「今、ここ」を生きる

 

ギリシアの哲学者ヘラクレイトスが「同じ川には2度と入れない」という言葉を残しています。

変化し続けているこの世の理(ことわり)を表したものです。

絶え間なく流れ続けている川の水は、一瞬たりとも同じ場所に留まりません。

川の名前は場所を表しているものであって、川の中身はいつも違います。

変化し続けていること。

それは私たちの身体も同じです。

新陳代謝し続ける私たちの身体は、細胞レベルに落とし込むほど、どの一瞬も同じ状態ではありません。

「アドラー心理学」の第一人者である岸見一郎さんはこうおっしゃっています。

「全ては変化してゆきます。ただ、それは変化であって〝退化〟ではありません。例えば、人は老いていきますが、老いていくことは決して退化ではなく変化です。変化としか言えないもので、これは留まるものはない、ということです。」(サンガジャパン Vol.33 インタビュー記事より)

変化するものであるからこそ、この瞬間を大切にし、仲の良い友人を大事にし、家族との時間を過ごす「今」を掛け替えのないものとして生きる。

「今、ここ」を積極的に生きるというのは、そういうことですね。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です