幸せ名言集

 

「名言集」などで、自分の気持ちにぴたっとくる言葉に遭遇すると、共感するのと同時に、やはりちょっといい気分になります。

名言を発した人物たちに慣れ親しんだ気持ちになって、前に進む前に立ち止まって、言葉が自分の中で熟するのに時間をかけたくなります。

『別冊NHK100分DE名著「幸せ」について考えよう』という本を読みました。

 

 

その中に、本文とは別に、各章の最後に「幸せ名言集」が載っていました。

少し抜粋してみます。

◎棺を覆うまでは、その人が幸せだったか否かはわからない。 ― ソロン

◎幸せとは、魂を最もふさわしい場所に落ち着かせることだ。― アリストテレス

◎幸福への道はただひとつ、どうにもならないことで思い悩むのをやめることだ。― エピクテートス

◎幸せを説明することは、幸せを損なう。 ― スタンダール

◎行動したからといって幸せになるとは限らないが、行動なくして幸せはない。 ― ウォルター・サベージ・ランダー

◎人間は厄介事ばかりを数えたがる。幸福を数え上げようとはしないのだ。― ドストエフスキー

◎こんな自分が、いや、こんな自分だからこそ愛されているという確信こそが、至上の幸福だ。― ユーゴー

◎花は自分の楽しみのために咲く。 ― オスカー・ワイルド

◎人間以外の全ての動物が、生きることの目的は楽しむことだと知っている。― サミュエル・バトラー

◎幸せな家庭はみんな似ている。不幸せな家庭はさまざまだ。― トルストイ

私が特に気に入ったのは「花は自分の楽しみのために咲く。」でした。

有名な「幸福の王子」の作者であるオスカー・ワイルドらしい言葉だと思います。

花を見て癒される人がいたとしても、花はその人のために咲いたのではなく、自分のために咲いたのだ。

自分を大事にすることは、何よりも尊い。

幾分、我田引水的な解釈だというのは否めませんが、たくさんの人に贈りたい言葉です。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です