「死ぬほど練習」

 

ラグビー・ワールドカップで盛り上がっています。

特にホスト国である日本チームの活躍が、大会を大いに盛り上げている印象です。

その日本がアイルランドに勝利した後、「どうして勝てたのか?」という問いに、ある選手が即座に「死ぬほど練習したから」と答えていました。

ジェイミー・ジョセフHCは、試合前、選手たちに「誰も勝つと思ってないし、誰も接戦になるとも思ってないし、僕らがこんなに犠牲にしてきたかもわからないし、信じているのは僕たちだけ」と伝えたのだそうです。

日本を代表する才能のある選手たちが、「死ぬほど」と表現したそのトレーニングは、私のような人間には想像を超えたものだったに違いありません。

死ぬかも知れないと思うほどの苦しさや厳しさは、肉体的にも精神的にも追いつめられたものだったでしょう。

そこを歯を食いしばって最後まで頑張ってやり遂げたという体験は、何者にも揺るがない境地に達していたのだと思います。

「選手はみんな勝つと思っていた」とも言っていました。

凄みを感じる言葉です。

もちろん、とても真似ができることではありません。誰もができることではないだけに、素晴らしいことだと思います。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です