部屋に行くための階段の下に、電灯のスイッチのパネルがある。
そこには3つのスイッチがあって、いまは3つとも「切」になっている。
その3つのスイッチのうちの1つは屋根裏部屋の電球のスイッチであるが、それがどれだかはわかっていない。

(問題を明確にするために、他の2つのスイッチはどこか知らないところにある電灯のスイッチであり、また、屋根裏部屋の電球がともっているかどうかは行ってみなければ決してわからないものとする。)


そこで、最初にパネルのスイッチに「入」「切」の操作を何かしてから屋根裏部屋にたったの1回だけ行き、そのときにどれが屋根裏部屋のスイッチだったかを確実に決定したい。
どうすればよいか。

 

絵を描いてみたり、記号を書いてみたり。3つのスイッチをそれぞれxyzで三次関数で表してみたり。

いろいろこねくりまわしても、どうしても1つ手がかりが足りないことがわかってくるんですよね。

その1つを見つけるのが「発想の転換」だったりするわけですが。

 

解答は以下の通りです。

 

屋根裏部屋の電球につながっているスイッチがどれであるかを確実に判定するのはとても不可能に見える。
というのも、屋根裏部屋に1回行くだけでは、電球がともっているかいないかの2つに1つという情報しか得られないのだとすれば、3つの選択肢を確実に1つに絞ることはできないからである。
でも実は、自分の手の感覚を使えば、もっと多くの情報が得られるのだ。
スイッチ1とスイッチ2を「入」にして数分の間待ってから、スイッチ2を「切」にして屋根裏部屋にのぼっていく。
もし電球がともっていないけれども暖かいとすれば、スイッチ2がつながっていたことがわかる。
もちろん、ともっていればスイッチ1、
ともっておらず冷たいとすればスイッチ3につながっている。

 

「なあんだ。」と思うか「やられた。思いつかんかった。」と思うか。

人によって分かれるのが面白いところですね。

「透析者」

透析をしている方々をどう呼ぶのかということに意識を向けるようになったのは、堀澤毅雄著「透析者と家族が元気になる本 全国の「達人」に学ぶ長生きの秘訣」という本を手にしてからです。

著者の堀澤さん自身も透析者で、本のタイトル通り透析歴30年以上83人と20年以上38人の「透析の達人」の方々にアンケートを行い、いただいた回答の中から「元気で長生きする秘訣」をまとめた本です。

この本は私たち透析医療従事者の必読書だと思っています。

「透析患者でなく透析者」という章の文を引用します。

「もう、お気づきと思いますが、この本の中では透析患者という言葉は、必要なとき以外には使っていません。
ある人の手記に、「自分は透析患者と思わないで、たまたま透析をしている透析者と思うようにしている。病人と思うことが、自分にとってプラスには働かない」という趣旨の文がありました。
自分は透析患者というよりも、たまたま透析をやっている人、普通に生きている人なのだ、という主張です。
 

(中略)

さあ、日々の生活と病気を嘆いていらっしゃる方、透析患者でなく透析者なのだと思ってみましょう。
そして、新しい意識で一歩を踏み出してみましょう。
これから述べる、透析者のいくつかの暮らし方、生き方の中に、きっとあなたは、これからの生活のヒントを見つけてくださるに違いありません。
自分の世界が、変わって見えてくる方もいらっしゃるはずです。」

 

 

開業前に、スタッフに相談されたことがありました。

「うちのクリニックでは患者さんの名前を呼ぶときに、「〇〇様」のように「様」をつけるかどうか。」

名前をどう呼ぶかということに関してはいろいろ議論があるところでしょうが、その方々が患者であるかどうか以前に、私は目上の方々、尊敬している方々を含めて、その人物を「〇〇様」と呼んだことがありません。

人を〇〇様と呼ぶ文化に育ったことがないからです。

私たちはその方々と同伴していく医療をしたいという気持ちがあります。

非日常の呼称はむしろ私たちの心のどこかに知らず知らずに「非日常の構え」をもたらす気がして怖いのです。

 

透析をしている方々を「透析患者」としてきたのは私たち医療者の文化なのかも知れません。

知らず知らずにその呼称が、自立を妨げているのだとしたら、恐ろしいことです。

対等な立場で信頼関係を結ぶ。

 

すべての透析者の方々とそのような関係を結べたら、これほど幸せなことはないですよね。

長時間透析と旅行透析

旅行透析の方を受け入れることは、私達が楽しみにしていたことのひとつでした。

その訳は、その方の地域、あるいは、その方が普段通っているクリニックの透析に対する考え方を直にお聞きしたり、実際に透析治療をして実感することができるからです。

その差異に新鮮な驚きがあったり、感心したり、やはり勉強になります。

 

今回は、特にそうでした。

その方は12月29日から来沖され、当クリニックで31日の大晦日に6時間のオンラインHDFをされました。

実は事前にお電話をした際に、通常の透析処方では6時間になっているのに、申し込みが5時間ということになっていたので、疑問に思って確認させていただいたのです。

(旅行の日程が詰まっているから短く希望したのか、そうでなければ遠慮されているのか)

結局はその方が遠慮なさっていて、中間をとって妥協案を探っていたのだということがわかりました。

 

日本の透析施設で多くなされているのが4時間の透析です。

4時間を週3回で行う方法が多くなされています。

 

けれども、長く透析に携わる人間は4時間では足りないということを感覚的にも知っています。

生命をつなぎとめる最小限の時間が4時間です。

 

先日のアメリカのKidney Internationalという専門誌にも以下の記事が載っていました。

短時間透析は、体の大きさに関わらず死亡リスクが増大する

 

Shorter length dialysis sessions are associated with increased mortality, independent of body weight
Kidney International 83, 104 (January 2013). doi:10.1038/ki.2012.346

 

日本透析医学会の「透析処方関連指標と生命予後」の調査でも基礎的因子による補正解析のみでは5時間未満の透析時間では透析時間が短いほど死亡リスクが増大するという結果が出ています。
ただし、Kt/V(透析量)と栄養因子で補正解析すると、4.5時間以上の長い透析時間のグループも、統計学的にリスクは低下しなくなります。

つまり、透析する方もたくさん食べて栄養状態を良くしなければならないということだと思います。
栄養状態が良い方がお元気なのは当然といえば当然のことですから。

 

5時間、できたら6時間の長時間透析をおすすめしたいというのが私達さくだ内科クリニックの考えです。

そして、透析に関して何らかの愁訴がある方には週4回の透析をすすめています。

体調を維持して元気に長生きしていただくためには、たっぷりと透析をしてたっぷりと食べて欲しいというのが願いです。

そうしていただくために、どうやったら6時間を快適に過ごしてもらえるかが、今後の課題といえます。

4時間弱の長編映画、たとえば有名な「十戒」という映画でさえも途中で45分間の休憩時間があったぐらいですから。

 

話をもとに戻しましょう。

 

旅行透析で来ていただいた方は、長時間透析をずっとされている方でした。

原因不明の症状があり、それを克服するために今の透析の仕方にたどり着いたとのことでした。

オンラインHDF(後希釈)6時間×3回/週。それに加えて隔週で週4回をされているそうです。

 

本当にお元気そうで、顔色も良く、透析をされている方特有の肌色ではなく、きれいでした。

またゴルフも再開されたそうです。

1月1日には帰宅の予定とのことでしたので、今頃はすでに日常に戻られていることかと思います。

沖縄の旅を楽しんでいただけたでしょうか。

また来沖されることを楽しみにお待ちしています。

 

ガイドラインとマニュアル

「ゴミ箱の置き場所さえ簡単に決めることができない。」

「開院の準備はどう?」と訊ねられた時の、やや自嘲気味に返した答えがこれでした。

佐久田が普段、優柔不断の傾向があるという生来の性格を説明したいのではありません。

 

医療の世界ではエビデンスに基づいた(つまりは科学的根拠がある)数多くのガイドラインやマニュアルが存在し、それを知らずして何事も無手勝流に進めてはいけないということです。

個人の経験や慣習に依存する風土をつくってしまうと、「それ、本当?それで安全?」と確認することがなく、それこそ間違いとまでは言いませんが、誤解に気づかないことがあります。お互いにチェックする雰囲気は、どこの世界でもやはり大切です。

 

ガイドラインやマニュアルはもちろん完全ではありませんが、今現在の必要最低限の前提として、必要な知識になってきます。

ガイドラインやマニュアルを読み解くににも、「なぜそうなっているのか」というひとつひとつの動きや全体の背景に疑問を持つ姿勢が求められてきます。

 

たとえば、気管切開術が施され気管カニューレが挿入されている方を当クリニックでお引き受けする機会がありました。

開院したばかりのクリニックですから、お引き受けするには新しくその準備が必要です。

まず吸引器が必要。吸引カテーテル。手袋。

ん?手袋は未滅菌?清潔なもの?

「前の病院ではどうやってたんだっけ?」

「前いた病院では…。」

そういうお話になってしまうのは自然な流れです。

けれども、それを流してしまうのではなく、確認していく作業を繰り返していけば、むしろ新しいクリニックだからこそ再確認の機会に恵まれているといえます。

 

手技そのものに関しては厚生労働省のホームページに「介護職員等によるたんの吸引等の実施のための研修関係資料」というものがあります。

介護職員向けの資料ですが、参考になります。

 

そして、米国CDC院内肺炎防止ガイドラインなどが良い指針となります。

   吸痰における手袋は滅菌のもの、清潔なものを問わない。

 

国内でも日本呼吸療法医学会が気管吸引のガイドラインを示してくれています。

手袋は未滅菌の使い捨てのものでよい。

 

また、洗浄水についてはこういう記載があります。

吸引カテーテルの洗浄用として水道水の使用についてはエビデンスがない。
CDCのガイドラインでは滅菌水の使用を推奨している。

 

また、いろいろと調べてみたいことが増えてきました。

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。

 

新しい年がくると、やはり何か新しく抱負を持ちたい気持ちになります。

「一年の計は元旦にあり」

そういう文化が日本人にはあるからでしょうか。

まっさらでさわやかなキャンバスをもらったような感覚です。

けれども、ここにどんな絵を描こうかという期待感に溢れていますが、最初の一筆をおろすのに少々時間がかかってしまうのが、かなしいかな佐久田の常です。

 

突然ですが、古代ギリシアの哲学者エピクテートスの言葉を引用させてください。

「なにごとも正しい成就というものは、突如として生ずるものではない、一房の葡萄でさえもそのための時間が必要だ。まず花を咲かせ、つぎにそれが実り、それから熟させる必要がある。正しい実りは、正しい準備の花ゆえなのだ。」

 

準備と計画を意思の力で実行していく。

それを佐久田の今年のテーマにしたいと思います。

 

そのために、感謝の気持ちとともに、毎日を大切に過ごしていきたいと思います。

 

そして、さくだ内科クリニックにとって、今年は是非ともスタートさせたいひとつの目標があります。

  •  オーバーナイト透析をスタートさせて、それを沖縄に広めること

もちろん長時間透析のメリットをわかってもらう努力をしていくのが、その前提の準備であることは言うまでもありません。

 

皆さんの生活にも、生き生きとした颯爽とした風が吹きますことを。

今年もよろしくお願いいたします。

メディカル・ナビ:浦添市ホームページ

浦添市ホームページ 医療情報誌メディカル・ナビ60号の新規開院のコーナーに「さくだ内科クリニック」が掲載紹介されました。

<専門外来>が禁煙外来になっておりますが、それだけニーズが高いということなんでしょうか。

スタッフと一緒に気が引き締まる思いです。

 

開院セレモニーの謝辞

さくだ内科クリニックが開院して約2か月が過ぎようとしています。

2012年もあと何時間かで過ぎていきます。

さくだ内科クリニックにとって2012年はあっという間の1年でした。

真面目なお話で恐縮ですが、初心を忘れないように11月3日の開院セレモニーの時の「謝辞」の原稿を載せようと思いました。

というのも、当日謝辞を受ける方々がたくさん参加いただいたのにも関わらず、多忙なため肝心の謝辞を読み上げる場面になって不在で、私の気持ちが伝わっていないだろうなあと思ったからです。

とにかく、2012年は感謝感謝の1年でした。

 

ここから。

 

本日は11月の最初の週末であるにも関わらず、開院のセレモニーにご参加いただき本当にありがとうございます。

私も今日の日を迎えることができ、本当に感慨深いものがあります。

 

私は平成3年に琉球大学医学部を卒業後、沖縄県立中部病院で臨床研修を行いました。

今日はその修行時代に苦楽を共にしてくれた同期の医師仲間も激励に駆け付けてくれています。

彼らも今や私と同様、医者として社会人として経験も積み、皆さんの期待にお応えする働きもできるようになり、社会的にも責任を背負える世代となってきました。彼らの存在は私の誇りですし、支えです。この仲間とともに社会に貢献できるようにこれからの働きにつとめたいと思っています。

 

沖縄県立中部病院を研修終了後には、県立八重山病院、北部病院、那覇病院、また再び中部病院に勤務させていただきました。

そこでともに診療に携わった、同僚の先生たち、看護師さんたちも参加してくれています。

ともに診療をする中で、看護師さんたちの観察や気づきには本当に助けられてきました。きつい仕事の中でも、明るく生き生きと働く姿に、私自身励まされてきました。ともに学んできたことは私の原点だと思っています。ありがとうございます。

 

また私の研修医時代からご指導、激励をいただきつづけた中部病院の指導医の先生たちにもご参加いただいております。

中部病院院長の宮城良充先生、前院長の平安山英盛先生にはいつも外科・内科の垣根を越えて温かく見守っていただいてきました。

 

また本日来賓のご挨拶を引き受けてくださった、私の恩師である上原元副院長には本当にどんな感謝の言葉も思いつきません。

私が腎臓内科、透析医療の道を選択したのも上原先生の存在があってのことでした。

私の1期先輩で現在首里城下町クリニック第2の院長である比嘉啓先生、まつおTCクリニック院長の真栄城修二先生とともに、後期研修をさせていただいた研修医時代はとても刺激的で、人間としても尊敬できる先生のもとで研修できたことは、私の医者としての目標ができたときでもありました。

また上原先生は、「県立病院を退職して、さくだ内科クリニックを開院したい」とご相談した時も、すぐに私の心情を思い量っていただきました。

急性期病院で働く勤務医としての使命ももちろん大切で、比較などできるものではありませんが、私の関心が地域医療、慢性期医療、長くその方々と同伴したいということに傾いていることを誰よりも理解していただいていたのではないかと思っております。

快く送り出していただいたときの言葉は今も忘れません。ありがとうございます。

 

県立病院を退職した後、私は半年の短い間でしたが、那覇市立病院で勤務させていただきました。

本日ご参加いただいている照喜名重一院長、腎臓内科、糸数昌悦先生、宮良忠先生には私の勤務を快く、しかも温かく引き受けていただき感謝しています。

医療はもともとひとつの医療機関で完結するものではありません。この地域の急性期病院として砦となる那覇市立病院の働きを、身をもって経験させていただきたいという思いと、今後、私が担当する患者さま達のことを相談させていただく場合の、連携を考えてのことでしたが、雰囲気も良く、良い経験をたくさんさせていただきました。

安心してお任せできると確信しています。今後ともよろしくお願いします。

 

私の夢やコンセプトを長い時間をかけて聞いてくれ、それを形にしてくれた首里高校の同期の内間安彦さんにもぜひ感謝の言葉を伝えたいと思います。

内間さんとの出会いは衝撃的でした。

内間さんが形作ってくれた、さくだ内科クリニックのロゴ・マークは初心を忘れない旗印として、私たちをこれからも励ましてくれると思います。ほかにも、パンフレット、名刺、封筒など、想いが形となっていく過程を見せてもらって、本当に感激していました。ありがとうございます。

 

また世帯主のYさんには、地域に還元し貢献しようとする気持ちと志には、尊敬し感服いたします。

メディカルモール経塚は、サービス付き高齢者向け住宅のフェアネスさんをはじめとして、沖縄が迎えている高齢社会に対応する、ひとつの大きなモデルとなると確信しています。

お体に気をつけて、これからも地域の方々の力となっていただきたいとお願いいたします。

 

最後になりましたが、本日は開院のためにお集まりいただいた地域の方々にお礼の言葉を申し上げます。

私たちは、これから少しでも皆様の健康と元気に貢献できるよう日々研鑽していきます。元気の発信源となるように努力してまいりますので、今後ともよろしくお願いいたします。

 

本日は誠にありがとうございました。

 

平成24年11月3日

さくだ内科クリニック 院長 佐久田 朝功

opening

1 159 160 161 162