インフルエンザ注意報発令(那覇市)

 

那覇市は、昨日の1月7日に「インフルエンザ注意報」を発令しました。

注意報発令基準は、定点あたりの報告数が10人を超えた場合です。

沖縄県全体の定点報告数はこれからですが、インフルエンザの流行期を前にして、那覇市は素早い対応をしてくれました。

那覇市は、第52週(平成30年12月24日~12月30日)で定点あたり15.58人となっていました。(図表はNHK沖縄「おきなわHOTeye」から)

「注意報」は流行発生前なら「今後4週間以内に大きな流行が発生する可能性が高いこと」を示しています。

インフルエンザの型別内訳は、A型177人、B型1人、不明(臨床診断)9人となっていました。例年通り、A型の流行と言えそうです。(図表はNHK沖縄「おきなわHOTeye」から)

インフルエンザの予防は、石けんを使った手洗いと咳エチケットです。

インフルエンザの潜伏期間は1~5日間です。

感染予防に十分対策して、備えましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です