漫画「キングダム」

 

この際、年齢は関係ないのでしょうが、私は漫画が大好きです。

約30年近くも前に「人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ」というベストセラーの本がありましたが、私の場合「幼稚園の砂場」ではなく「漫画」で学んだ気もします。

少年ジャンプの「友情」「努力」「勝利」の三大原則から多少外れていても、主人公たちの活躍に没頭してしまいます。

子どもの頃によく母親から「もう、漫画ばかり読んで!」と叱られたり、空き時間を見つけては漫画喫茶でコミックの全巻を読破したり、試験勉強の時に「気分転換~」と思って手にとった漫画から目が離せなくなったり。

私の人生、もしかしたら本当に漫画ばかり読んでいます(笑)。

そして、最近ハマっているのが「キングダム」。

春秋戦国時代を描いた漫画ですが、やはり評判通りに面白い。

「天下の大将軍になる」ことを夢に掲げる信(しん)と、後の始皇帝、政(せい)の活躍を描いた漫画です。

登場人物が多いので(あれ?こいつ誰だっけ?)と、たまに古い巻から読み直すのですが、そこからまた読みふけってしまいます。

「海賊王にオレはなる!」と叫ぶルフィや「火影になる!」と宣言するナルトなどを彷彿とさせるキャラとストーリーですが、戦場の俯瞰図を多用した描写といい、分かりやすいのが特徴でしょうか。

ヒトにすすめると、なかには「絵が合わない」という方がいるかも知れません。

そうでなければ、おすすめです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です