「がんばらなくっちゃ~」

 

休憩をはさんだ後に「よいこらしょ」と、座っていた椅子の背もたれを支えにして立ち上がりました。

 

もうひと踏ん張り、仕事に向かいます。

 

「♪がんばらなくちゃ~あ、♪がんばらなくちゃ、が・んばら・なくっちゃ~♪」

 

つい思わず鼻歌が出てしまいました。

 

「お」

 

自分で口ずさんでしまったものに驚いて、動きが止まりました。

 

なんだっけ?この歌…。

 

昔は母も学校の友だちも先生も、みんなが歌っていたように思います。

 

ちょっと考えると、すぐに答えが見つかったので嬉しくなりました。

 

「ママとあそぼう ピンポンパン!」の「ピンポンパン体操」です。

 

シマシマパンツがすぐとれるトラのプロレスラーだったり、まぬけのカバの忍者だったり、トイレをめざして走るキンタローだったり。

 

みんなが「がんばらなくっちゃ」の時代でした。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です