バカバカしいもの

 

壁にぶちあたったり沈んだりした時には、自分よりもっと強く鬱屈したものを足場にして、そこから立ち上がるか、あるいは「世の中はバカバカしい」と笑い飛ばすかのどちらかがおススメです。

笑い飛ばすには、私の場合は柳沢慎吾さんのギャグトークやサンドウィッチマンさんの漫才動画を見ます。

名人と謳われた落語の音源も聴きます。

困難に遭遇したり、人から非難されることがあっても、「悩んで解決したことなんて何もない」と言った方がありました。

まさしく、その通りだと思います。

苦手な気持ちが積み重なると、とにかく苦しくなります。

苦手なものにも、悪びれずに、無邪気に向き合うことができれば、しめたものです。

そのためには、無理やりにでも、笑ってみることをおすすめします。

それには、できるだけバカバカしいものが良いです。

自分の悩みが小さく思えるぐらい、バカバカしいものです。

そういうわけで、私はいつもバカバカしいものを、周りに置くようにしています。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です