「Crossroads」

 

Creamを代表するアルバム「Wheels Of Fire」に収録された「Crossroads」

原曲はロバート・ジョンソンの「Crossroad」なんだそうですが、私には正直なところ原曲を聞いてもまったく別の曲にしか聞こえません。

コードだとか、私にはわからない音楽的な理由で、そういうことなんでしょうが、エリック・クラプトンがロバート・ジョンソンを敬愛していたというのは確かなようで、ブルースに対する愛情はひしひしと伝わってきます。

でも、やはり私にはCreamの「Crossroads」が、ブルース・ロックとして耳に馴染みます。

私のような下手くそでもコード進行をなぞってジャカジャカ鳴らすだけでも、ちょっとカッコつけられる気がするのです。

ギターとドラムとベース。

シンプルで楽しそうなんですよね。

 

 

ちなみに、ロバート・ジョンソンの「Crossroad」も載せておきます。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です