くよくよしない

 

百寿者の患者さんで歩いて外来を受診される方がおられます。

いつも非常にお元気で、逆に私の方が励まされています。

「先生が前に楽器が趣味と言われたから、この前テレビを見ていたら音楽番組をしていたので、すぐに先生を思い出しましたよ。」

とおっしゃって朗らかに笑われました。ご本人は三線を奏でるのだそうです。

「私を思い出してくれたのですか?それは光栄なことです。ありがとうございます。」

お礼を言うと、「三線をやったらいい」と勧められました。

人は誰もが百寿者になれるわけではありません。

百寿者であること自体が既に成し遂げた人ではあるのですが、感心するのは何でも楽しんでいらっしゃることです。

「くよくよしない」ともよく言われます。

実践者の言葉ですから、重みが違います。

「くよくよしない」「楽しむ」

そういうことって、性格だけではないと思うのです。

本人が気をつけて、身に付けていくものだと思います。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です