「このミス」2019年版

 

年末にはランキングものが多く出回ってきますが、こればかりは毎年恒例で買い求めています。

 

このミステリーがすごい! 2019年版 」

 

「どんでん返しで騙されたい!」「とんでもないトリックに唸りたい!」というミステリー好きが集ってオススメを紹介してくれますから、それだけで嬉しくなります。

 

私は、昨年はなかなかミステリーに触れる機会が少なく、寂しい思いをしていました。

その証拠に、今回の1位の作品は、国内部門、海外部門ともに未読でした。

 

国内5位にランキングされている「宝島」は、アメリカ施政下の沖縄を舞台にしていて、熱量たっぷりの大作と評価されていて、ぜひ読んでみたい作品です。

海外部門1位の「カササギ殺人事件」はクリスティ風の作中作を扱ったミステリーらしく、これにも食指が動いてしまいます。

 

年末年始の連休は終わってしまいましたが、さっそく本屋に足を運びたくなりました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です