「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」

 

昨日、やっと都合がついて、映画「スター・ウォーズ」を観ることができました。

1作目が1977年の公開。なんと42年の年月が流れているのだそうです。

小学生の時に、国映館(だったはず?)で興奮しながら観たのを、昨日のことのように覚えています。

このシリーズが最後かと思うと、オープニングから感無量でした。

お馴染みの、画面の向こう側へ流れていく文字群とメインテーマの交響曲の組み合わせがはじまると(もうこれだけでスター・ウォーズだよなあ)としみじみとしていました。

スター・ウォーズの続・三部作に関しては、製作陣の苦労がなんとなくわかるだけに、物語の設定や背景についても、個人的な感情が入ってしまい、どうしても甘く見てしまいます。

それほど旧・三部作と新・三部作のシリーズは、アナキンとルークの物語として完成されていましたし、その後を語るにはエネルギーの要る仕事です。

これからは、スカイウォーカー・サーガとは別の、新たな「スター・ウォーズ」が作られるのかも知れませんね。

「ローグ・ワン」のようなスピンオフ映画も十分に魅力的です。

 

「スター・ウォーズ/スカイウォーカー・サーガ」シリーズの幕は閉じたのでしょうが、(閉じたからこそ)これからどんどん「スター・ウォーズ」は作られるのではないかと思います。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です