すいよせるもの

 

八木重吉さんの詩はどれも美しいのですが、特に深く共感した詩を紹介します。

✳︎

 森

 

日がひかりはじめたとき

森のなかをみていたらば

森の中に…人をすいよせるものをかんじた

✳︎

水木しげる先生に言わせたら、それこそ「妖怪感度」に触れたということになるのでしょう。

森の深みは、人間が忘れがちな「自然を畏怖する心」を呼び覚ましてくれます。

目には見えないけれども、五感に響いてくる経験。

キャンプの夜、目をこらしても足元が見えず、音だけで地面を探る山道で、手をのばしたら何かをつかみそうな感覚。

ふと高校時代を思い出して、懐かしく思いました。

機会を見つけて、またキャンプに出かけたくなりました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です