同一性の法則

 

「あるものはそのもの自体であり、それ以外のものではない」ということを、同一性の法則と呼ぶのだそうです。

澤木興道老師の「自分が自分を自分している」という言葉や、まど・みちおさんの「ぼくが ここに いるとき / ほかの どんなものも / ぼくに かさなって / ここに いることは できない」(詩:ぼくが ここに)に通じるようなお話ですね。

今ある現実を尊重して無条件に受け入れるということです。

 

「自分が自分を自分する」とき、ずっとシンプルになります。

そして、ずっと軽やかにリラックスすることができます。

 

現実を打ち負かそうとしたり、歪曲してしまうと、悲惨な結果が待っています。

繰り返しになりますが、現実を受け入れ、認めることが大切です。

先ほどの、まど・みちおさんの詩は、こんな終わり方をしています。

 

 ああ このちきゅうの うえでは

 こんなに だいじに

 まもられているのだ

 どんなものが どんなところに

 いるときにも

 

 その「いること」こそが

 なににも まして

 すばらしいこと として

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です