動き続ける

 

「たとえ明日世界が終わるとしても、私は今日、リンゴの木を植えるだろう」

これは宗教改革者のマルティン・ルターの言葉です。

「結果がすべてではない。目的を持った行動こそが価値あるものなのだ」というのが一般的な捉え方です。

「幸福とは幸福を探すことである」という言葉もあります。

「植える」「探す」

人は目的に向かって動き続けることに価値を見い出しますし、結果がついてこなくても下を向く必要はありません。

煮詰まって行き詰まったら、とにかく動詞で生活してみるのは一法です。

それが「たとえ明日世界が終わる」ほどの最悪な状況だとしても、何か行動できることはあるはずです。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です