トランプの名刺

 

マジックを趣味にしている人間が、一度は頭によぎって作ってみたくなるもの。

それはバイスクル・カードを素材にした自分の名刺です。

誰もが思いつく一番簡単な方法は、ブランクカードを入手して、それに名前を印字する方法。

けれども、実際にやってみたことがある方はわかると思うのですが、このカードにはインクが乗らないのです。

「あなたが選んだカードかわかるように、このマジックでサインしてください。」

マジシャンが観客にマジックペンでサインしてもらう光景を見たことがある方も多いと思います。

けれども、あの油性インクも時が経つにつれて剥がれていきます。

いつしか私の中で「バイスクル・カードで名刺は作れない」というのが常識になってしまっていました。

それが。

不可能と思えた「トランプ名刺」を自作した方がいたそうです。

 

「へえ!すごい!その名刺、ちゃんといただいたの?」

「それが、要らないなら返してくれと言われて」

「えっ!欲しいのに!」

「実は大変な思いをして作ったんだけど、トランプって普通の名刺サイズと比べて大きいでしょ?」

「ああ…」

「名刺入れに入らないから、せっかくあげても無くしてしまう人が多くて…」

「そうかも知れないね。ブリッジサイズならともかくポーカーサイズが主流だから」

「だから、よっぽどの人じゃなければ、返してもらうんだって。」

「えっ!『よっぽど』なのに!」

 

どうやって作ったのでしょう?

私の中で希少度がグングン上昇していっています。

ぜひ、実物を拝見してみたいです。できれば、作り方を伝授していただきたいものです。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です