「ゼンタングル」

 

単純な線や面を、完成形も考えずに近視眼的に描く時、私たちは無心の境地で作業を続けてしまいます。

禅や瞑想に近い効果もあるそうですね。

単純なパターンを描き続けることが、時間を忘れ、我を忘れてしまう。つまり、無我の境地に近いものを得るというのです。

 

私も、その意見に賛成です。

プラユキ・ナラテボー師の「手動瞑想」に近いのかなとも思います。

 

そういった代表的なアートを「ゼンタングル」と言います。

 

キレイに描こうとするのではなく、ペン先の狭い範囲に線や面を描きこんでみる。

全体を考えない。青写真を持たないということでもあります。

描いていくに従って、画面が大きく広がっていきますから、その時に初めて図全体を眺めるぐらいがいいですね。

 

出来上がったものは、見事な「アート」です。

 

 

下の図は、娘が描いた、まだ途中の「ゼンタングル」。

画用紙全体に広がっていくと、ひとつの完成した世界ができあがっていきます。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です