県全体に「インフルエンザ警報」が発令されました

 

2019年第2週(1月7日~13日)のインフルエンザ流行状況が発表されました。

沖縄県全体の定点あたりの報告数が41.76人となっており、県全体に「警報」が発令されました。(警報基準値は定点あたり30人以上)

県全体では今シーズンで初めて警報基準値を上回っています。

保健所管内別の報告数を見ると、中部保健所、那覇市保健所、南部および八重山保健所管内で警報基準値を上回っていました。

中でも最多だったのが、八重山保健所管内で69.33人となっており、前週の2倍の増加となっています。

外来でもインフルエンザ罹患者が多く受診されました。

特徴的だったのが、先日の成人式に参加した「新成人」の皆さんが、潜伏期間を経て、ちょうど昨日の夜に発熱して受診してくるというパターンが多かったことです。

残念ながら、ほとんどの方が予防接種をしていないという状況でした。

手洗いや咳エチケットのご協力を改めてお願いします。睡眠をよくとって、体のコンディションを整えることも大切です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です