元気をもらう

 

今日は宝塚のライブビューイングを観て来ました。

月組「エリザベート」の千秋楽の公演です。

私の宝塚(月組に関して)は、龍真咲さんの「1789」で止まっているので、新鮮な感じで楽しみました。

今調べたら「1789」は2015年の公演なので、約3年ぶりの宝塚です。

 

大司教役の華蘭さんの演技に拍手喝采したり、玉きちさんの流し目に感激したり。

でも、やはり今日の主役はちゃぴさんでした。

 

組長のすーさんとともに、今日が宝塚最後の舞台なのだそうです。

「エリザベート」の一生が丁寧に演じられ、時に優しく、時に激しく歌い上げられていきました。

 

7年もの間、月組の娘役トップを務めてきたちゃぴさんの姿に公演の間、ずっと魅入られていました。

 

エンターテイメントの力って、やはり凄いですね。

「夢を追いかける素晴らしさを経験した。そして、夢に手が届く瞬間も見てきた。」

組長のすーさんの最後の挨拶の言葉がとても印象的でした。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です