雨の日も 風の日も 晴れの日も

 

禅語に「日々是好日」という言葉があります。

解釈としては「その日一日を一喜一憂することなく、良き日としてありのままに生きる。」というのが一般的ですね。

これに似た言葉で、相田みつをさんがこんな言葉をおっしゃっていました。

 

雨の日には 雨の中を 風の日には 風の中を

 

同じことをおっしゃった人が、まだおりました。

作家の吉川英治さんです。

 

晴れた日は晴れを愛し 雨の日は雨を愛す

楽しみあるところに楽しみ 楽しみなきところに楽しむ

 

そして、詩人の堀口大學さん

 

雨の日は、雨を愛そう

風の日は、風を好もう

晴れた日は、散歩しよう

貧しくば、心に富もう

 

雨の日も風の日も、心から人生を楽しむ。

そういう境地は確かに憧れますが、なかなか凡人には難しいところです。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です