マンガ「響 ~小説家になる方法~」

 

いつの間にか完結していたんですね。

数年前にマンガ大賞を受賞した作品で、続刊を楽しみに読んでいました。

 

 響 ~小説家になる方法~

 

「天才小説家」の女子高校生、響(ひびき)は、常に己の価値観や信念を曲げず、それを押し通すためには暴力的であることを厭いません。

誰にも媚びない行動は、ヒーローもののマンガを読んでいるかのようです。

恐らく、現実社会では決して許されないようなことを、彼女は軽々とやってのけてしまいます。

「悩んでも仕方がない。やりたいと思ったことをやるだけ。」

彼女の主張は首尾一貫しています。

そういう姿に憧れてしまうのでしょうね。

残念ながら、高校を卒業するところでこのマンガは完結してしまいましたが、続編も楽しみにしたいと思います。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です