ゆうきのみなもと

 モチモチの木 斎藤隆介著 滝平二郎画

絵本「モチモチの木」の主人公 豆太はおくびょうものです。

夜中ションベンに、じさまを起こさなければならないほどのよわむしです。

けれども、ある晩、はらいたを起こしたじさまを助けるために、夜道を1人で駆け抜けて、いしゃさまを呼びにいきます。

勇気をふりしぼって行動を起こした豆太を、じさまが最後にこう総括してくれています。

 

「おまえは、山のかみさまの まつりを みたんだ。

モチモチの木には ひがついたんだ。

おまえは ひとりで よみちを いしゃさまよびに

いけるほど ゆうきのある こどもだったんだからな。

じぶんで じぶんを よわむしだなんて おもうな。

にんげん、やさしささえあれば、

やらなきゃならねえことは、

きっと やるもんだ。

それをみて たにんが びっくらするわけよ。

ハハハ」

 

じさまは「ゆうきの源泉はやさしさである。」と言っています。

自分のことでは頑張れないけれど、家族や自分の大切な人のためだと思ったら頑張れた、というのはよく聞く話です。

人間の本質って、すごく尊いもので溢れている気がします。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です