名護ハーフマラソン大会

 

先の日曜日、1月19日に第61回名護ハーフマラソン大会がありました。(61回目って、すごく歴史のある大会ですね。)

 

新年の走り始めにちょうど良い機会だと思い、同日に開催される「第41回海洋博公園全国トリムマラソン大会」と迷ったのですが、初体験となる名護ハーフに参加してきました。

 

当日の午前6時半から受付が開始。

 

ボランティアの高校生が朝暗いうちから活動してくれていて、頭が下がります。

 

週末、特に日曜日の午前中の天気は曇りで、最も冷える予想でしたので、それに備えて長袖のシャツを着ていきました。

 

実際は、思ったよりも雲が少なく、北風も強くなく、時おり青空がのぞく天気だったので、素晴らしい競技日和になっていました。

 

私は1998年の1年間、県立北部病院に勤務した経歴があります。

 

ですから、名護市街地は生活していた土地でしたから、実際に走ってみて感慨深いものがありました。

 

1月のハーフマラソンということもあって、モチベーションの高い方たちが参加しているからでしょうか。

 

序盤から周りのランナーのペースに乗せられて、気持ちよく走ることができました。

 

公設エイドもちょうど良い間隔で助かりました。

 

沿道には応援の方々や私設エイドを設置してくれる方々もいらして、盛り上げてくれました。ありがたいことです。

 

機会があれば、また来年も参加してみたい大会でした。

 

 

 

 

1件のコメント

【みんなの声】第61回NAGOハーフマラソン 2020 | みんなのマラソンVOICE にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です