被災時の高血圧の対応について(日本高血圧学会より)

 

SNSでシェアされていたので、このブログでも紹介しておきたいと思いました。

日本高血圧学会が出した「被災時の高血圧の対応について」のまとめです。(リンクを貼っておきます。PDFファイルになっています。)

 

『被災地の皆さまへ(日本高血圧学会)』

 

Q&A形式でより具体的な内容になっていますので、自分の場合と照らし合わせて、より近い対応がわかるようになっています。

例えば、「Q1 いつものお薬を飲んでいるのですが血圧が下がりません。どうしたらいいでしょうか?」
「Q14 薬がありません。血圧も高いです。どうすればいいのでしょうか。」

Q14などは、被災地の過酷な状況での切実な質問です。

沖縄県でも、毎年台風が襲ってきますし、医療機関が突然に休診になってしまうことは想定しておかなければなりません。

(その場合に備えて、定期薬の1週間分の薬は通常でも余分に確保していた方がいいですね。)

大変参考になるQ&Aだと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です