マラソン中の気温

 

夕方になると少し肌寒くなっているのですが、日中の陽射しをまともに浴びると熱さがジリジリと肌を刺激します。

11月中旬を過ぎる頃から「これからどうやって冬になるのか」と想像もできなかったのですが、やはりそのままの天候が続くことになりそうです。

何が言いたいのかというと、明後日のNAHAマラソンの天候です。

NHK沖縄のおきなわHOTeyeで、ランナーでもある気象予報士の斎藤綾乃さんがNAHAマラソン中の気温の推移を示してくれました。(さすが!)

気温が25℃を超えていますから、アスファルトの道路の上は30℃近い熱さを覚悟しなければならなくなりました。

走ろう会のメンバーで揃えたチームTシャツの素材をドライシャツにして良かったと胸をなでおろしたところです。

また、追加でクールタオルを準備してみんなの分を揃えました。

クールタオルというのは吸水率の高い速乾タオルで、水に濡らして絞ると気化熱で皮膚の表面温度を幾分下げてくれるというものです。

軽いので頭部や首の後ろにかけても負担にならずにすみます。

数日前からスポーツショップを探して回ったのですが、どこのお店も衣替えを済ませてしまっていて「ネックウォーマー」はあっても「冷感タオル」はすでに在庫がありませんでした。

急いで通販で注文して、ギリギリ間に合いました。

セルフケア、セルフコントロールが重要な大会になりそうです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です